ライター
Yu 元パティシエ&日本語教師

メキシコ人の夫と2人の娘と世界中を引っ越し&旅行三昧の日々。元パティシエ&日本語教師。旅で何よりも楽しみなのは、そこでしか食べられないローカルフードや地元の人々との交流。渡航国数28ヵ国。現在ポルトガル領のアゾレス諸島に在住。

アメリカにある全50州のうち、カリフォルニア州やフロリダ州など、よく耳にする州も多いですが、日本人どころか、アメリカ人にすら知られていないマイナーな州があるのはご存じですか?その一つが「モンタナ州」。私は3年ほど住んでおり、引っ越す前は地理的に「寒そう」というイメージしかなかったのですが、3年後には「ずっとモンタナにいたい!」というほど、大好きで特別な場所になりました。

今回は、そんな日本人にまだまだ知られていない「モンタナ州」でできる、6つのことを紹介します。ユニークで心に残る旅づくりの参考にしていただければ嬉しいです!

モンタナ州ってどんなところ?

モンタナ州はカナダとの国境沿い、北西部に位置しています。アラスカ州・テキサス州・カリフォルニア州に次ぎ、アメリカで4番目に大きい州かつ人口がとても少ないため、広々と開放感あふれる土地が魅力です。

photo by Yu

グレーシャー国立公園やイエローストーン国立公園が有名です。

photo by Yu

雄大な自然、西部劇の世界のような可愛らしい小さな街、底抜けにフレンドリーな人々、ゆっくりしたペースの生活など、ここでしか味わえない体験ができる素敵な場所です。

ビール王国・モンタナでブルワリー巡り

photo by Yu

その自然豊かな環境から、小麦産業や酪農が盛んで、パンや乳製品・牛肉がとっても美味しいのですが、なんといってもモンタナ産の小麦から作られたビールは種類豊富で、美味しいものばかり。

ブルワリーの数もとても多く(一人当たりのブルワリー数が国内3位のビール王国!)、小さな村ですら一つはブルワリーがあるというくらい、モンタナはビール好きにとっての天国なのです。

photo by Yu

モンタナ内には、2020年現在92軒ものブルワリーがあり、湖や川沿いにあり絶景を楽しめるところから、元監獄が改装されたところまで、どこもユニーク。もちろん、ビールの味も千差万別なので、自分好みの一杯をぜひ見つけましょう!

photo by Yu

さらに、モンタナビール協会が発行する「モンタナ・ブルワリー・パスポート」なるものまであり、各ブルワリーで購入できます。

ブルワリー1軒ごとに1ページが割かれていて、訪れると店のスタンプを押してもらえ、味の評価が簡単に記入できるチャートつき。これが意外ととても楽しいので、ぜひ旅の記念にいかがでしょうか。

おすすめブルワリー①川沿いの広々テラス席が最高!「Highlander Beer」

photo by Yu

モンタナで第二の大きさの街・ミズーラにある「Highlander Beer」は、1910年創業し何度かの閉店を乗り越え、2015年に再オープンした歴史あるブルワリー。市内には他に何軒もブルワリーがありますが、味・人気ともにナンバーワンの呼び声が高いお店です。

photo by Yu

ぜひ座ってほしいのが、外のテラス席!川のせせらぎを聞きながら飲むビールは、最高の一言です。1度に好きなビール4種類を試せる、サンプラーを頼み、飲み比べするのがおすすめ。

個人的なお気に入りは「STRAWBERRY WOLF POINT WHEAT」というフルーツビールです。苺の甘みがほのかに感じられ、とても美味しかったので、ぜひお試しください!

■詳細情報
・名称:Highlander Beer
・住所:200 International Dr, Missoula, MT 59808, United States
・地図:
・営業時間:12:00~20:00
・定休日:なし
・電話番号:+1 406-549-8193
・公式サイトURL:https://www.highlanderbeer.com/

おすすめブルワリー②山間の小さな街にある、寿司ブルワリー「Neptune’s Brewery」

photo by Yu

モンタナに住んでいる間、約50軒ほどのブルワリーへ行きましたが、こちらはその中でも特に印象的だった「リビングストン」という小さな街にあったブルワリー。「お客は家族」というのがお店のモットーで、店員さんたちはとても気さくでフレンドリーです。

photo by Yu

こちらのサンプラーは6種類のビールを試せます。おすすめは、軽い飲み口の「Belgian Wheat」、生のアプリコットとバナナ、スパイスをブレンドしたフルーティーな「Belgian Apricot Monk」、ダークビール好きにおすすめの「Chocolate Cream Porter」です。

photo by Yu

海をイメージした可愛いインテリア、気さくな店員さん、美味しいビールと三拍子揃ってそろっているのですが、目玉はなんといってもお寿司!店内奥に寿司カウンターがあり、アメリカ人の職人さんが一から手作りしています。

ザ・アメリカン!なメニューの、カリフォルニアロールや変化球のお寿司から、刺身や握りまで、幅広いメニューが揃っていて、どれも美味しいんです。

photo by Yu

こちらは「Citrus By The Seashore」というメニューで、中にはホタテの天ぷら・アボカド・パクチー・マンゴー・ハマチ・ハラペーニョが。日本では見かけない意外な組み合わせながら、とても美味しかったです。

■詳細情報
・名称:Neptune’s Brewery
・住所:
・地図:
・営業時間:月曜~木曜日は14:00~20:00、金・土・日曜日は12:00~20:00
・定休日:なし
・電話番号:+1 406-222-7837
・公式サイトURL:https://neptunesbrewery.com/

グレイシャー国立公園で息をのむ絶景を見る

photo by Yu

「氷河が作った美術館」とも称される、モンタナ州北部にある「グレーシャー国立公園」。氷河とロッキー山脈、湖の絶景と、野生動物たちの生態系が崩されず何万年も残っていることから、ユネスコの世界遺産にも登録されています。

ドライブしていても、ハイキングをしていても、ふと周りを見渡すと広がる絶景の数々。そのスケールと美しさには、ただただ圧倒されること間違いなし。

photo by Yu

写真は「Dawson/Pitamakan Loop」というハイキングコースからの景色。これは全長30㎞の山あり谷ありのコースで、ゴールまでかかった時間は14時間。途中には湖、滝、山の絶景ポイントが目白押しなので、1日かけてハイキングしたい方におすすめのコースです。

photo by Yu

園内には200以上もの湖が点在していて、こちらはそのうちの一つ。夏場といえども水はとても冷たいのですが、元気に岩から飛び込み、湖水浴を楽しんでいる人もいました。

photo by Yu

こちらは「Lake McDonald」という、コテージや土産物屋が並ぶ人気のエリア。湖ではカヤックなどの貸し出しもしているので、時間のある方はぜひお試しください!絶景を見ながら湖でのんびりすごす時間は、心も清められるような体験になります。

■詳細情報
・名称:グレーシャー国立公園
・地図:
・アクセス:カリスペル空港から車で45分
・電話番号:+1 406-888-7800
・料金:車1台につき35ドル(7日間出入り自由)
・オススメの時期:夏季
・公式サイトURL:https://www.nps.gov/glac/index.htm

イエローストーン国立公園でバイソンの大群を見る

photo by Yu

モンタナ州南部にある「イエローストーン国立公園」は、1872年設立の世界初の国立公園。間欠泉や温泉の美しい風景が人気で、世界中から観光客が訪れます。

photo by Yu

園内には、約5000頭もの野生のバイソンが生息しており、ドライブ中にバイソンの大群を見かけることも多いです。悠々と草を食べる姿に癒されるとともに、その大きさにも驚くことでしょう。

photo by Yu

神出鬼没でもあり、キャンプ場に戻ったらバイソンがテントの横にいた!なんてこともありました。穏やかそうな見た目ですが、人間の何倍も速く走れ、人を襲う事故も多発しているので、絶対に近づかないようにしてくださいね。

photo by Yu

これは冬に行ったときに撮ったものです。モンタナは、アメリカの歴代最低気温をマークした極寒の州。マイナス20~30度の寒さの中、温泉のそばで暖をとっているバイソンが見られました。

■詳細情報
・名称:イエローストーン国立公園
・地図:
・アクセス:ジャクソンホール空港から車で1時間。ボーズマン空港からは、車で1時間半。
・電話番号:+1 307-344-7381
・料金:車1台につき35ドル(7日間出入り自由)
・オススメの時期:夏季
・公式サイトURL:https://www.nps.gov/yell/index.htm
ライター
Yu 元パティシエ&日本語教師

メキシコ人の夫と2人の娘と世界中を引っ越し&旅行三昧の日々。元パティシエ&日本語教師。旅で何よりも楽しみなのは、そこでしか食べられないローカルフードや地元の人々との交流。渡航国数28ヵ国。現在ポルトガル領のアゾレス諸島に在住。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング