館長と学ぶエジプト考古学博物館【写真22枚】

Pocket はてブ

エジプトについてさっそくギザの大ピラミッド群を訪れました。

ピラミッドの中をみると、大きな棺のスペースがあります。そこにはなにがあったのか、どんな歴史が繰り広げられていたのか…。せっかく見たからには、詳しく見てみたくなりました。

そこで今回ピラミッドの中にあった遺物が展示されている、エジプト考古学博物館を訪れました。そして今回特別に2020年を目標にエジプトの歴史を展示するために建設中の「大エジプト博物館(英:The Grand Egyptian Museum)」を訪れることになりました。その様子をお伝えします。

takumiYANO

写真家。 100人規模のオンラインコミュニティSalon de Photo主宰。旅するように仕事をしたい、と思い、好きなカメラを仕事に。企業広告、宣材写真撮影、今の時代に適した写真/動画、コミュニティでの施策を展開中。

 

エジプト考古学博物館について

エジプト考古学博物館には歴代ファラオの彫刻に、王墓の装飾品、そして絶対に見たいツタンカーメンのマスクが展示されています。

メトロのサダト駅から徒歩8分ほどにあり、料金は160エジプトポンド。更にエジプトはほぼすべての観光施設で撮影料が必要です。エジプト考古学博物館は50エジプトポンドでした。

 

エジプトの新観光名所候補!GEMは現在建設中

GEMとは、Grand Egypitan Museumの略です。この後ご紹介する考古学博物館が100年以上による老朽化が進んでおり、そのかわりになる博物館としてつくられています。

外観がどんどんできてきています。後ろのピラミッドをみてもわかりますが、この距離でこの大きさ。エジプトを代表する観光地になること間違いありません。

現在、エジプト考古学博物館からこちらのGEM(大エジプト博物館)に遺物を移動し、文化物の保存・修復を行っています。ここで関わってくるのが、なんと日本!JICAをはじめ日本の大学との連携により、パピルスを和紙で修復していたり、日本の技術が活躍しています。

ツタンカーメンの未公開遺物がまだまだあるとのこと。知られざる歴史が公開される日も近くなってきました…!

 

なんと館長さんに直々にお話を聞くことができました!

「日本とエジプトのコミュニケーションによりこのGEM(大エジプト博物館)は建築が進んでいる」とおっしゃっておりました。嬉しいですね…!

また世界中にある美術館・博物館にエジプトの文化財が展示されているのはどう思っているのか直撃したところ、「各地のエジプトの文化財を小さい頃に学び、いつかエジプトを訪れたいと思ってくれたらいいんです。エジプトは一番最初の文化で歴史を学ぶには欠かせないから。いわばパスポートみたいなものですね。」とのこと。さすがの考え方です!

1 2
Pocket はてブ

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

アフリカのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品