ライター
Ota chinami 広報・PRに強いライター

鳥取県出身(27)アパレル店員をやめ、スキル0から独学でライターを目指す。現在は計80社以上と仕事するフリーの広報・PRライターとして活動。コワーキングやコミュニティ運営、シェアハウスの立ち上げなども積極的に行っています。旅行施設やホテルの内観を見るのが大好きです。

「どこかに旅行したいなぁ…」

検索サイトを眺めてみても、どこへ行こうか悩んでしまうときは、注目度No1のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」はいかが?

KLOOKならスタジオ・パスはもちろん、大阪の有名観光地20施設以上が入場可能となるお得なチケット「楽遊パス」が買えるんです!

さらに今なら、KLOOKでユニバーサル・スタジオ・ジャパン スタジオパスを買うと大阪楽遊パスが無料でついてくるキャンペーンも実施中!

大阪は東京からのアクセスはもちろん、地方からも電車やバスで気軽に行くことができるので、週末のお友達とのお出かけやカップルでの旅行にもおすすめです。

この記事では、実際に「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンスタジオ・パス」と大阪観光ができる「楽遊パス」を使用した“1泊2日大阪観光モデルコース”を紹介します。

それではさっそく、レポートしていきましょう!

1日目:ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでパーク内を満喫しよう

チケットはQRコードを見せるだけで入場可能!

まず、KLOOKのユニバーサル・スタジオ・ジャパンチケットはQRコードで発券されます。

そのため、当日はQRコード画面をスタッフに見せるだけで入場が可能。朝早く来てチケットブースに並ぶ必要はありません。

会場に着いて直接パーク内へ入ることができるのは嬉しいですよね!

QRコードは携帯からアクセスできるので、紙のチケットのように、ついうっかり家に忘れてしまった…!なんて心配もなく安心です。

今話題のあのエリア!大人気アトラクションで夢の世界を満喫

パーク内に入れば、そこはもう夢の世界。ハリウッド映画に実際に登場した建物や、アニメでよく見るあのキャラクターたちが、もう、すぐ目の前に。

エリアごとの特色が色濃く味わえるパーク内は、アトラクションはもちろんのこと、歩いているだけでも様々な発見があり、とっても楽しいです。

そして今回なんとしても紹介したいのが、オープンしたばかりの大人気エリア。

その名も、「スーパー・ニンテンドー・ワールド」です。

2021年3月にオープンしたばかり!話題のスーパー・ニンテンドー・ワールドの入り口
入り口には、おなじみのあのゲームで何度もステージを移動するために使用したあのドカンが!

中は少しだけ空洞になっていて、人がすっぽり入れるサイズ。

こんな風に腕をあげれば……!ほら!私でも、人気のあのキャラクターに変身できちゃいました。


ドカンの中では、こんな風にスピードアップした姿を記念に収めることができます。さて、このままエリアの中へどんどん進んでいきましょう!


ぎゃーーーーー(心の声)

ドカンを抜けた先には驚きの光景が!ま、ま、ま、マリオー!

これは、私達が幼い頃、毎日毎晩遊び倒した、あの夢のニンテンドーワールドの世界が広がります。

画像ではわからないのですが、ドッスンやパックンが実際に動いている姿はまさに圧巻…。

この感動は、ぜひパークに足を運んで、ぜひ体感いただきたいです。

ニンテンドーエリア内では、パワーアップバンドと呼ばれるこちらのバンドをつけて入場するのがおすすめです。

パワーアップバンドはエリア内で購入可能。6種類のキャラクターバンドを用意
専用のアプリと連動させ、エリア内に設置されているハテナボックスを押すと。

何度もゲームで見た憧れのハテナボックスが目の前に…!
チャリン!ゲームで聞いたあの音楽とともに、コインがバンドの中に貯まります。

エリア内にあるミニゲーム。ノコノコの持っているキーをゲットすればOK
さらに、エリア内にある「キーチャレンジ」と呼ばれるミニゲームに挑戦しクリアすると、キーをゲットできます。

全部で3つのキーをバンド内にためることで、最終のラスボスゲーム、クッパJr.との「とりかえせ!ゴールデンキノコ!クッパJr.ファイナルバトル」に進むことができるんです!

しかも、このミニゲームの難易度はクリアするごとにあがっていくため、この先何度もパークを訪れるたびに、ずっとバンドを使って遊べるのだそう。

アプリではランキングや、それぞれの身につけているバンドごとのキャラクターが、パーク内でどれだけコインを集めているのかなどを見ることもでき、競争心もくすぐられます。

これは、大人も童心にかえって夢中になってしまいますね!

ヨッシーの背中に乗りながら、かわいくて楽しい冒険の旅に出かけられる「ヨッシーアドベンチャー」も人気。

撮影OKエリアでは、乗り物にのりながら、こーんなに素敵なニンテンドーエリアの景色を独り占めできちゃいます。

奥に見えるのは、憧れのピーチ城!時間によってはピーチ姫に会うこともできるのだそう
そして、今大注目のアトラクションがこちらの「マリオカート〜クッパの挑戦状〜」です。

見てください、この入口のビジュアル。ゲームの中で見たクッパ城の世界がそのまま目の前に広がっています。

「マリオカート〜クッパからの挑戦状〜」の入り口。大魔王クッパが潜む「クッパ城」に、いざ潜入

ゲームの世界が現実に!とはまさにこのこと。

ARやプロジェクションマッピングなど、最新の技術を搭載されたコースでは、これまでゲームの世界だったマリオカートの世界を、よりリアルに、忠実に、現実世界で体感することができます。

あの大好きなキャラクターも、赤甲羅も、バナナでくるくると滑るあの感覚も、現実世界で味わえる日がくるなんて…。

マリオカートを体験したことのある人はもちろん、まだレースを体験したことがない人でも、レースを終えて帰ってきたあとに「あぁマリオカートって本当に現実世界に存在するんだ…!」と感無量になれるはず。

あぁ、もう本当に楽しかった。

どこを見ても、細部までつくりこまれたニンテンドーエリアの世界観に、終始、驚きと感動が止まりませんでした。

さらに、ニンテンドーエリアでおすすめなのが、このエリアだけ限定のポップコーン。キャラメルピーチとクリームマッシュルームの2種類から選ぶことができます。

ニンテンドーエリアで販売されているマリオのポップコーンバケツ(4,500円)お土産にもおすすめ
その他にも、エリア内には2種類のお土産屋さんがあり、ここでしか買えないニンテンドーグッズを手に入れることができます。

お菓子から雑貨、洋服に至るまで、とにかくすべてが可愛すぎました。

その一部を紹介していきますね!

スーパースターのチョコレートクッキー缶(1,600円)

ボム兵のおせんべい(1,800円)

プラスチックタンブラー (各1,200円)
エリアの人気キャラだけでなく、クッパなどのあまり出会えない敵キャラもグッズとして登場しています。


ゲッソーやテレサなど、ゲーム内では嫌われ者だったあのキャラも、こうしてグッズでみるとなんだか可愛らしく見えますね。

キノピオシェフの手料理で一休み

こちらのキノピオ・カフェでは、なんと、キノピオシェフが料理した数々のお料理を楽しめます。

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
見た目の可愛らしさはもちろんのこと、内装のいたるところにキノピオアイコンが散りばめられており、キノピオ好きはもちろんのこと、カップルや家族連れ、友達と一緒でも盛り上がること間違いなし!。

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
座席数もたくさん用意されているので、お子様と一緒でもゆったりくつろげます。

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

また、メニューはどれもニンテンドーに出てくるキャラクターをイメージしてつくられています。

こちらの「マリオ・バーガー~ベーコン&チーズ~」は、具材のベーコンとチーズが肉汁たっぷりのハンバーグとマッチ。

食べごたえ抜群で、ボリュームも満点ですよ。

たくさん遊んでペコペコのお腹も、満たしてくれる看板メニューのひとつです。


画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
見た目も可愛らしいこちらのボウルは、スーパーキノコをイメージしてつくられています。

頭の部分はパンになっていて、めくると中には、トマトソース入りのグラタンが隠されているおちゃめなしかけ。

パンの部分をグラタンにつけて食べると、これまた絶品!マッシュルームとトマトソースも本格的で、見た目のクオリティはもちろん、味の美味しさに思わず驚く一品です。


画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
その他にも、カラフルなスーパースターのナタデココとさっぱりとしたレモンスカッシュが爽やかな美味しさの「スーパースター・レモンスカッシュ」や、高級スイーツ店も思わずうなる美味しさのハテナ・ブロックティラミスなど、メニュー豊富に取り揃えられています。

キノピオシェフが腕によりをかけてつくる絶品料理の数々を、キノピオ・カフェでぜひお楽しみくださいね!

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

※パークでは、衛生強化対策へのご協力をお願いします。 詳しくはユニバーサル・スタジオ・ジャパン公式WEBサイトをご確認ください。
ライター
Ota chinami 広報・PRに強いライター

鳥取県出身(27)アパレル店員をやめ、スキル0から独学でライターを目指す。現在は計80社以上と仕事するフリーの広報・PRライターとして活動。コワーキングやコミュニティ運営、シェアハウスの立ち上げなども積極的に行っています。旅行施設やホテルの内観を見るのが大好きです。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング