other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

こんにちは、TABIPPOのみもざです。数百の小島と400以上の橋で構成されているベネチア。どこも絵になるといわれ、誰もが一生に一度は行ってみたいと思う街です。街での交通手段はゴンドラという、想像するだけで素敵な街へ行ってきました。

一生に一度行くのでは足りないと感じてしまうほどのベネチアの魅力についてご紹介したいと思います。

*編集部追記(2016/01/12)
2014年に公開された記事に新たに加えました。
2017年1月に更新された記事に、新たに追加しました。(2017/11/30)
2017年11月更新の記事に新たに追加しました。(2019/3/4)

まずはここ! ベネチアの中心「サンマルコ広場」

photo by pixta

サンマルコ広場周辺には時計塔、サンマルコ寺院、ドゥカーレ宮殿、鐘楼があります。どれも魅力的ではずせません。数々のレストランが椅子を広場に並べ音楽の生演奏が広場に響き渡ります。

鐘楼を上ると展望台から大運河や広場の景色を上から望めるのでぜひ足を運んでみてください。綺麗な時計版がある時計塔からは定時の時間になるとムーア人のからくり式のブロンズ像が鐘を打ち鳴らします。

ベネチアから水上バスでおもちゃのような家が並ぶカラフルな島へ!

photo by pixta

ベネチアから水上バスで40分の場所に位置するブラーノ島。色とりどりのパステルカラーに塗られた家が立ち並ぶおもちゃ箱のような街でどこを切り取っても絵になる街です。それぞれの家に個性があり見ているだけで楽しい街ですが、なぜこんなにカラフルなのか、それは観光用に塗られたのではなくきちんとした歴史と理由があります。

もともとブラーノ島は漁師町で、霧の多い冬になると沖に出た漁師は自分の家がわからなくなってしまうためペンキで色を塗り分けたそうです。ベネチアに行く際はブラーノ島にもぜひ足を運んでみてください。

ベネチアといえばゴンドラ!

photo by pixta

ベネチアと言ったらやはりゴンドラ。ゴンドリエーレと呼ばれるゴンドラ漕ぎが、時にはカンツォーネを歌いながら細い水路を案内してくれます。ゴンドラから眺める水路の景色や建物は地上からとは違って見え、かなり風情があります。

少し料金はかかりますが何百年の歴史があるとされているゴンドラの利用をぜひおすすめします。料金は40分ほどで相場が€80ほどですが€80に加えてチップを要求されることもあるので注意が必要です。船の装飾も豪華でゴンドラの上ではゆったりとした時間が流れ優雅な気分を味わえます!

ベネチアは海の幸もりだくさん!

イタリアに来たのならやはりイタリア料理。ベネチアではアドリア海でとれた魚介類が新鮮で種類も豊富です!特に名物のイカスミパスタは外せません。

イタリアンレストランは値段がかかってしまいますが運河沿いのテラス席でいただくイタリア料理は味もすばらしく、水面にうつる街の光をみながらのディナーは優雅な気分を味わえます。多くの日本人が訪れる観光地なので日本語で書かれたメニューを置いているレストランも多いので安心です。

仮面舞踏会ベネチアカーニバル!

2月末から3月初めの2週間にかけて行われるカーニバルは世界3大カーニバルに数えられ、期間中は美しいマスクとコスチュームをまとった人々によって町全体が仮面舞踏会状態になります。

建築物やその街並みは、どこをとっても絵になる風景なので仮想して写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事