スクリーンショット(2016-04-21 23.17.11)

ガンを宣告された女性が、13日間で「世界の七不思議」を制覇する旅に出た

スクリーンショット(2016-04-21 23.17.11)
Pocket はてブ

2007年、スイスに在る新世界七不思議財団(New7Wonders Foundation)によって、「新・世界七不思議」が発表されました。メキシコの「チチェン・イッツァのピラミッド」、ペルーの「マチュピチュ」、ブラジルの「コルコバードのキリスト像」など。

この世界の七不思議を、たった13日間の弾丸旅行で巡った女性がいます。

 

旅に出たきっかけは「ガン宣告」

スクリーンショット(2016-04-21 23.17.11)

photo by Megan Sullivan

旅に出たのは、アメリカ人のミーガン・サリヴァンさん。ヨセミテ国立公園でロッククライミングしている最中に15メートルの高さから落下し、一週間後には車にはねられてしまいます。そしてさらに、皮膚がんであるとの宣告が。

ミーガンさんはガン宣告を受けた2週間後、「もっと“今”を生きる」ことを決意します。その後、わずか13日という期間で世界の七不思議をまわる旅に出るのです。

 

1日目:チェチェン・イツァ(メキシコ)


 

2日目:マチュピチュ(ペルー)

 

4日目:コルコバードのキリスト像(ブラジル)

 

6日目:コロッセオ(イタリア)

 

8日目:ペトラ遺跡(ヨルダン)

 


11日目:タージ・マハル(インド)

1 2
Pocket はてブ

Writer

*コンテンツディレクター* 高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

世界遺産