editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

長崎・佐世保にある港から、高速船で約2時間。美しい海に囲まれた小値賀島の魅力を島民に聞くと、「いや〜小値賀は何もないんで〜」ハハっと笑う人ばかりと出会います。よく聞くと、コンビニも大型モールもなく、あるのは必要最低限のお店やレストランだけ。

そんな「何もない」と聞くと、急にワクワクしてくる東京生まれ東京育ちでの私が、「何もない」と噂の長崎・小値賀に行ったら必ずしたい10のことを見つけてきました。

佐世保港で甘いマヨネーズの佐世保バーガーを食べる

小値賀島に行くには、長崎県佐世保から船に乗る必要があります。佐世保と言えば、佐世保バーガー。……ってあれ、私だけじゃないですよね?食べますよね?食べたいですよね?

佐世保駅には佐世保バーガーが食べられるお店がいくつかあり、お店によって若干バーガーの内容が異なるので、食べ比べてみても良さそう。今回は夜21時まで営業している「ハンバーガーショップ ヒカリ」のビッグチキンバーガーを頼みました。

チキンが通常のバーガーよりも大きいのに柔らかく、マヨネーズは甘くてチキンとの相性抜群。20:30に食べたのですが、本気で「この時間じゃなかったらもう一個食べられた……」と呟いてしまいました。

小値賀の新鮮な魚をお腹いっぱい食べる

小値賀は漁業も非常に盛ん。漁師や漁業に携わる人も多く、お魚と野菜などを物々交換をする文化も残っているそうです。

小値賀島で頂けるお魚は、どれも身が引き締まった新鮮なものばかり。

小値賀で美味しいお魚が食べたい!と思った時におすすめしたいのが、古民家レストラン「敬承 藤松」です。その日取れた魚を新鮮なままのお刺身を、優しく丁寧な料理長が作ったお造りとして食べられます。この日のメインはアカハタ。

九州の醤油は甘く作られていることが多く、新鮮なお刺身の美味しさをじゅうぶんに引き出してくれます。お醤油を多めにつけて食べると、私のように箸が止まらなくなるので、気をつけてくださいね。

小値賀島の古民家は、まさに理想の家そのもの!

今流行の昔の家を利用した古民家ステイ。小値賀島でも古民家ステイが非常に人気で、島内に計6つの宿泊可能な古民家があります。

小値賀島にある古民家は、アメリカ出身の東洋文化研究者アレックス・カー氏監修のもと、作られています。非常におしゃれで過ごしやすく、水回りなどは非常にキレイでホテルのよう。全体的にレトロな雰囲気も味わえるので、新しい古民家ステイの体験ができます。

一度気に入ってしまうと、古民家に泊まるために小値賀に足を運ぶ人もいるとか。常連さんは毎年同じ時期に3,4泊〜一週間同じ古民家に泊まる人もいるそうです。

ひとつひとつデザインも内装も違うので、好きな古民家を選んで一泊するだけで、小値賀ステイが非常に快適になるはず。

赤い砂浜が珍しい穴場スポット「赤浜海岸」でゆっくりする

「何もねえ」と言う小値賀島にも、写真を撮るために訪れたいのが赤い砂浜。小値賀の砂浜の多くは真っ白でさらさらしていますが、ここの海岸だけ砂浜が赤いのです。

この真っ赤な砂や砂利は火山礫からきており、鉄分を多く含んでいるから。小値賀島が火山だったという証拠です。

今は、この珍しい赤い砂浜を背景に写真を撮ろうと、多くの人が訪れる小値賀のフォトスポットになっています。

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事