黒部峡谷
ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

山彦橋・山彦遊歩道

山彦橋・山彦遊歩道
photo by pixta

「山彦橋・山彦遊歩道」は、黒部峡谷と赤い橋、駆け抜けるトロッコ電車を一度に見られる絶好のスポットとして知られいます。

特に11月には、山肌いっぱいを覆う赤や黄色の紅葉達が、峡谷を訪れた人々を出迎えてくれます。

■詳細情報
・名称:山彦橋・山彦遊歩道
・住所: 富山県黒部市宇奈月温泉 富山県黒部市黒部峡谷
・マップ:
・電話番号:0765-54-2111
・公式サイトURL:http://www.info-toyama.com/spot/51013/

 

宇奈月ダム

宇奈月ダム
photo by pixta

2001年に黒部川に完成した、比較的新しい「宇奈月ダム」。洪水による川の氾濫から人々を守り、それと同時に豊富な水を水道水や発電に活かそうと作られた場所です。

■詳細情報
・名称:宇奈月ダム
・住所: 富山県黒部市宇奈月町舟見明日音沢4-9
・マップ:
・電話番号:0765-62-9071
・公式サイトURL:http://www.hrr.mlit.go.jp/tiiki/manaviva/guide/toyama/unazuki.html

 

宇奈月温泉

宇奈月温泉
photo by pixta

富山県にある宇奈月温泉は、黒部川上流部に位置する豊かな湯量を誇る黒薙温泉を源泉とし、7キロメートルにも及ぶ引湯管をつかい引湯を行うという全国でも数少ない温泉の1つです。

■詳細情報
・名称:宇奈月温泉
・住所: 富山県黒部市 宇奈月温泉38-45
・マップ:
・電話番号:0765-62-1021(宇奈月温泉旅館協同組合)
・公式サイトURL:http://www.unazuki-onsen.com

 

アクアパーク

Kayokoさん(@kayo.at2)が投稿した写真 – 2016 5月 29 5:03午前 PDT

人工滝としては日本一の規模を誇る、幅121メートルの「きららの滝」や、魚も泳ぐ「ゆららの水辺」など多くの見所がある「アクアパーク」。

居心地の良い空間なので、観光に疲れた時に訪れれば、きっとゆったりとした気持ちになれるはず…。

■詳細情報
・名称:アクアパーク
・住所:富山県黒部市堀切1188
・マップ:
・電話番号:0765-54-4761
・公式サイトURL:http://www.info-toyama.com/spot/51005/

 

高岡大仏

高岡大仏
photo by pixta

「高岡大仏」は日本3大仏に数えられるほど有名で、坐像の高さは7.43メートル、総高はなんと15.85メートルにも及びます。

青銅製の大仏は、一目見ればその迫力に圧倒されること間違い無しです。

■詳細情報
・名称:高岡大仏
・住所:富山県高岡市大手町11-29
・マップ:
・電話番号:0766-23-9156
・公式サイトURL:http://www.info-toyama.com/spot/21108/

 

瑞龍寺

瑞龍寺
photo by pixta

富山県高岡の開祖・前田利長公の菩提寺として建てられたお寺「瑞龍寺」。3つの国宝と5つの重要文化財を見ることができる貴重な寺院です。

■詳細情報
・名称:瑞龍寺
・住所:富山県高岡市関本町35
・マップ:
・電話番号:0766-22-0179
・公式サイトURL:http://www.zuiryuji.jp

 

高岡御車山祭

高岡御車山祭
photo by pixta

富山観光における代表的なイベントの一つと言えば「高岡御車山祭」。安土桃山時代から続く伝統的な祭りで、各町の豪華な山車が目抜き通りを練り歩きます。

■詳細情報
・名称:高岡御車山祭
・住所:富山県高岡市山町筋・片原町周辺
・マップ:
・電話番号:0766-20-1301(高岡市観光交流課)
・公式サイトURL:http://mikurumayama.jp

 

高岡市万葉歴史館

ぷちさん(@puchi0122)が投稿した写真 – 2016 9月 17 3:55午後 PDT

万葉集の代表的歌人であり、編者ともされる大伴家持にちなみ設立された「高岡市万葉歴史館」。

「ふるさとの万葉」をテーマに映像や音で立体的に構成された常設展や、新しい視点で万葉ロマンを展開する企画展など見所満載です。

■詳細情報
・名称:高岡市万葉歴史館
・住所:富山県高岡市伏木一宮1丁目11−11
・マップ:
・電話番号:0766-44-5511
・公式サイトURL:http://www.manreki.com

 

高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー

@yunkowがシェアした投稿

ドラえもんをはじめ数多くの名作を生み出し、日本を代表する歴史的な漫画家として知られる「藤子・F・不二雄氏」・

そんな彼のふるさとである富山県高岡市の高岡市美術館2階には、「高岡市 藤子・ F・不二雄ふるさとギャラリー」があります。

館内には、レプリカの幻燈機でF先生の幼少期の写真や高岡の風景を映写するコーナーがあり、ファンならずとも必見です。

■詳細情報
・名称:高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー
・住所:富山県高岡市中川1丁目1−30 高岡市美術館
・マップ:
・電話番号:0766-20-1170
・公式サイトURL:http://fujiko-artgallery.jp
ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング