writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

旅慣れている旅人でも「空港ラウンジは航空会社の上級会員じゃないと使えない」という声が聞こえてきます。実は上級会員ではなくても空港ラウンジは使えます。

今回は”比較的”誰でも利用できる空港ラウンジを紹介します。

そもそも空港ラウンジとは?

photo by pixta

簡単に空港ラウンジのおさらいから始めましょう。空港ラウンジは一言で表すなら高級待合室。ラウンジ内にはソファが並び、コンセントが完備されています。ラウンジ内にはWiFiもあるため、ビジネス利用にも使えます。

ラウンジの運営者は大きく分けてカード会社と航空会社です。ソフトドリンクやおつまみは無料で飲食可能。航空会社のラウンジになると、ちょっとした食事も楽しめます。

ラウンジがある場所は保安検査場前と保安検査場後に分かれます。成田空港や羽田空港、関西空港はターミナルが広く複数のラウンジがあるため、あらかじめ空港のホームページで確認することをおすすめします。

運営者によってラウンジは違う?

航空会社が運営するラウンジ

photo by pixta

先述した通り、ラウンジは運営者によって異なります。ここからは関西空港を例に挙げて説明します。関西空港にある航空会社が運営するラウンジは以下のとおりです。

・大韓航空ラウンジ
・KIXエアサイドラウンジ
・KIXノースラウンジ
・飛鳥
・ラウンジパシフィック
・ロイヤルオーキッドラウンジ
・ANA LOUNGE
・JAL サクララウンジ

ここで注意したいのが「JALに搭乗するからJALサクララウンジが使える」ということではないこと。航空会社のラウンジは各航空会社のマイルカードの上級会員もしくはビジネスクラス、ファーストクラス利用でないと使えません。

また「飛鳥」や「KIXエアサイドラウンジ」は提携している航空会社に搭乗客が利用できます。

航空会社が運営するラウンジの特徴はカレーなどの軽食が楽しめること。「JALサクララウンジ」ではたこ焼きやお好み焼きなどの関西ご当地グルメが楽しめます。

カード会社が運営するラウンジ

空港にはクレジットカード会社が運営するラウンジがあります。ラウンジが利用できるクレジットカードは国内発行に限るのでご注意を。関西空港には出国審査後に利用できるラウンジが3箇所、一般エリアで利用できるラウンジが1箇所あります。

出国審査後に利用できるラウンジ

カードメンバーズラウンジ「六甲」
カードメンバーズラウンジ「金剛」
カードメンバーズラウンジ「アネックス六甲」

一般エリアで利用できるラウンジ

カードメンバーズラウンジ「比叡」

Photo by Nitta Hiroshi

この中で私はカードメンバーズラウンジ「金剛」を利用しました。ここで簡単に紹介します。ラウンジ内は落ち着いた雰囲気でソファが並んでいます。一般的なソファですが、ゲート前にあるベンチと比べるとはるかに快適です。

Photo by Nitta Hiroshi

肘掛にはコンセントが装備されています。WiFiもあるので、旅行前に調べ物に最適です。前もってSIMカードを購入した方はラウンジで設定するといいでしょう。

Photo by Nitta Hiroshi

ソフトドリンクは無料ですが、アルコール類は有料です。航空会社のラウンジとは異なり軽食はありません。また飲食の持ち込みは不可なのでご注意を。食事はレストランか機内食で済ませるようにしましょう。

Photo by Nitta Hiroshi

ラウンジ内に表示機はありますが、とても小さいです。搭乗券に書かれた搭乗時刻を確認した上で利用します。間違ってもラウンジで寝ないように。

「金剛」の場合、提携しているクレジットカードでゴールドカード以上であれば無料。ゴールドカードを持っていない場合は同伴者1名につき1100円で利用できます。

writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング