writer
Erika 旅する整体師

仙台で柔道整復師として働き、その後やはり海外生活の夢が諦められずカナダのワーホリへ。大好きになったインドや北米・中米・アジア・ヨーロッパ気づいたらドイツ5年目のアラサー自由人です。私は旅を始めて自分自身を大きく成長させることができました。旅先で出会う新しい発見や暖かい人たち、一人旅でこその様々なトラブルから旅先での恋愛まで。旅は人生をよりワクワクさせてくれます。そんな素敵な旅のお話を共有していきたいと思っています。

2008年に公開されたミュージカル映画「マンマ・ミーア!」。映画の舞台となった美しいスコペロス島は、真っ青に広がるビーチとキュートな白い街並みが魅力的な島です。その美しさから世界中の人から大人気の観光スポットとなっています。

スコペロス島は海だけでなく緑も多く、人気のスポットでありながらもゆったりとした滞在ができる場所。そんな大人気のスコペロス島についてご紹介していきます。

 

スコペロス島(SKOPELOS)とは?

Photo by Shutterstock

スコペロス島 (Skopelos)は、エーゲ海の北西部にあるギリシャの島で、スコペロス島の両隣にあるスキアトス島とアロニソス島と3つでスポラデス諸島と呼ばれています。人口は約4,900人、面積は96.229 km²とスポラデス諸島最大の活気溢れた島です。

スコペロス島は綺麗なビーチだけではなく、他の島に比べ農作物に恵まれた、緑の多い島です。

 

スコペロス島のビーチはどれも100点!

Photo by Erika

スコペロス島には、島を囲むようにたくさんの素敵なビーチがあります。そして、奥へ進んでいくと、隠れた別のビーチにアクセスできる場所もあり、ハイシーズンでもゆっくり過ごせるビーチがたくさん!

どこに行っても、エメラルドグリーンのカラーと透き通ってどこまでも続く海。スコペロス島内全てのビーチがおすすめですが、その中でも外せない4つのビーチを紹介します。

 

Kastani Beach/Mama mia beach(カスタニビーチ、通称マンマミーアビーチ)

Photo by Shutterstock

スコペロス島へ来る目的が、映画「マンマ・ミーア!」のロケ地巡りという方も多いこの街。まずは、そのマンマミーアで撮影の際使われたビーチがこちらの「カスタニビーチ(通称マンマミーアビーチ)」。

どこまでも広がる大きなビーチと透き通る水は、あまりの美しさにうっとり。夏はたくさんの観光客で賑わう大人気スポットです。

■詳細情報
・名称:Kastani Beach/Mama mia beach
・住所:bei Unnamed Rd, Griechenland, Skopelos 370 03 ギリシャ
・地図:
・アクセス:スコペロス村から車で15分
・営業時間:24時間
・所要時間:2時間〜
・オススメの時期:6月〜9月

 

Panormos Beach(パノラマビーチ)

Photo by Shutterstock

そして、マンマミーアビーチから車で10分の場所にあるのが、こちらの「パノラマビーチ」。 夕陽を見るならここ!と地元の人にオススメされたビーチだけあり、本当に綺麗に夕陽が見られました。

周りにはレストランやバーもあるので、浜辺に座ってゆっくり夕陽を楽しむのがおすすめ。

■詳細情報
・名称:Paralia Panormos
・住所:ギリシャ 〒370 03, Panormos
・地図:
・アクセス:スコペロス村から車で20分
・所要時間:1時間〜
・オススメの時期:6月〜9月

 

Παραλία Μεγάλο Πεύκο(メガロペフコビーチ)

Photo by Erika

地元の人のお気に入りのビーチが「メガロペフコビーチ」。少しアクセスし難い場所にあります。マンマミーアビーチからさらに5分ほど北に進むと見えてくるのが、ゆったりとしたビーチHovolo beach(ホボロビーチ) 。そして、そのホボロビーチから浜辺をずーっと左側に歩いて行くと「Attention(注意)」 という看板が見えてきます。

そこも超えて岸を左に左に歩いていくと、観光客にはあまり知られていない知る人ぞ知る隠れビーチ「メガロペフコビーチ」に到着です。

Photo by Erika

浜辺が洞窟のようになっているため、陽射しを避けられる場所がたくさんあり、プライベート空間を作れます。ここは砂利のビーチですが、奥まで進むと砂の浜辺もあるので、皆それぞれ本を読んだり横になったりしていました。さらに、崖を登り反対側の「フテリアビーチ」へも行けます。

メガロペフコビーチは、午前中はホボロビーチからずっと石の上を歩いていくとたどり着けますが、午後になると波が高くなり一部は石の上まで水が来るので、足首辺りまで水に浸かりながら、その中を突き進んでいきます。素足でも大丈夫ですが、滑りやすいので防水シューズがあると歩きやすいです。

こちらのビーチもとても綺麗で人が少なく、静かでおすすめのビーチです。

■詳細情報
・名称:Παραλία Μεγάλο Πεύκο
・住所:Skopelos 370 03 ギリシャ
・地図:
・アクセス:スコペロス村から車で30分
・所要時間:2時間〜
・オススメの時期:6月〜9月

 

Stafilos beach(スタフィロスビーチ)

Photo by Erika

市内のスコペロス村(オールドタウン)から、近くて綺麗なビーチがスタフィロスビーチ。車やスクーターで約10〜15分、バスも出てるのでアクセスも良好です。

スタフィロスビーチは大きくはないですが、波が穏やかなため家族連れも多く、ゆったり楽しめるビーチです。また、オールドタウンから近いため夕方までゆっくり楽しめます。このビーチを奥まで進み小さな山を登ると、さらに大きなビーチVelanio Beach(バラニオビーチ)へも行けます。

■詳細情報
・名称:Stafilos beach
・住所:Skopelos 370 03 ギリシャ
・地図:
・アクセス:スコペロス村から車で10分
・所要時間:2時間〜
・オススメの時期:6月〜9月

 

白と青のコントラストの街並みがとてもキュート

Photo by Erika

スコペロス島の(Skopelos)の魅力はビーチだけでなく、街歩きにもあります。スコペロス島の観光の中心のオールドタウンは、どこを歩いても白と青の街並みが可愛い!街歩きにカメラは必要不可欠です。

小さなお土産屋さんを訪れたり、スコペロス産のはちみつやオリーブオイルを買って試してみたり、島で有名なパイを食べてみたりと、特に目的なく歩く街歩きが楽しいんです。

Photo by Erika

また、女性に嬉しいギリシャのオーガニックスキンケアブランド(Apivita・Olivolio・Korres)も見逃せません。スキンケアアイテムは薬局にも並んでいて、お土産屋さんよりリーズナブルなので、チェックしてみてくださいね。

writer
Erika 旅する整体師

仙台で柔道整復師として働き、その後やはり海外生活の夢が諦められずカナダのワーホリへ。大好きになったインドや北米・中米・アジア・ヨーロッパ気づいたらドイツ5年目のアラサー自由人です。私は旅を始めて自分自身を大きく成長させることができました。旅先で出会う新しい発見や暖かい人たち、一人旅でこその様々なトラブルから旅先での恋愛まで。旅は人生をよりワクワクさせてくれます。そんな素敵な旅のお話を共有していきたいと思っています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング