“ゆとりですが”とか言ってられない!ガチすぎる旅番組「水曜どうでしょう」の代表企画7選

Pocket はてブ

「水曜どうでしょう」は、北海道テレビ放送が制作した人気バラエティ深夜番組。地方局が制作した番組ながら、ゆるっとした雰囲気とタレントとディレクターの掛け合いが絶妙で、全国的に人気となりました。

今回の記事では、そんな「水曜どうでしょう」の代表的な海外企画をご紹介したいと思います。無謀な海外チャレンジ企画が多い、「水曜どうでしょう」の旅。皆さんは、どの旅がお気に入りですか?

 

オーストラリア大陸縦断3700キロ

shutterstock_284937383

photo by shutterstock

オーストラリアで行った「水曜どうでしょう」初の海外ロケ。オーストラリア大陸3700キロを4日間で縦断するという、なんとも無謀な企画です。

厳しいタイムスケジュールと野生すぎる自然に苦しみながらも、なんとか目的地へと到着することができました。

 

ヨーロッパ21ヵ国完全制覇

shutterstock_343761302

photo by shutterstock

「メルヘン」を旅のテーマに掲げた、ヨーロッパ21ヵ国完全制覇の旅。21ヵ国を実質8日間で回るという、これもまた無謀すぎる企画!

どうでしょうメンバーであるミスターこと鈴井貴之は、「この旅で21ヵ国回れなければ、僕は番組を辞める」という言葉さえ口にした気合の入れよう。

しかしながら、やはり全ての国を回ることはできませんでした…。

 

マレーシアジャングル探検

shutterstock_169751264

photo by shutterstock

あまりにも過酷だったマレーシアジャングル探検。特にブンブンと呼ばれる動物小屋で一夜を過ごした時は、ミスターが鹿を虎と見間違えるという大失態!

洞窟探検で汚れだらけになるなど大変なことばかりのジャングル探検でしたが、その分面白さもピカイチです。

 

北極圏突入 〜アラスカ半島620マイル〜

shutterstock_154118633

photo by shutterstock

こちらは、ミスターの「オーロラが見たい」という夢を叶えるために行われた企画。キャンピングカーを借りて、車内で宿泊したり食事をしたりしながら、北極圏を目指しました。

結局オーロラを見ることはできませんでしたが、この企画で大泉が料理長を任されたことから、その後も続いていく「シェフ大泉」の企画が生まれました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーで学生時代に作った団体が、設立から4年経ち、2014年4月10日に株式会社となる。「旅で世界を、もっと素敵に」を理念として、従業員15名、全国400名の学生スタッフ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

アクティビティ

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品