tabippo
小井詰 祥予 TABIPPO / デザイナー

HOLA!チリ育ちの日本人、トリリンガルです。TABIPPOで雑貨や書籍の企画や制作、全体のクリエイティブを担当するデザイナー。言葉やデザインで旅の良さを広げたい。リモートワークを駆使しながらフルタイムで働く2児の母。旅も仕事も自分のことも、自由で欲張りに、好きなことをして生きてます。

サワディーカー!TABIPPOデザイナーのさちです。世界で行ってみたいところがたくさんあるのですが、その中のひとつがタイのチェンマイで11月に開催されるコムローイ。

いつか行ってみたい!ゆっくりと夜空に舞い上がるオレンジ色のランタンを見上げたい!と思っていましたが、そんな夢が叶ったのは去年のこと。旦那の弟がタイで仕事をすることになり、このタイミングで行っておこう!と家族4人で行くことにしました。


3歳の息子と1歳の娘を連れて7時間のフライトは長丁場なので、空港のキッズスペースでたっぷり遊んでから機内へ。

まだ小さいので、大きくなったらタイへ行った記憶はほとんど忘れているかもしれません。でも、海外に行った経験やうっすら残る記憶は、きっと好奇心や興味の幅が世界に向きやすいのではないかと思っています。

子供の目線から見るタイの景色


タイへ到着!空港から宿へタクシーで向かう中、息子が3人乗りで子供も乗っているバイクを見つけて、「みて!たくさんのってるよ。こどもものっていいの?」と聞いてきたのがとても印象的でした。

日本とは違うことをすぐに発見して疑問をもつ。日本でもできることだけど、海外だとそういった発見がしやすくて子供にもすごく刺激的なんじゃないかなと思います。


乗り合いトラックのソンテウを貸し切った時も、よく外が見えるので、子どもたちは街中の様子をじっくりと眺めていました。

日本では体全体で風を感じて車に乗ることは中々ないので、いつもと違った雰囲気を体感させてあげられるのも嬉しいもの。がたがたと揺れる道のりもふたりとも楽しそうでした。


初めての象乗り体験


チェンマイは、おしゃれなカフェがたくさんあることでも有名ですが、子供たちが楽しめる場所へ行こうと思い、象に乗れるメーサーエレファントキャンプへ行きました。行く場所などは事前に調べることが多いのですが、迷子になった時のことを考えてグローバルWiFiも借りていったので安心。


たくさんの象を見れるこの場所では、象が絵を書いたりサッカーをするなど、エレファントショーが行われます。

そしてタイに行ったら体験したかったことのひとつが象乗り体験!今まで見たことあるのは、遠く離れたところでのんびりしている動物園の象たち。こんなに間近で活発な象は初めてなので、2人ともびっくりして怖そうでした。

不安げだったのですが、いざ乗ってみよう!となると怖がらずに乗ることができて、特にお兄ちゃんは「ぞうさんたかいね〜」とどしんどしんと揺れる大きな背中を楽しんでいました。


人に慣れている象たちなので記念写真も撮らせてもらいました。象からのキスは力強くて鼻息が荒いので、大人でもびっくりするほど。普段触ることができないので、なでてみると肌はざらっと固く、はえている毛は案外硬い。私にとっても、いい体験になりました。

子供にも美味しいタイ料理


夜はチェンマイナイトバザールへ。入り口に色とりどりの装飾があり、たくさんの人が撮影をしていました。子どもたちも、なんだこれと興味津々。

中へ進んでいくと出店がずらっと並んでいて、タイパンツやTシャツ、アクセサリーやかばんなども販売していました。途中にごはん屋さんが並ぶ場所があったので、そこで夜ご飯を食べることに。


パッタイやチャーハン、鶏の串焼きなどを注文して、子どもたちもぱくぱくと食べていました。安くて美味しいお店が多いので、色々注文してみんなでシェアして食べられるのも屋台のいいところ。私も大好きなタイ料理をたっぷり味わいました。


鶏肉にかぶりついてる娘の食べっぷりもよかったです。とってもワイルド。


帰り際には、カラフルで可愛い手まりを気に入り、自分へのお土産として買って帰りました。それほんとにその後遊ぶの?と親としては疑いながらも、まぁ可愛いし気に入ったならいいかなと、海外ではお財布の紐がゆるくなりがちなので注意しなくてはいけません。

tabippo
小井詰 祥予 TABIPPO / デザイナー

HOLA!チリ育ちの日本人、トリリンガルです。TABIPPOで雑貨や書籍の企画や制作、全体のクリエイティブを担当するデザイナー。言葉やデザインで旅の良さを広げたい。リモートワークを駆使しながらフルタイムで働く2児の母。旅も仕事も自分のことも、自由で欲張りに、好きなことをして生きてます。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング