ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

美しい海を眺めることができる逗子エリア。京急線の新逗子駅、もしくは横須賀線の逗子駅で降りたら、海沿いを歩いて散策してみましょう。マリンアクティビティを楽しめるのはもちろん、情緒感じる寺社仏閣や絶品グルメも堪能できます。

本記事では、逗子観光で行きたい観光スポットを時間ごとにまとめました!逗子にお出かけの際は、ぜひ参考にしてみてください。

Morning(6:00-10:00)の逗子観光

朝早い時間は空いているお店も少ないので、まずはゆっくりと寺社仏閣をまわったり海沿いのカフェでのんびりコーヒーを飲んで落ち着いた時間を過ごしましょう。

重要文化財も見られる「神武寺」


photo by pixta

神武寺までの最寄駅は、京急線の「神武寺駅」やJR「東逗子駅」。724年に十一面観音、釈迦如来、薬師如来の3つ像を彫って祀ったことが神武寺の始まりと言われているそうです。本殿の客殿宝珠殿には、この3つの像「阿弥陀三尊」が祀られています。

中は立ち入り禁止なので普段は阿弥陀三尊の姿を見ることはできませんが、33年に一度ご開帳されるとのこと。またすす払いが行われる12月13日にも姿を見るチャンスがあるそうです。

■詳細情報
・名称:神武寺
・住所:〒249-0004 神奈川県逗子市沼間2-1402
・地図:
・電話番号:046-871-4565
・公式サイトURL:https://www.jinmuji-kanzoin.com/

「BAREFOOT COFFEE」でコーヒータイム


photo by Abe saxophone

「BAREFOOT COFFEE」は海沿いにあるカフェで、とても解放的な雰囲気。お店でコーヒーを飲むのもいいですし、テイクアウトして目の前の海を見ながらのんびりするのもおすすめです。

近くを歩いていると、サーフィンやマリンスポーツ帰りの人を多く見かけます。そんな光景が見られるのも、逗子ならではですね。

■詳細情報
・名称:BAREFOOT COFFEE
・住所:神奈川県逗子市新宿1-4-31
・地図:
・営業時間:9:00~11:30
・電話番号:046-854-4937
・公式サイトURL:https://www.facebook.com/zushibeach/

逗子で朝に寄りたいスポット

・逗子海岸を一望できる「なぎさ橋珈琲 逗子店」へ。
・夏限定の「海の家 3X6」で海を見ながらチルタイム。

逗子観光で行きたいおすすめスポット

・「亀岡八幡宮」で商売繁昌・家内安全をお願い。
・721年に創建された「岩殿寺」で1300年もの歴史を感じる。
・徳富蘆花(とくとみろか)の小説「不如帰」の舞台となった「浪子不動」へ。

Noon(11:00-13:00)の逗子観光

SNSで「逗子グルメ」「逗子カフェ」と検索をしてみると、とてもおいしそうな写真やお店をたくさん発見しました。今回はそのうちの何軒かをご紹介します。

「小坪漁港」で釣りに挑戦!


photo by pixta

少し前までおじさんのイメージがあった釣りですが、最近では若者や家族連れで釣りを楽しむ人も多く見かけます。小坪漁港は逗子唯一の漁港で、そのまわりではタコやキスが釣れるそうです。漁師小屋で新鮮なタコを買うこともできますよ。

また毎年1月2日は、「みかん投げ」というみかんを投げる行事が行われます。そのみかんを食べると1年厄除けの効果があると言われています。

SUNDOWNER 東京オムレツ


photo by Abe saxophone

初めて見た人は、そのボリュームに驚くはず!「SUNDOWNER 東京オムレツ」は今まではフードトラックやイベントで出店していましたが、2019年に新逗子にお店を構えたそうです。店名に入っている通り、こちらの名物はオムレツ。特に人気を集めているのが大ボリュームのオムレツサンドです。


photo by Abe saxophone

なんと卵を5つも使用しているそうで、ふわふわとろとろの卵がたまりません。人気店ということもあり、日曜日に訪問した際は前に4人ほど並んでいました。

テイクアウトもできるので、事前にお店に連絡をしておくとスムーズに受け取れますよ。

■詳細情報
・名称:SUNDOWNER 東京オムレツ
・住所:神奈川県逗子市逗子6-5-1 藤和5番館 W&G 2F
・地図:
・営業時間:(火〜日)11:00〜20:00(19:15L.O.)売り切れ次第終了
・定休日:月曜日
・電話番号:046-815-6482
・公式サイトURL:https://www.instagram.com/sundownertokyoomuretsu/

逗子で食べたい名物グルメ

・「シーサイドイタリアンカンティーナ」で贅沢ランチ。
・漁港側の「魚佐次」で新鮮な海鮮を食べてみたい!
・「リストランテAO 逗子マリーナ」のオーシャンビュー席でイタリアンをいただく。
・老舗の日本料理店「魚勝」で海鮮丼を頬張りたい。

Afternoon(14:00-17:00)の逗子観光

ランチを食べた後は、少し体を動かしてみませんか?高台に登って逗子の街を一望したり、マリンスポーツに挑戦したりしてみましょう。

「蘆花記念公園」から絶景を眺める


photo by pixta

蘆花記念公園は、小説「不如帰」が有名な明治の文豪・徳富蘆花(とくとみろか)の名前が名付けられた公園。逗子・葉山、江ノ島など湘南エリアの景色を一望できます。

四季折々の植物や花を見られるのも特徴。四季を通して散策を楽しめます。

■詳細情報
・名称:蘆花記念公園
・住所:神奈川県逗子市桜山8丁目2275
・地図:
・アクセス:「新逗子駅」から徒歩で約8分
・公式サイトURL:https://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/ryokusei/kouenn/-1roka.html

逗子海岸でSUPに挑戦


photo by pixta

天気のいい日には、逗子海岸でマリンスポーツに挑戦しましょう。初心者でも簡単にできるのが、スタンドアップパドルボード(SUP)です。ボードの上に立ってパドルを漕いで進み、海を楽しむアクティビティです。

逗子海岸では約5,000円〜から気軽にSUP体験ができます。ウェットスーツを着て行なうので、涼しくなった秋頃でも楽しめますよ。

カップルにおすすめ!逗子のスポット

・「CINEMA AMIGO」でおしゃれに映画鑑賞。
・友達と、家族と、恋人と。夏は逗子海岸で海水浴を楽しもう。
・「逗子紡氣」でサンドアートに挑戦。

逗子の自然豊かな観光スポット

・「大崎公園」から江ノ島方面を見渡してみたい!
・桜の季節には「桜山中央公園」でのんびりお花見したい。

ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング