ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

東京・上野は動物園や博物館、美術館があることで有名ですが、昔は上野公園一帯が東叡山寛永寺の境内でした。昔ながらの寺院が愛されつつも、他の地域から神社が移されてきたという歴史もあり、上野恩賜公園の周りには複数の神社や寺院があります。

そこで今回は、上野観光で行きたい神社や寺院を8つ、ご紹介します。

上野東照宮


photo by pixta

上野東照宮は、1627年に作られた上野恩賜公園内にある大きな神社です。大きな鳥居をくぐって長い長い参道を歩いた突き当たりに、金色殿(社殿)があります。秋は紅葉が、春は桜やぼたんの名所に。四季を感じられるのが上野東照宮の魅力の一つです。


photo by pixta

参道から五重塔が見え、いつも知っている上野恩賜公園とはまた違った雰囲気を味わえます。公園内に位置しているためか、平日でも手を合わせにくる国内外からの観光客が後を経ちません。夜は16:30には大きな門が閉まってしまうので、訪問の際は気をつけてください。

御祭神は徳川家康公、徳川吉宗公、徳川慶喜公。徳川家康は戦国時代に休止符を打ち、江戸時代では長寿で、75歳に亡くなったと言われているため、出世や勝利、健康長寿などを祈願しに全国から多くの人が手を合わせに訪れます。

■詳細情報
・名称:上野東照宮
・住所:東京都台東区上野公園9-88
・地図:
・アクセス:上野駅上野公園口から徒歩5分
・営業時間:9:00〜16:30
・定休日:なし
・電話番号:03-3822-3455
・料金:拝観料500円
・公式サイトURL:http://www.uenotoshogu.com/

湯島天神(湯島天満宮)


photo by pixta

学問の神様である「菅原道真(みちざね)」が祀られている湯島天神(湯島天満宮)は、全国の受験生が合格祈願で訪れる神社として有名です。東京都出身の私も高校受験の際に、塾の先生に勧められて手を合わせたのを覚えています。

年始にはたくさんの人がお参りに来るので、手を合わせるのにも、お守りを買うのにも、行列ができるほど。


photo by pixta

御祭神は天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)、菅原道真公(すがわらみちざねこう)。

湯島天神は合格祈願だけでなく、学業成就、宝くじや縁結びにも良いとして手を合わせる人が全国から訪れます。年末年始は特に混雑するので、気をつけてくださいね。

■詳細情報
・名称:湯島天満宮
・住所:東京都文京区湯島3-30-1
・地図:
・アクセス:湯島駅から徒歩2分
・営業時間:6:00〜20:00
・電話番号:03-3836-0753
・公式サイトURL:http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/index.htm

花園稲荷神社


photo by pixta

花園稲荷神社は後ほど紹介する五條天神社のすぐ隣に位置しており、上野恩賜公園内にある神社です。入り口を抜けると大きな赤い鳥居がいくつもあり、そこをくぐって社殿へと向かいます。

そこまで大きな神社ではありませんが、この赤く長く続く鳥居を写真に収めようと、平日夕方でも多くの人が訪れていました。花園稲荷神社は縁結びで有名なので、赤い鳥居を写真に収めたら、手を合わせるのをお忘れずに。

■詳細情報
・名称:花園稲荷神社
・住所:東京都台東区上野公園4-59
・地図:
・アクセス:上野駅から徒歩3分
・営業時間:9:00〜17:00
・電話番号:03-3823-2034

五條天(ごじょうてん)神社


photo by pixta

先ほど紹介した花園稲荷神社の隣にあるのが五條天(ごじょうてん)神社。同じく上野恩賜公園内にあります。五條天神社は健康祈願で有名で、花園稲荷神社と一緒に手を合わせに来る人が多いです。

毎月10日には病気平癒のご祈祷が、毎年6月末日と12月末日には罪穢(つみけがれ)を祓い清める神事が行われます。

 

五條天神社では、「大祭」と呼ばれる大神輿の渡御が3年に一度開催され、天狗や巫女舞の大行列が上野公園から上野広小路一帯にかけて渡り歩くもの。大祭の日はかなり盛り上がります。

■詳細情報
・名称:五條天神社
・住所:東京都台東区上野公園4-17
・地図:
・アクセス:上野駅から徒歩3分
・電話番号:03-3821-4306
ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング