編集部
伊藤 美咲 フリーライター

1996年東京生まれ。ステキな人やモノを広めるフリーライターです。美容師アシスタント、大手メーカーのカスタマーサポートを経てライターになりました。フリーランスとして活動を始めてからは、東京を拠点に活動しつつ、国内や海外を飛び回るように。普段は多国籍なシェアハウスで暮らしています。旅行と美容と邦ロックが大好き。

ユニネストの魅力って?スタッフさんにインタビュー

お話を伺ったのは先ほど館内を案内してくださったホウさんと、HAKUSAN HOUSEオープン時から携わっている支配人のジェシカさん。

ホウさん
2020年3月からユニネストHAKUSAN HOUSEのスタッフとして勤務。台湾出身で、日本での生活は5年目。
ジェシカさん
2018年のHAKUSAN HOUSEオープン時からのスタッフ。イギリス出身で、東京での生活は9年目。もちろん日本語もペラペラ。

スタッフの2人にユニネストの魅力や、学生たちとの交流について語ってもらいました!

文太くん

館内がめちゃくちゃおしゃれで、ユニネストに住みたくなってきました。

ジェシカさん

そうでしょう?ユニネストでは入居者同士の交流も盛んなので、きっと楽しいですよ。

くつざわさん

でも学生寮って人数多いから、いきなり入居して馴染めるかはちょっと不安かも。

ホウさん

ユニネストの学生は外交的な方が多いので、みんな歓迎してくれますよ。もちろんスタッフからも挨拶したり話しかけたりして、サポートしています。

文太くん

元からあるコミュニティに入るときは緊張するから、スタッフさんから声かけてくれるのはありがたいよね。

ジェシカさん

学生さんたちとは家族のような関係なので、敬語も使いません。スタッフもいろんな方がいるので、同じような趣味の人が話しかけたりイベントにお誘いしたりしてますよ!

くつざわさん

イベントではどんなことをやっているんですか?

ジェシカさん

みんなで料理を作ったり、映画を見たりと様々です。学生たちがやりたいことをやったり、私たちの興味があることをする場合もあります。

ホウさん

この前も台湾料理をみんなで作りましたよ。食べ物系のイベントは人気ですね。

文太くん

ここに住んだらいろんな国のお袋の味が味わえる…!?

くつざわさん

イベントではどのくらいの人数が集まるんですか?

ホウさん

だいたい20名くらいです。でもバーベキューのときは50名くらい集まりましたし、DJを招いたパーティーでは100名以上と大人数の場合もあります。

くつざわさん

DJ!?絶対楽しいやつ!

ジェシカさん

DJパーティーは22時で終わる予定でしたが、朝まで盛り上がっていましたよ。入居者さんがいつ入ってもすぐに馴染めるように、毎月イベントは開催しています。

ホウさん

やっぱりイベントなどを通じて、人とたくさん交流できることがユニネストの魅力だと思いますね。

文太くん

施設がきれいだし、イベントもあって楽しそうだし、ますます住みたくなってきた…!

お話を聞いていると、スタッフさんたちもユニネストで働くことをとても楽しんでいることが伝わってきました。

では実際に暮らしている学生さんたちは、ユニネストでどのように過ごしているのでしょうか?

学生さん4人にもインタビューしてきました!

住むと英語が話せるようになる!?学生インタビュー

お話を聞いたのはこちらの学生4人。

Wakanaさん
東洋大学に在学中の21歳。HAKUSAN HOUSEのレジデントアシスタントとして寮生の暮らしもサポートしている。寮で出会ったフランス人の彼と遠距離恋愛中。
Natsumiさん
慶應義塾大学に通う24歳。Wakanaさんと同じくレジデントアシスタントとして活躍している。冷静な中に熱い情熱タイプ。
Hogiさん
東洋大学に通う21歳。国籍は韓国だけど、日本生まれの日本育ち。HAKUSAN HOUSEの国際交流で英語と中国語を習得したんだとか。
Naomiさん
東洋大学に通う25歳。オランダから交換留学生として来日中。定期的に多国籍の友達も招いていて、とってもフレンドリーな性格。

ソーシャルディスタンスを保ちつつ、座談会スタート

くつざわさん

みなさんは何がきっかけでユニネストに入ったんですか?

Naomiさん

私は交換留学生としてオランダから日本に来ています。ここなら大学にも近いから便利だし、大学の友達とも交流できるので選びました。

Natsumiさん

私はちょうど1年前に入居したのですが、留学直後の大学4年生なので、家具付きで1年だけ住めるところを探していたんです。ここなら英語の勉強もできるので、ぴったりだと思いました。

文太くん

やっぱり英語で交流できるのは、ひとつの大きなポイントなんですね。

Hogiさん

僕も英語はあまり話せなかったんですけど、ここで英語圏出身の人と交流することでだんだん話せるようになりました。

座談会中も、日本語が話せないNaomiさんの通訳をしてくれました。

Natsumiさん

話せる語学やレベルもみんなバラバラだから、お互いにサポートしているよね。英語を教えてもらう代わりに日本語を教えてあげたり。

Wakanaさん

以前ニューヨーク出身の子がいたんですけど、なまりがすごくて。ゆっくり話してもらったりして耳を慣らしていました。

文太くん

ここに住む学生は、入居時から英語ペラペラなイメージだった。

Natsumiさん

それはない!

くつざわさん

私は寮やシェアハウスに住んだことがないんですけど、知らない人と同じ部屋で暮らすことには抵抗なかったですか?

Hogiさん

最初はちょっと抵抗あったけど、お互いが気をつけているから今は快適かな。たまに部屋の温度で揉めたりすることはあるけど……。

くつざわさん

リアル〜〜〜!

文太くん

みんなの輪に入りにくいとかはないですか?

Naomiさん

みんな歓迎してくれるから、話しかけづらくはなかったです。

Hogiさん

僕は最初の数日間、正直気まずかったです。でもイベントに参加したらすぐに仲良くなれました。女子会と知らずに参加しちゃったんですけど(笑)。

くつざわさん

まさかの女子会! でもやっぱりイベントは仲良くなれる大きなきっかけになりそうですね。

Natsumiさん

スタッフさんもフレンドリーに話しかけてくれるし、一緒に住んでるからみんなと自然と深い仲になります。

Wakanaさん

日本での留学が終わってそれぞれの国に帰ってからも、繋がりが残ってることはあるよね。去年ルームメイトとヨーロッパを7カ国回ったときに、ここで出会った人たちの家を回ったりもしました。

文太くん

それめっちゃいい!日本にいながら世界中の友だちができるね。

くつざわさん

ぶっちゃけ、ここに住んでいたら恋愛に発展することってあります?

文太くん

それめっちゃ聞きたかったやつ〜!

Wakanaさん

あります! 私はここで出会ったフランス人の彼がいます。今はフランスに帰っているから寂しい気持ちはあるけど、ここに住んでいればみんながいるので孤独感はないですね。

やっぱり恋バナが1番盛り上がる。

Natsumiさん

一緒に生活している分、お互いのいいところも悪いところもわかった上で付き合えるから別れにくそうだよね。

くつざわさん

ユニネストは友達や恋人ができるきっかけもたくさんあるから毎日充実してそうだし、楽しそうでいいな。

文太くん

ユニネスト、住むしかないな〜!

最初はみんな緊張してる様子だったけど、最後は大盛り上がりで終わった学生との座談会。

館内見学、スタッフさんインタビュー、学生座談会と盛り沢山の取材もこれにて終了です。

おしゃれな学生寮で国内留学ができるユニネスト

最終的にユニネストに染まったくつざわさん。

くつざわさん

私は田舎育ちだし寮やシェアハウスに住んだこともないから緊張した〜。でもみんなフレンドリーだし、館内すごくおしゃれだし楽しかったね。

文太くん

気軽に交流できるスペースがあるのはいいよね。英語めっちゃ上手くなりそう。

くつざわさん

ところで、文太くんはいつから住むの?

文太くん

えっ。年内かな…?

おしゃれな施設で、海外留学中のような生活が味わえるユニネスト。

海外に行くことが難しい今だからこそ、ユニネストで国内留学をするのはとってもおすすめ。手続きが簡潔な上、最短5週間から入居可能です。

内見はオンラインでも可能なので、気になる方はぜひ申し込んでみてくださいね。

ユニネスト公式ページへ

Interview photos by Shigeki Naganuma

編集部
伊藤 美咲 フリーライター

1996年東京生まれ。ステキな人やモノを広めるフリーライターです。美容師アシスタント、大手メーカーのカスタマーサポートを経てライターになりました。フリーランスとして活動を始めてからは、東京を拠点に活動しつつ、国内や海外を飛び回るように。普段は多国籍なシェアハウスで暮らしています。旅行と美容と邦ロックが大好き。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング