ライター
KAWAHATA KANA ロンドン在住旅人/ワーホリック女子

ロンドン在住、海外生活4年目のワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子。 Be動詞ってなんだ?英語力ゼロから始めたフィリピン留学。 運と勢いに任せてオーストラリア&カナダでワーホリ生活を経験。 現在はイギリス・ロンドンで生活しつつ、ヨーロッパを中心に月1~2回ほど旅をする旅好き人間。訪れた国は25カ国以上。 海がすき!旅がすき!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。

こんにちは、ロンドン在住ライターKANAです。イギリスに住んでいてよく耳にするトピックの一つがお天気事情。「天気が悪い」「曇りばっかり」「どんよりしている」と、リゾート地とはかけ離れたお天気のイメージが強いイギリスですが、そんなイギリスにも、海辺のリゾート地として多くの人に愛される、魅力たっぷりの街が存在します。

今回は、そんなイギリス屈指のリゾート地であるブライトンの楽しみ方をご紹介していきます!

 

イギリスのリゾート地ブライトン

photo by Kana206425

イギリスと言えば、大都市のロンドン!というイメージを持たれている方が多く、ブライトンってどこにあるの?と、その存在を知らない方も多いのではないでしょうか。私自身、ロンドンに住むまではブライトンという都市を聞いたことすらありませんでした。

photo by Shutterstock

ブライトンはイギリスのイングランド南東部、ロンドンから電車で1時間と、実はかなり近い距離に位置している海辺の街。

そのため、夏の晴れた週末になると、ブライトンまで遊びにいくというロンドナーが多く、イギリスのリゾート地とも呼ばれています。

photo by Kana206425

そんなブライトンは地元の人だけでなく、多くの観光客が押し寄せる、ロンドンに負けず劣らずの人気観光都市。

1日あれば観光名所を制覇できるといわれるコンパクトな街として、ロンドンからの日帰り旅にもとても人気があります。一度来たらまた訪れたいと思うほど、見どころたっぷりの街なのです。

 

晴れた日はブライトンのビーチにいこう!

photo by Kana206425

イギリスの夏は短く、8月半ばになると、夏もおわりかな?と思うほど冷たい風が吹き始めます。そんなイギリスだからこそ、晴れた日はとっても貴重。少しでも太陽が出たらビーチでのんびりしようとたくさんの人が集まります。

photo by Kana206425

ブライトンのビーチは砂浜ではなく、大きめの石の砂利浜。チェアの有料レンタルができますが、多くの人はブランケットを持参します。寝転がりたい方はぜひ厚めのブランケットを持参しましょう。


photo by Kana206425

海辺沿いには飲食店も多く、ビーチを眺めながら食事やお酒を楽しめます。特に、天気のいい日はお昼時には満席になるお店も多いので、食事を取りたい方は早めにお店選びをするとスムーズに観光を楽しむことができますよ。

■詳細情報
・名称:Brighton Beach
・住所:4 Madeira Dr, Brighton BN2 1ET
・地図:
・アクセス:ブライトン駅より徒歩20分
・営業時間:24時間
・料金:無料
・所要時間:2時間
・オススメの時期:7月~8月

 

 海の上の遊園地!ブライトンピアは外せない!

photo by Kana206425

ブライトンの観光で欠かせないのがここ、ブライトンピア。ビーチに突如として現れる長い桟橋を進むと、そこには海の上とは思えないほど立派な遊園地が併設されています。

約100年にも及ぶ歴史があり、なんと入場料が無料!乗り物には乗らないけど、雰囲気は楽しめるお得なスポットです。ゲームセンターやアトラクションなど、子供も遊べるので、特に休日は家族連れでにぎわいます。

夜はライトアップされお昼とはまた違った印象になるので、友達や家族連れだけでなくカップルにもおすすめのスポットです。

■詳細情報
・名称:Brighton Palace Pier
・住所:Madeira Dr, Brighton BN2 1TW
・地図:
・アクセス:ブライトン駅から徒歩25分
・営業時間:10時 ~ 22時
・電話番号:+44 1273 609361
・料金:アトラクションにより異なるため要確認
・所要時間:1時間
・オススメの時期:5月~9月
・公式サイトURL:http://www.brightonpier.co.uk/

