編集部
伊藤 美咲 フリーライター

1996年東京生まれ。ステキな人やモノを広めるフリーライターです。美容師アシスタント、大手メーカーのカスタマーサポートを経てライターになりました。フリーランスとして活動を始めてからは、東京を拠点に活動しつつ、国内や海外を飛び回るように。普段は多国籍なシェアハウスで暮らしています。旅行と美容と邦ロックが大好き。

こんにちは、TABIPPO編集部の伊藤美咲です。

学生のみなさん、都内にとてもおしゃれで多国籍の学生が集まる寮があったら、暮らしてみたいと思いませんか?

住んでみたい!けれど、たくさんの学生が住む寮で暮らすって実際どんな感じなの…?と思う人も多いはず。

ということで今回は、東京で海外留学のような体験ができるとウワサの学生寮UNINEST(ユニネスト)」へ実際に行って、館内や寮生活のリアルなところを取材してきました!

今回潜入取材をしてくれたのは大学生マーケターのくつざわさんと、TABIPPOでコミュニティ運営をしている文太くん。

くつざわ
女子大生でありながら、現在は企業と提携しPRの戦略立案から、ソリューションまで一貫したマーケティングやプランニング支援を行う。セミナー登壇やメディアでの記事執筆もし、動画編集など様々な”やりたいこと”をやっている。趣味は貯金。
文太
旅する食いしん坊。TABIPPOコミュニティマネージャー。NYで餅つき、タイでポッキーで生計を立てて生活するなど、半年間かけて世界一周を経験。旅中でも大好物であるハンバーガーには出費を惜しまなかった。生粋のハマっ子。

都会になりきれない千葉の某所出身のくつざわさんと、横浜出身の文太くん。「出身を横浜と答えるタイプとは仲良くなれない」とくつざわさんはおっしゃっていましたが、果たして正反対の2人はユニネストにどのような印象を受けるのでしょうか…?

都会のおしゃれな学生寮に緊張しているくつざわさん
今回は、くつざわさん撮影の写真も入れつつ、館内の様子をレポートしていきます。また、ユニネストのスタッフや学生に寮生活のリアルな話もインタビューしました。

ユニネストの魅力を探りつつ、実際に学生寮での生活を擬似体験してみた2人の様子にもぜひご注目ください!

学生寮「ユニネスト」って?

photo by UNINEST
レポートに行く前に…そもそも「ユニネスト」をご存じない方もいらっしゃいますよね。

簡単に説明すると、ユニネストはイギリスの企業GSAが運営する学生寮です。入居者の半分以上が外国籍なので、様々な入居者と交流することで日本にいながらも留学体験が可能。

photo by UNINEST
入学手続きもシンプルで簡単、寮内で楽しいイベントがたくさん開催されるなど知れば知るほど住みたくなる学生寮です。

料金体系などの詳細はこちらの記事で解説していますので、併せてチェックしてみてくださいね。
UNINESTって?

また、アリゾナ大学とユニネストが提携して実施している「リモート留学プログラム」というのもあります。東京にいながらアメリカのアリゾナ大学の講義が受けられ、なんと学位の取得も可能なプログラムなんです。

海外の大学進学や長期での留学を考えていたけれど、今の状況で悩んでいた方は必見です。アリゾナ大学との取り組みに関してはこちらの記事でも紹介しているので、気になる方はご覧ください。
リモート留学って?

ホテル並みの設備!?学生寮に潜入

ユニネストについてご理解いただけたところで、早速レポートしていきたいと思います!

ユニネストの学生寮は様々な魅力がありますが、施設がおしゃれすぎることもポイントのひとつ。なんとも、設備がホテル並みなんだとか…?

訪れたのは、東京都文京区白山にある1号寮の「HAKUSAN HOUSE」。


フロントスタッフのホウさんがHAKUSAN HOUSE内を案内してくれました。

ホウさん

HAKUSAN HOUSEへようこそ!さっそく館内の施設や部屋を案内しますね。

まずは、1階のスタディエリア。

文太くん

まだここしか見ていないけど、もうおしゃれすぎて住みたくなってきた……。

ホウさん

ここは学生たちが勉強をしたり、MTGをしたりする場所です。では、最上階にある屋上に行ってみましょう。

くつざわさん

いきなり屋上ですか…!?(それにしてもホウさん日本語めっちゃ上手…)

最上階の9階に到着し、ドキドキしながら扉を開けると…

くつざわさん

広い!

ホウさん

屋上では学生と植えた野菜を育てたり、夏はバーベキューを開催したりしています。晴れた日はスカイツリーも見えますよ。

文太くん「横浜市民はヨガやりがち」

くつざわさん

バーベキューもピクニックもできそう。テントとか張って寝たい。

屋上を出て見つけたのは、隣にあるコインランドリー。

くつざわカメラ:文太くんの表情なに?

ホウさん

学生のみなさんはここで洗濯をしています。乾燥機もありますし、晴れた日には外干しもできますよ。

くつざわさん

私の地元だと洗濯物が盗まれるけど、ここなら安心して干せそう。

文太くん

地元の治安悪すぎじゃない?

次に案内してもらったのは、学生にも大人気なエリア。1階にあるシネマルームです。

予約制で好きな映像を流せるそう。

ホウさん

シネマルームでは映画を見たり、ゲームをしたりできます。防音なので、音漏れを気にせずに楽しめますよ。

くつざわさん

暗くできるし、クッションもあるからめっちゃリラックスできるね。

くつざわカメラ:文太くん、ギター弾けるの?

文太くん

家にこんな広い防音部屋があるなんて、シェアハウスならではだよね。みんなで映画を見たらすごく楽しそう。

おしゃれすぎる!?キッチン&個室に潜入

2階から8階はベッドや収納が備え付けられている個室が並ぶ他、キッチンとリビングがある居住エリア。

ホウさん

まずはキッチンとリビングから案内しますね。

文太くん「え!見て!すごい!」

文太くん

コンロがIHだし、オーブンまである!すごい!

ホウさん

キッチンには調理器具や食器などが揃っているので、食材さえ持ってくればすぐに料理できますよ。

緊張して真顔だったくつざわさんが笑顔になってきた。

くつざわさん

外の景色を見ながらご飯を食べるのも良さそう。

ホウさん

こちらはリビングルームです。くつろいだり、勉強したりと自由に使えます。

くつざわさんと文太くんの距離にも変化が…?

文太くん

ここで同じフロアの人同士の交流も生まれるわけだ!家具も洗練されてて、いい意味で学生寮っぽくないね。

キッチン棚には備え付けの調味料が。

くつざわさん

自由に使える調味料がたくさん入ってる〜。あっ!

くつざわさん

ターメリックは料理をするときに絶対必要。

文太くん

え、そんなに?毎日カレー?

ホウさん

必要ですよね!さて、最後はそれぞれの部屋を見にいきましょう。ユニネストには6人部屋、2人部屋、1人部屋があります。

くつざわカメラ:文太くんが終始楽しそう。

ホウさん

まず、こちらが6人部屋です。

文太くん

おお〜!めっちゃきれい!

くつざわさん

自分だけの空間がきちんと確保されているから、6人部屋でも意外と他の人のことは気にならなさそう。

文太くん

洗面台も清潔感があっていいね。

くつざわカメラ:カップルに見えてきた。

ホウさん

では、次に2人部屋です。2人部屋はゆっくりルームメイトと過ごせますよ。

くつざわさん

6人部屋より広くて自分専用の机もある!友達と一緒に入居するのもありだな〜。

文太くん

個室もシャワールームも本当にホテルみたいだね。

くつざわさん

文太くん、シャワールーム入ってみたら?

文太くん

このショット、本当にいる?

くつざわさん

……。次行きましょう。

ホウさん

いよいよラストは1人部屋ですね。

楽しすぎてその場にあったレイをつけ始めた。

文太くん

やっぱ1人部屋は広いなあ!

くつざわさん

1人になりたいときは部屋にいて、人と交流したいときはリビングに出る。メリハリがつけられていいね。

くつざわさんの緊張もすっかり解けた様子。いい笑顔!

ホウさん

1人部屋ならシャワー、トイレ、収納、冷蔵庫が全て1人で自由に使えますよ。これで館内の案内は終了です。

くつざわさん

寮生活、意外とありかも…。
編集部
伊藤 美咲 フリーライター

1996年東京生まれ。ステキな人やモノを広めるフリーライターです。美容師アシスタント、大手メーカーのカスタマーサポートを経てライターになりました。フリーランスとして活動を始めてからは、東京を拠点に活動しつつ、国内や海外を飛び回るように。普段は多国籍なシェアハウスで暮らしています。旅行と美容と邦ロックが大好き。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング