editor
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

台湾旅行を計画しているあなた、現地の料理はもうチェックしましたか?「千と千尋の神隠し」のようだと話題になった九份が有名ですが、台湾の魅力はそれだけではありません。

台湾料理は安くて美味しいものが多いですし、勇気のある人は夜市で食べたことのない料理に初挑戦するのもいいかも。本記事では台湾で食べたい料理を紹介します!

 

小籠包

photo by pixta

言わずと知れた名物料理「小籠包」。蒸し器の蓋を開けたとたん蒸気がもわっと漂い、美味しそうな香りがしてきます。モチモチの皮の中にジューシーなお肉とたっぷりのスープが入っていて、一口食べるとほっぺたが落ちちゃいそう。

小籠包の有名店といえば、日本にも店舗を構える「鼎泰豊」。ぜひ台湾の本店を訪れてみてください。

■詳細情報
・名称:鼎泰豊(信義店)
・住所:No. 194號, Section 2, Xinyi Road, Da’an District, Taipei City, 台湾 106
・電話番号:+886 2 2321 8928
・公式サイトURL:https://www.dintaifung.com.tw/jp/index.php

 

魯肉飯

photo by pixta

長時間、秘伝のタレに漬け込まれた豚肉が白いご飯の上にのった「魯肉飯」。日本人好みの味で、食べ始めると箸が止まらなくなってしまう料理です。お店によってタレの味が異なるので、いくつかの店で食べ比べてみると楽しいかもしれません。

豚肉が美味しいのはもちろんのこと、タレがついたご飯もたまらないんですよね。観光スポット中正記念堂の近くには、有名な魯肉飯のお店「金峰魯肉飯」があります。

■詳細情報
・名称:金峰魯肉飯
・住所:No. 10, Section 1, Roosevelt Rd, Zhongzheng District, Taipei City, 台湾 100
・電話番号:+886 2 2396 0808

 

炒青菜

photo by pixta

多くの日本人が好んで食べる「空芯菜の炒め物」は、ビールや白いご飯との相性が最高。強火で炒めた空芯菜はシャキッとした食感がして、ニンニクが効いた絶妙な味付けがたまりません。

空芯菜の代わりに、ほうれん草など他の青菜が使われることもあります。多くのレストランや屋台で扱っており、筆者は台北の士林夜市で空芯菜をいただきました。

■詳細情報
・名称:士林夜市
・住所:No. 101號, Jihe Road, Shilin District, Taipei City, 台湾 111
・電話番号:+886 2 2881 5557

 

臭豆腐

photo by pixta

台湾に行く前から、噂には聞いていてた臭豆腐。文字どおりとっても臭く、納豆などの発酵液に漬け込んだものです。九份の何箇所かで臭豆腐を見かけたのですが、筆者は食べる勇気が出ず……どうやら、好き嫌いはかなり分かれるようです。

なんとなく罰ゲームのようなイメージがある臭豆腐。怖いもの見たさで、一度挑戦してみるのも良いかも?

■詳細情報
・名称:下港名彭臭豆腐
・住所:No. 189, Raohe Street, Songshan District, Taipei City, 台湾 105
・電話番号:+886 937 086 395
editor
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事

FOCUSいま注目の特集