オーストラリアのワーホリで入国して最初にやるべき5つのこと

Pocket はてブ

オーストラリア行きの航空券とワーキングホリデービザを取得したら、いざオーストラリアへ出発!

語学学校や英語力アップ、ラウンドやサーフトリップなど、ワーキングホリデーの目的は人それぞれですが、ワーキングホリデービザでオーストラリアに入国したら、まずやらなくてはいけない手続きなどがあります。

うまくいけば最初の1〜2週間で終わらせることができると思います。英語を使って自分でやることで今後の自信にも繋がっていくので、がんばってやってみましょう。

 

1.口座開設

pixta_19318661_S

口座開設に必要なものは、パスポートと最低預金額50ドル程度です。

口座開設は、入国してから6週間以内におこないましょう。入国から6週間を過ぎると銀行口座開設に必要な身分証明がパスポート以外にも必要になってきます。

 

代表的な都市銀行はこちらの4つ。

  • ANZ Bank(オーストラリアニュージーランド銀行)
  • Commonwealth Bank(コモンウェルス銀行)
  • Westpac Bank(ウェストパック銀行)
  • National Australia Bank(ナショナルオーストラリア銀行)

 

キャッシュカードは口座開設から1、2週間後、指定した郵送先に送付されます。

オーストラリアでは、普通の買い物の支払いでもカードを使うことが多いです。キャッシュカードには、エフトポス(EFTPOS)という日本のデビットカードのような便利な機能が付いていて、支払いと同時に銀行口座から引き落としてくれます。

 

普通口座の開設と合わせて、インターネットバンキングの口座も開設しておくと便利です。

 

2.タックスファイルナンバー(TFN)の取得

Tax Payment Financial Economy Accounting Concept

タックスファイルナンバー(TFN: Tax File Number)とは、納税者番号のことです。オーストラリアで働く場合には、ビザの種類に関わらず必ずタックスファイルナンバーを取得し、雇用主に見せなくてはいけません。

 

ATO(Australian Taxation Office)のサイト からオンラインで申請できます。
(すべて英語ですが、いろいろな日本語サイトがマニュアルを出しています。)

オーストラリアに入国してからでないとこの申請はできません。申請後1〜2週間で証書が指定した郵送先に送付されます。

 

3.携帯電話の取得

Coffee Shop Shopping Relaxation Purchase Youth Concept

オーストラリアでも、日本と同じように携帯電話は日常生活の必需品となっています。

ワーホリや留学生は滞在期間が限られているため、通常の携帯電話の契約プランでは難しく、日系のレンタル携帯電話を使用するか、プリペイドSIM携帯電話を使用するかのどちらかになります。

 

レンタル携帯電話は、最初に本体のレンタル料を支払い、毎月の使用料を支払っていきます。契約にはクレジットカードが必要です。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

Satoko
バックパッカー、ワーホリ、一人旅、働きながら旅をし、旅をしながら暮らしてきました。昨年、結婚し、現在は夫婦で暮らしながら旅をしています。 料理とお酒と音楽が大好物!

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

ワーホリ

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品