ライター
KAWAHATA KANA ロンドン在住旅人/ワーホリック女子

ロンドン在中、海外生活4年目のワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子。 Be動詞ってなんだ?英語力ゼロから始めたフィリピン留学。 運と勢いに任せてオーストラリア&カナダでワーホリ生活を経験。 現在はイギリス・ロンドンで生活しつつ、ヨーロッパを中心に月1~2回ほど旅をする旅好き人間。訪れた国は25カ国以上。 海がすき!旅がすき!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。

皆さんこんにちは、ロンドン在住ライター・KANAです。昔ながらの景観を色濃く残しているイギリスの街並み。そんなイギリスの中でも、歩くだけで心ときめく「可愛い」が詰まった夢のような場所、「コッツウォルズ(Cotswolds)」をご存知でしょうか。

今回はそんなコッツウォルズの観光に欠かせない、ときめきスポットをまとめてみました。次回の旅の参考に、美しい景観の写真で癒されに、ぜひ最後まで読んでみてください。

可愛いが止まらない!イギリスのメルヘンな街コッツウォルズ地方


イギリスの中心に位置するコッツウォルズ。緩やかなアップダウンの多い丘陵地帯です。特別自然美観地域に指定されている美しい自然と、昔ながらの独特な雰囲気が乙女心くすぐる、まさに可愛いが止まらない女子ウケ間違いなしの地域。


いくつもの小さな町からできているため、全てを周りたい方は1泊2日でまとめて周遊するのがおすすめです。コッツウォルズを周遊するツアーもロンドンから多く出ているので、まとめて周りたい方はツアー、もしくはレンタカーを利用するとよりスムーズに観光することができます。


もちろん、電車とバスを使って周ることも可能です。どの町もロンドンから車で片道約2時間ほどで到着するので、時間のある方は目当ての町を一つずつ、日帰りで観光して行くのもいいでしょう。

英国で最も美しい!バイブリー(Bibury)


コッツウォルズを観光する上で、絶対に外すことのできない町がここ、バイブリー 。バイベリーとも読まれるこの町は、イギリスで最も美しい町と言われており、国内外から観光客が絶えない大人気観光スポットです。

■詳細情報
・名称:Cotswolds
・地図:
・アクセス:ロンドンから車で約2時間
・オススメの時期:4月〜9月上旬

Arlington Row(アーリントン・ロウ)


バイブリーの景観を代表しているのが、アーリントン・ロウと呼ばれる小道。ナショナルトラストの文化遺産になっており、まるでおとぎ話の中に迷い込んだかのような、ときめきが止まらないスポット。

建築の保護地域として、14世紀の家並みがほぼ完璧に保たれています。


こんなにも保存状態の良い石造りの可愛らしいコテージたちには、現在も実際に人が住んでいるというから驚きです。

■詳細情報
・名称:Arlington Row
・住所:Awkward Hill, Cirencester GL7 5NJ
・地図:
・営業時間:24時間
・定休日:無休
・料金:無料
・所要時間:30分〜
・公式サイトURL:https://www.nationaltrust.org.uk/bibury

The Swan Hotel(スワンホテル)


コッツウォルズで最も人気の宿泊先と言えば、老舗スワンホテル。

外観もとても美しい4つ星ホテルで、スワンホテルに宿泊するためだけにバイブリーに足を運ぶ人もいるという、観光地に引けを取らない大人気のホテルです。


近くの川にはホテルの名前になっている白鳥(スワン)が悠々と泳いでおり、のんびりと眺めているだけで心穏やかな気持ちになります。

■詳細情報
・名称:The Swan Hotel, Bibury
・住所:Bibury, バイブリー Cirencester GL7 5NW
・地図:
・定休日:不定休
・電話番号:+441285740695
・オススメの時期:年中
・公式サイトURL:https://www.cotswold-inns-hotels.co.uk/the-swan-hotel/

ショッピングを楽しもう!お洒落なお店が連なるバーフォード(Burford)


コッツウォルズの中で最もお土産やショッピングを楽しめる町バーフォード。メインストリートであるハイストリートと呼ばれる通りには、雑貨や家具などのお店をはじめ、お土産にぴったりなジャムやチーズ、オリーブオイルなどのお店がずらりと並びます。


コッツウォルズオリジナルの商品も多いので、お土産を探したい方はぜひ立ち寄ってみてくださいね。


ハイストリートの坂道をさらに登って行くと、コッツウォルズストーンでできた石造りの民家が軒を連ねています。

はちみつ色の家々は町全体に柔らかい印象を与え、目的なく町を歩いているだけで心癒されること間違いなし。のんびりと町散策をするのにぴったりです。

■詳細情報
・名称:High Street
・地図:
・所要時間:1時間〜
・オススメの時期:4月〜9月

リトルベニス!川沿いで穏やかに過ごせるボートンオンザウォーター(Bourton-on-the-Water)

リトルベニスと呼ばれる人気のエリア、ボートンオンザウォーター。家族連れが多く、コッツウォルズの中でも特に賑わいを見せる観光に欠かせないスポットです。

■詳細情報
・名称:Bourton-on-the-Water
・地図:
・アクセス:ロンドンから車で約
・オススメの時期:4月〜9月上旬

The Model Village(モデルビレッジ)

ボートンオンザウォーターの街並みが、立体地図のように正確に再現されているモデルビレッジ。


なんとこれらはすべてボートンオンザウォーターに住んでいる工芸家の方による手作り。5年もの歳月をかけ精巧に作られたミニチュアの街並みは、あまりのリアルさに、まるで自分が巨人にでもなったかのような錯覚を覚えます。


外見だけでなく内装も手が込んでいるので、一見ずつお店や家の中も覗いて歩いてみてください。小さいお子様連れにもおすすめです。

■詳細情報
・名称:The Model Village
・住所:Bourton-on-the-Water, Cheltenham GL54 2AF
・地図:
・営業時間:月曜日〜日曜日 10時〜17時45分
・定休日:不定休
・電話番号:+441451820467
・料金:大人4.50ポンド(約650円)、子供3.50ポンド(約500円)
・所要時間:1時間〜
・オススメの時期:年中
・公式サイトURL:https://theoldnewinn.co.uk/model-village

The river windrush(ウインドラッシュ川)


リトルベニスと呼ばれる所以、ウインドラッシュ川。町の真ん中を流れる川で、いくつかの小さい石橋がかかっており、ボートンオンザウォータの欠かせない写真スポットです。


川沿いはピクニックを楽しむカップルや家族連れも多く、のんびりとした時間の流れる憩いの場。歩き疲れたらぜひ、川のせせらぎを感じながら一休みしてみてはいかがでしょうか。

■詳細情報
・名称:River Windrush
・地図:
・営業時間:24時間
・料金:無料
・所要時間:30分〜
・オススメの時期:4月〜9月上旬

ガイドブックに載っていない隠れた町ノースリーチ(North leach)


観光客よりも地元の人が多く、あまり知られていない町ノースリーチ。他の町と比べても閑静で、より地元の雰囲気を感じたい方にはぴったりのエリア。


個人経営の雑貨屋さんやカフェなどが多く、ガイドブックには載っていない自分のお気に入りスポットを探すのも楽しみ方の一つ。新しい出会いに心ときめきます。

■詳細情報
・名称:North leach
・地図:
・アクセス:ロンドンから車で約2時間
・オススメの時期:4月〜9月上旬

アンティークで有名なストウオンザウォルド (Stow-on-the-Wold)


細道に面したお店が多く、歩く度に新しい発見がある、町歩きの楽しいストウオンザウォルド。アンティークショップが多いことでも有名で、町中にたくさんのアンティークショップが軒を並べます。


掘り出し物を見つけて、旅の思い出にしてみてはいかがでしょうか。

■詳細情報
・名称:Stow-on-the-Wold
・地図:
・アクセス:ロンドンから車で約2時間
・オススメの時期:4月〜9月上旬
ライター
KAWAHATA KANA ロンドン在住旅人/ワーホリック女子

ロンドン在中、海外生活4年目のワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子。 Be動詞ってなんだ?英語力ゼロから始めたフィリピン留学。 運と勢いに任せてオーストラリア&カナダでワーホリ生活を経験。 現在はイギリス・ロンドンで生活しつつ、ヨーロッパを中心に月1~2回ほど旅をする旅好き人間。訪れた国は25カ国以上。 海がすき!旅がすき!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング