シンガポール⇔NY往復が200万円!?ファーストより豪華な「スイートクラス」が気になる

Pocket はてブ

皆さん、普段は飛行機を乗られる際、どのクラスを利用していますか?

普段はエコノミークラスで、ビジネスクラスなんてなかなか手が出ない、ファーストクラスなどもってのほかだと感じている人も多いのではないでしょうか。

 

しかしシンガポール航空では何と、ファーストクラスのさらに上をいく「スイートクラス」という空飛ぶスイートルームの予約を受け付けているそうです!

そんな贅沢すぎるスイートクラスの全貌を、本日はご紹介します。

 

超豪華!スイートクラス

singapore_airlines_private_suites02-e1353053419157

Photo by http://www.singaporeair.com/

2008年にシンガポール航空が導入した、ファーストクラスのさらに上をいく「スイートクラス」。

文字通り、飛行機の座席クラスの中では最上級のもの。スイートクラスは、シンガポール航空のフラッグシップ機であるエアバス A380 だけの特別なクラスです。

座席にはスライドドアとブラインド付のウィンドウが付いており、プライバシーもしっかり確保されています。

そのため、ただゆっくりとくつろぐだけでなく、大事なクライアントと仕事の打ち合わせをすることも可能です。

 

もはや客席じゃなくて客室

RCL_700396

Photo by http://www.singaporeair.com/

スイートクラスの内装は、フランス人の高級ヨットデザイナーである Jean-Jacques Coste 氏によってデザインされました。

中に設置されている革製のソファーは、イタリアの老舗「ポルトローナ・フラウ」社が手縫いで作ったこだわりの詰まったもの。

 

レザーとウッドで統一されたデザインは、どこまでも上品で素敵です。高級ホテルの客室のような雰囲気が流れています。

 

空の上で快適な睡眠を

Singapore-A380-Suites-Class

Photo by http://www.singaporeair.com/

スイートクラスの客室のベッドはダブルベッド。航空会社で、このような豪華ホテルのような設備を提供しているのは、シンガポール航空だけなのです。

上質のリネンとマットレス、ゆったりと大きな枕、これでゆっくりできないはずはありません。

 

エコノミーシートのように、狭い座席に座り、横にもなれず、目的地に着くまでただひたすら我慢…なんてことはありません!

むしろ、もっと乗っていたくなってしまうのが、このスイートクラスなのです。

 

最上級の食事

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

旅行の計画

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品