 

インド、中国に瞬間移動?ロイヤル・パビリオン

photo by Kana206425

突如として現れる立派な「ロイヤル・パビリオン」と呼ばれるこの建物は、摂政皇太子時代にジョージ4世が海辺の別荘として建てさせた王室の離宮。インド・イスラム風の美しい外観に、内装は中国風という少し風変りな建築物です。

photo by Kana206425

イギリスではなくインド、いや、中国にきたのでは?という錯覚に陥らせてくれるとても面白い場所。イギリスらしからぬエキゾチックな雰囲気を味わえます。

photo by Kana206425

また、ロイヤルパビリオンの敷地内には緑の美しい広場もあり、野生のリスがそこら中に。ちょっとした休憩にもぴったりのスポットなので、休憩がてら立ち寄ってみてくださいね。

■詳細情報
・名称:Royal Pavilion
・住所:4/5 Pavilion Buildings, Brighton BN1 1EE
・地図:
・アクセス:ブライトン駅より徒歩12分
・営業時間:10時~17時15分
・定休日:火曜日~金曜日
・電話番号:0300 029 0900
・料金:大人 £13.50 子供(5-18) £8.10
・所要時間:1時間
・オススメの時期:5月~9月
・公式サイトURL:http://brightonmuseums.org.uk

 

ブライトンの新スポット!いったいなんなの?逆さハウス

photo by Kana206425

新たな観光地として話題となったのがこの「Upside down House」と呼ばれる逆さの家。 ティファニーブルーのかわいらしい外観の家は、その言葉の通り逆さに建てられています。シュールで面白い写真が撮れると、観光客の新しいフォトスポットとして人気を呼んでおり、建物の中に入ることも可能です。

入場料は1人5ポンド(約700円)とお手頃。3歳以下のお子様は無料で入ることができるので、子連れには特に人気のスポットとなっています。

photo by Kana206425

家の中もすべて逆さまに造られており、自分が天井を歩いているのでは?と錯覚を起こしてしまう不思議な空間。建築家やインテリアデザイナーなどのプロたちが、人々を楽しませるために作られたそうです。海辺に突如として現れるのでかなり目立ちます。

■詳細情報
・名称:Upside Down House – Brighton
・住所:Kings Road Arches, 42-43, Brighton BN1 2LN
・地図:
・アクセス:ブライトン駅より徒歩25分
・営業時間:月曜日~金曜日:10時~20時 土曜日から日曜日:10時~21時
・電話番号:01375 374725
・料金:5ポンド(3歳以下無料)
・所要時間:30分
・オススメの時期:6月〜9月
・公式サイトURL:https://www.upsidedownhouse.co.uk/

 

ブライントンの写真スポット、バンドスタンド(The Bandstand)は欠かせない!

photo by Kana206425

ビーチの写真を撮りたい方におすすめしたいのがここ、バンドスタンド(The Bandstand)。全体的にティファニーブルーで統一された海辺周辺の街並みに、とてもよく似合う外装です。ここからはブライトンのビーチをのんびり眺めるだけでなく、人混みを避けてビーチの写真を撮ることもできる穴場スポット。

フォトジェニックな写真は、ここで撮影できます。

■詳細情報
・名称:Bandstand
・住所:Kings Rd, Brighton BN1 2PQ
・地図:
・アクセス:ブライトン駅より徒歩28分
・営業時間:24時間
・電話番号:01273 292712
・料金:無料
・所要時間:20分
・オススメの時期:5月~9月
・公式サイトURL:http://brighton-hove.gov.uk
ライター
KAWAHATA KANA ロンドン在住旅人/ワーホリック女子

ロンドン在住、海外生活4年目のワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子。 Be動詞ってなんだ?英語力ゼロから始めたフィリピン留学。 運と勢いに任せてオーストラリア&カナダでワーホリ生活を経験。 現在はイギリス・ロンドンで生活しつつ、ヨーロッパを中心に月1~2回ほど旅をする旅好き人間。訪れた国は25カ国以上。 海がすき!旅がすき!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング