その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

海外旅行にもスマートフォンを持っていけば、海外対応で使用することができるので便利ですね。ただ知らずに使用過度となり、高額請求などのトラブルも起こっています。海外でのスマホ使用での注意点を事前にチェックしておきましょう。

*編集部追記
2015年5月に公開した記事に新たに加筆しました。(2019/02/26)

 

まずはコレ!旅行先の国はスマホ対応?

まずは持って行くスマホが旅行先で使用可能かどうかを確認しましょう。旅行先のほとんどの国に対応していると思って問題はないです。

もしもあまり通信設備が整っていないような国へ行く際は注意が必要です。各キャリアごとに対応が違いますので、契約中にキャリアからチェックしましょう。

softbank:http://mb.softbank.jp/mb/iphone/service/international/roaming/

au:http://www.au.kddi.com/iphone/service/kokusai.html

ドコモ:https://www.nttdocomo.co.jp/service/world/

 

意外と重要!旅行先で使えるキャリアを事前確認

旅行先の国で使えることが分かれば、次は海外定額に対応している旅行先のキャリアを確認しましょう。複数のキャリアがある国では、定額に対応していないキャリアに接続してしまうと、高額請求の原因となってしまいます。

現地で確認できるように、キャリアの名前をメモしておくと安心です。ポイントは現地で自動的に繋がるキャリアが海外定額に対応しているとは限らないことです。

 

高額請求の一番多い原因!データローミングはオフに

日本にいる間にデータローミングをオフにしておきましょう。これが知らない間に高額請求になる元となるシステムです。

わかりやすく言うと、契約しているキャリアの電波が無いところに行った場合に、自動的に他のキャリアでも接続しようとする機能です。この為、知らない間に接続をしており、料金がかかってしまうケースがあります。海外へ行く前には「データローミングをオフ」がパスポートの次に大切です。

 

旅行先に国についたらSMSをチェック

無事に旅行先の国についたら電源を入れて、まずはSMSをチェックしましょう。スマートフォンは電源を入れれば自動的に現地の電話を探します。

そこで接続されたキャリアからSMSにメッセージが来ます。このメッセージは無料なのでご心配なく。メッセージが来たキャリアが海外定額のキャリアであることを確認してください。万が一違う場合は、設定よりキャリアの選択をしましょう。

キャリアが確認できれば、通話とSMSが使用可能になります。Wifiがあるところでの使用も可能です。

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング