編集部
西嶋 結 ライター・編集者

出版社出身のライター・編集者。本の仕事をしています。これまで訪れた国は70か国ほどで、自分を驚かせてくれる街や国が好みです。有給休暇をフル活用して弾丸旅に繰り出すべく、筋トレに励んでいます。

こんにちは、TABIPPO編集部の西嶋です。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界は大きく変化しました。海外の大学への進学や海外留学などを諦めざるを得なかった方も多いのではないでしょうか。

でも、そんな今だからこそできる経験もあるはず。今回の記事では、海外の大学への進学や海外留学を検討していた方、視野を広げて自分磨きをしたい方、働きながら海外の授業を受けてみたい方におすすめのリモート留学プログラムについてご紹介します。

アメリカの「アリゾナ大学」の授業が実際に日本で受けられて、学士や単位の取得まで可能なこのプログラム。その概要や費用、メリット、スケジュールなどを徹底解説します!

国際学生寮「UNINEST」ってこんなところ!


留学プログラムをご紹介する前に、アリゾナ大学と提携し、このプログラムを提供している「UNINEST(ユニネスト)」についてご紹介します。

ユニネストは、一言でいうと「日本にいながら留学体験ができる寮」!東京都文京区白山にある「HAKUSAN HOUSE」では現在多くの寮生が暮らしています。

ユニネストで暮らすのは、国籍や年齢、学校もさまざまな学生たち。なんと、外国籍の学生たちが入居者の8割ほどを占めます。(※現在は新型コロナウイルス感染症により国籍の比率が通常より変動しています。)スタッフも多国籍で、みなさんバイリンガルです。


日本で暮らしていると、なかなか外国籍の学生や大人の方と話す機会がないですよね。日本語以外の言語でコミュニケーションを取ったり、異文化を知ったり、多様性を受け入れられるようになったり…と、豊富な経験ができるのがユニネストの最大のメリット。

普通の暮らしでは得ることが難しいような、素晴らしい経験を可能にしてくれるのが、ユニネストでの暮らしです。

ユニネストの学生寮について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
ユニネストって?

HAKUSAN HOUSEや実際の学生の声などを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
ユニネストに潜入取材!

“ユニネストxアリゾナ大学”リモート留学プログラムって?


ユニネストは2020年、アメリカのアリゾナ大学と連携し、「“ユニネスト×アリゾナ大学”リモート留学プログラム」をスタートしました。

このリモート留学プログラムは、日本にいながらアリゾナ大学に留学できるというもの。このプログラムのために特別に組まれた、アメリカの大学教育を受けることができます。

講座だけでなく、なんと願書提出から入学手続きまでもすべてオンラインで完了!入学試験はなく、TOEFLの基準スコア(70~80取得)をクリアすることで入学が許可されます。

英語以外に新たな勉強が必要ないというのも、忙しい学生や社会人にぴったりですね。


また、ユニネストに入居しながら学べるのもうれしいポイント。オフラインで国際交流生活を送りながら、オンラインで授業を受けられる仕組みです。英語にしっかり浸れる環境で、めきめきと力がつきます!

プログラムの対象年齢は18歳~35歳で、4年学位取得、科目等履修、大学院課程修士の3つの中から、自分にぴったりのコースを選びましょう。

さらになんと希望者は、現地キャンパスで半期の履修や、現地キャンパスへの編入も可能なんです!(※編入学期以降の学費は正規料金が適用。)「現地でもっと深く学びたい」というニーズを満たしてくれるプランです。

歴史ある名門校、アリゾナ大学


留学先となるアリゾナ大学について気になる方もいらっしゃるかと思います。アリゾナ大学とは、アメリカ合衆国の南西部にあるアリゾナ州の州立大学で、歴史ある名門校です。

1800年代にリンカーンが指定した歴史ある高等教育機関で、アメリカの公立大学ランキング上位校として知られています。

2018年には研究のための費用の公立大学トップ25位に入り、Association of American Universities(先進的なアメリカの公立・私立62大学の大学群)のメンバーとして学術分野間の連携や民間企業との協力を行うなど、現地で影響力と存在感を持った大学です。


総合大学であることも、見逃せないポイント。農学・生命科学部、建築・ランドスケープ学部、教育学部、工学部、芸術学部、人文学部、法学部、医学部、看護学部、光科学部、薬学部、理学部、社会・行動科学部、経営学部、公衆衛生学部という、15の学部があります。

特に有名なのは宇宙工学分野ですが、実践的なビジネス関連のコースも充実しており、多様な学問を学べるので、きっとあなたの関心にフィットするコースが見つかるはず。

各世代別、おすすめコース

様々なコースが用意されているアリゾナ大学との留学プログラム。各世代別におすすめのコースをご紹介したいと思います。

海外の大学へ進学したい高校生に!「4年学位取得」コース


4年学位取得」コースは、高校生をメイン対象者としたコースです。下記の項目に1つでもあてはまる方には特におすすめです。

・日本国内にいながら、語学力で他の学生に差をつけたい。
・若いうちに視野を広げ、教養を身につけたい。
・将来留学に興味があるが、高額な留学費用は抑えたい。
・アメリカの学位を取り、将来は海外で働きたい。
・アメリカの学位を取り、グローバル人材として国内で活躍したい。
・国内で、英語や世界中の学生と交流ができる日常生活を送りたい。

【在学期間中の住居】
ユニネスト(水光熱費/家具家電/wifi込み)。授業開始1週間前から、ユニネストへの入居が可能です。


【1年間の費用】
1年間にかかる費用は、食費や娯楽費を除いて約235万円。この費用には、学費だけでなく、ユニネストでの家賃(家具家電と寝具付きの住居費、水光熱費、Wi-Fi費用)が含まれています。

この費用は、東京都内で一人暮らしをしながら国内の私立大学に通う際にかかる費用とほぼ同じ。相当お得だといえます!また、アメリカ留学にかかる費用は学費、家賃、水光熱費、Wi-Fi費用でおよそ500万円といわれています。

国内の私立大学に通うのと同等の費用で、国際交流ができる「ユニネスト」に住みながら海外留学できるというおトクなプランです!


【特典プログラム】
アリゾナ大×ユニネストの特典プログラムとして、3年または4年次は現地アリゾナキャンパスでのプログラム履修も可能です。

現地アメリカでの学費や家賃も費用に含まれており、追加でかかる費用は、渡航費と生活費のみ。特典プログラムの利用は必須ではなく、日本国内で4年修学することも可能です。

【スケジュール】
2021/8/23が入学日となります。最低1か月前までにTOEFLスコアなどを準備し、申し込みをしていただきます。その後、書類の提出や授業選択、オンライン試験(英語&数学のクラス分けのためのテスト)、学費の振込みを完了。

授業開始まで1週間を切ったタイミングで、ユニネストに入居される方はお引っ越しを。8/23に入学して、1セメスターは12/16まで。1/12に2セメスターが始まり、5/12に修了となります。

大学生、専門学校生、社会人に!「科目等履修」コース

科目等履修」コースは、国内の大学生、専門学校生、社会人をメイン対象者としたコースです。下記の項目に1つでもあてはまる方には特におすすめです。

・語学に興味があるが、高額な留学費用は抑えたい。
・留学に興味があるが、時間がない。
・アメリカの大学科目を修学し、グローバル人材としてキャリアアップしたい。
・国内で、英語や世界中の学生と交流ができる日常生活を送りたい。
・日本国内にいながら、語学力で他のビジネスパーソンに差をつけたい。
・教養と語学を身につけたい。
・自分にしかない強みを見つけたい。

【在学期間中の住居】
ユニネスト(水光熱費/家具家電/wifi込み)または自宅。


【1年間の費用:ユニネストに入居する場合】
1科目あたり約27~43万円で、選択コースの履修期間により変動します。また、他の科目を追加する場合、1科目あたり約13万円がかかります。

この費用の中に、学費だけでなく、ユニネストでの家賃(家具家電と寝具付きの住居費、水光熱費、Wi-Fi費用込み)が含まれています。


【1年間の費用:自宅などから受講する場合】
1科目あたり約16万円での履修が可能で、選択コースの履修期間により変動します。また、他の科目を追加する場合、1科目あたり約16万円がかかります。

【特典プログラム】
アリゾナ大×ユニネストの特典プログラムとして、ダブルスクールが可能!国内大学または専門学校に在学中の方は、休学することなく、好きな時間にアリゾナ大学のプログラムを受講できます。

※提携大学同士の単位交換プログラムではありません。単位交換の可否は各自、在籍の大学に確認してください。


【スケジュール】
2020/10/15がプログラム開始日となります。

最低1か月前までにTOEFLスコアなどを準備し、申し込みをしていただきます。その後、書類の提出や授業選択、オンライン試験(英語&数学のクラス分けのためのテスト)、学費の振込みを完了。

授業開始まで1週間を切ったタイミングで、ユニネストに入居される方はお引っ越しを。10/15に入学して、1セメスターは12/17まで。1/13に2セメスターが始まり、5/13に修了となります。


希望者は、科目の授業ペースを倍にし、半分の期間で単位取得できる「短期集中コース」を選択することもできます。ショートコースの場合、前期は10/15~12/17。後期は3/15~5/13となっています。

※直近は、前期ショートコース(2020/10/15~12/17)が開講します。2021年以降は、8月末が前期通常コースとなります。

国内大学4年学位修了者、本プログラム4年学位修了者に!「大学院課程修士」コース


大学院課程修士」コースは、国内大学4年学位修了者、本プログラム4年学位修了者をメイン対象者としたコースです。下記の項目に1つでもあてはまる方には特におすすめです。

・国内大学を卒業し、研究はアメリカの大学がいいが、学費を抑えたい。
・今回のプログラムの4年学位を修了しさらに研究を進めたい。
・国内で、英語や世界中の学生と交流ができる日常生活を送りたい。
・国内の大学を卒業したが、もっと自分の興味分野を深めたい。
・自分の専門分野を英語で学んでみたい。

【在学期間中の住居】

ユニネスト(水光熱費/家具家電/wifi込み)または自宅

【1年間の費用】
「科目等履修」コースと同じ

【スケジュール】
「科目等履修」コースと同じ

こんなときだからこそ、オンライン留学という選択肢を


国内にいながら、しかも学生や社会人として生活を送りながらアメリカの大学の教育を受けられる、「”ユニネスト×アリゾナ大学”リモート留学プログラム」についてご紹介しました。


都内の私立大学に通うのと同程度の費用で、世界中の学生たちとともに学べるこのプログラム。コストを抑えながらも、高校生から社会人まで、幅広いニーズに応えてくれる仕組みが魅力です。

留学を諦めていた人や、視野を広げたい人、語学力と教養の両方を一気に身につけたい人、さまざまな価値観を持つ世界中の学生たちと出会いたい人、自分の専門分野を極めたい人にもおすすめです!

新型コロナウイルスの感染拡大や多忙などを理由に留学を諦めていた方、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

公式ページを見る

All photos by UNINEST

編集部
西嶋 結 ライター・編集者

出版社出身のライター・編集者。本の仕事をしています。これまで訪れた国は70か国ほどで、自分を驚かせてくれる街や国が好みです。有給休暇をフル活用して弾丸旅に繰り出すべく、筋トレに励んでいます。

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