乾期のウユニ塩湖
writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

こんにちは、TABIPPOのルイスです。今回は、ウユニ塩湖の話です。絶景としてテレビ番組でも取り上げられている「天空の鏡」ウユニ塩湖ですが、実は雨期(12月〜4月)に見られる景色です。
乾期(5月〜11月)では違った景色を見ることが出来ますが、まだまだ知られていない!そこで、ウユニ塩湖で乾期に見ることが出来る絶景についてご紹介します。

 

乾期のウユニ塩湖の景色

乾期のウユニ塩湖の景色

photo by Dimitry B.

乾期のウユニ塩湖

photo by Mark Hills

乾期のウユニ塩湖

photo by Javier Ignacio Acuña Ditzel

乾期のウユニ塩湖は真っ白な塩の大地です。実は外国人旅行者には乾期の方が人気があります。7月に訪れた時は、日本人はほとんどおらず、イタリア人やイギリス人達と一緒にツアーに参加しました。

 

乾期のウユニ塩湖なら「イソラ・デ・ペスカド」へ行こう

魚の島 / イソラ・デ・ペスカド

photo by Phil Whitehouse

スペイン語で「魚の島」という意味を持つ「イソラ・デ・ペスカド」は魚の形をしているためそう呼ばれています。塩の平原に浮かんでいる島には、昔インカの人が植えたと言われるサボテンが生えています。周囲の塩湖は真っ白なため、何だか不思議な光景です。乾期のウユニツアーでは定番の場所ですが、雨期には行けないこともあります。

writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事