writer
さとみん 憧れの男性はロバート・ラングドン教授

歴女の旅好き。レオナルド・ダ・ヴィンチの追っかけ。 幼少時ドイツに住んでいた際に、両親の影響で旅×歴史に夢中に。古代オリエント史と美術史が好き。いつか古代オリエントの舞台を一気に回るのが夢。憧れの男性はダン・ブラウンが生み出した、ロバート・ラングドン教授。

2019~2020年のシーズン、実は美術、歴史好きの間では密かにあることで盛り上がっていたのです。

1519年5月2日、ひとりの天才が故郷イタリアから遠く、フランスで息を引き取りました。彼の名前はレオナルド・ダ・ヴィンチ。2019~2020年は、彼の没後500年のメモリアルイヤーでした。そのため各地でダ・ヴィンチの功績を讃える展覧会などが開催されていたのです。

メモリアルイヤーを記念して、美術、科学などさまざまな分野で後世に残る大きな偉業を成し遂げたダ・ヴィンチの生涯を辿る旅に出ましょう。

レオナルド・ダ・ヴィンチは一体何を残した人なのか

photo by shutterstock
世界一有名な絵画と言っても過言ではない『モナ・リザ』の作者であることは間違いありません。もちろん他にも素晴らしい絵画を残しています。

さまざまな分野に精通していたと前述しましたが、美術はもちろん、音楽、建築、数学、幾何学、解剖学、生物学、動植物学、生理学、気象学、天文学、地質学、地理学、物理学、光学、力学、土木工学などに精通し、各分野で多くの業績と色々なアイディアをまとめた膨大な量の手稿(メモ)を残しました。

解剖学に関しては実際に騎馬像を作る依頼を受けた際には死んだ馬の解剖をし、筋肉や骨格から学び制作を始めました。また上下水道システムや、戦車、飛行機などたくさんアイディアを雇い主に提案していました。しかし残念ながら、当時は画期的すぎたり、情勢的になかなか協力を得られず実現はしなかったのです。

photo by shutterstock

後世になって研究者たちがレオナルド・ダ・ヴィンチのアイディアを形にして検証しています。音楽の才能もあり、「リラ(おそらくリュート)」という楽器の名手だったとのこと。そして絵画においては「空気遠近法」という「遠くのものは色が変わり、境界がぼやける」という事象を絵画に起こす方法を生み出しました。

つまり500年前に、この先の人類がたどり着くさまざまな分野の技術や知恵を一人で持ち合わせ、後世に残したまさに「万能の天才」なのです。もし、あの時レオナルド・ダ・ヴィンチのアイディアが採用されていたら、歴史は変わっていたのかもしれません。

レオナルド・ダ・ヴィンチの出身地、ヴィンチ村へ

photo by Satomin

レオナルド・ダ・ヴィンチという名前ですが、「ヴィンチさん宅のレオナルド」ではないのです。正式な名前は「レオナルド・ディ・セル・ピエロ・ダ・ヴィンチ」といい、「ヴィンチ村のセル・ピエロの息子のレオナルド」なのです。

ヴィンチ村へはイタリア、フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ中央駅から電車で西のエンポリ駅へ行き、さらにバスに乗り換えて向かいます。イタリアは国鉄と高速鉄道も発達しているので、この中央駅はミラノやローマなどからの電車も集まってくるため、ホームがたくさんあリます。私は前日に切符を買っておき当日ホームを探すだけにしておきました。

photo by Satomin

切符売り場は一か所しかありません。エンポリ駅まで、往復のチケットを買っておきましょう。イタリアの鉄道は直前まで自分が乗りたい電車がどのホームに来るかがわかりません。いつもたくさんの人が電光掲示板を見ていて、目当ての電車が表示されると一斉にそのホームに向かいます。

私は朝早く出発したので逆に誰もおらず、近くにいた駅員さん二人くらいに切符を見せてこの電車で間違いないかを確認しました。フィレンツェ旧市街は世界遺産に登録されているので、昔ながらの街並みが広がりますが、少し電車に乗ったら住宅街へと景色が変わります。

そして住宅街を抜けると、眼前にイタリアの田園風景が広がり始めます。エンポリ駅へは乗り換えなしで、ちゃんとアナウンスもしてくれるので、しばらくの間はスマホを置いて風景を楽しみましょう。景色を眺めているうちにあっという間にエンポリ駅につきます。

photo by Satomin

エンポリ駅について改札を出ると、売店が1店舗ありそこでバスのチケットを購入できます。エンポリ駅からバスは何路線かあり、私が行った時はこの時刻表のバス停からヴィンチ村行きのバスに乗りました。(念のため案内所で確認しました。)

ヴィンチ村へ行くバスも限られているので、到着した時間によっては待つことになるので注意が必要です。

photo by Satomin

海外のバスは日本のバスのように「次は◯◯」と言ってはくれません。この時ばかりはGoogle Mapをフル活用しましょう。運転手さんに「ヴィンチ村で降りたいから教えて欲しい」と言っても、英語がわかっていない可能性があります。イタリアも観光地は英語が通じますが、ちょっと田舎に行くと英語があまり通じません。

私も「バス!チケット!ホエア(Where)!?」と、まるで某テレビ番組に出てきそうなやり取りをイタリア人としました。最終的に私と運転手さんの会話を聞いていた乗客の方が、ヴィンチ村に着いたことを教えて下さりました。さぁ、いよいよヴィンチ村に到着です!

writer
さとみん 憧れの男性はロバート・ラングドン教授

歴女の旅好き。レオナルド・ダ・ヴィンチの追っかけ。 幼少時ドイツに住んでいた際に、両親の影響で旅×歴史に夢中に。古代オリエント史と美術史が好き。いつか古代オリエントの舞台を一気に回るのが夢。憧れの男性はダン・ブラウンが生み出した、ロバート・ラングドン教授。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング