まさに栄枯盛衰!廃墟と化した4つのオリンピック会場

Pocket はてブ

その都市だけでなく、国家的にも一大行事であるオリンピック。作られる箱モノのスケールも数も、並大抵のものではありません。

商業主義が推し進められるようになった80年代以降のオリンピックでは、数々の箱モノが作られるようになりました。

 

もちろんプランニングする段階では会期終了後も使われるように計画されるオリンピック会場ですが、残念ながら予定通りに使われずに廃墟となってしまう会場も数多くあります。

中にはオリンピックで使った会場のほとんどすべてが廃墟と化している場所もあるようですね。そこで今回は、栄枯盛衰を感じる廃墟と化した元オリンピック会場をご紹介します。

 

北京オリンピック(中国)

鳥の巣のメインスタジアムで有名な北京オリンピック。まだ記憶に新しい方も多いと思いますが、ビーチバレーなど一部のマイナー競技に使われた会場はすでに廃墟と化しているところも多くなっています。

特にオリンピックにあたって新規に作った会場に、廃墟と化しているところが多くなっていますね。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

mery_72
北海道札幌市在住。北海道を中心に国内旅行が好きでよく旅をしています。北海道は移動が大変な反面、素晴らしい景観や自然がそこかしこにあり、日がな車を走らせています。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

オリンピック

FEATURED特集

特集一覧へ