シュンドルボン

純粋で、素朴で、素敵な国「バングラデシュ」の世界遺産まとめ

シュンドルボン
Pocket はてブ

バングラディッシュは1971年に独立した、ガンジス河下流域デルタ地帯にある国です。緑のバッグに赤い丸という日本に似た国旗を掲げており、初代バングラデシュ大統領が国旗制定の際に日本の日の丸を参考にした、とされています。

人口は1億5千万人を超え、シンガポールやバーレーンなどの面積の小さい国を除くと世界で最も人口密度の高い国です。今回はバングラディッシュを代表するイスラム建築であるバゲルハットをはじめ、バングラディッシュに現存する世界遺産3カ所すべてをご紹介します。

 

シュンドルボン

シュンドルボン

photo by Sayamindu Dasgupta

シュンドルボン

photo by Sayamindu Dasgupta

ガンジス川の河口に広がる広大なデルタ地域にある世界最大規模のマングローブ。シュンドルボンとは「美しい森」という意味で、ここのマングローブは満潮になると海水に浸るために特殊な生態系が見られます。

陸に住む動物と水中の動物達が共に暮らし、人の手が入らない野生と自然の宝庫となっています。1997年に世界自然遺産に登録されました。

 

バゲルハットのモスク都市

バゲルハットのモスク都市

photo by The HungryCoder

かつて住民を悩ませていた塩害のあった低湿地は、ハーン・ジャハーン・アリーによってイスラムの宗教都市へと生まれ変わりました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

前田塁
TABIPPO.NET編集長
慶應義塾大学商学部卒。大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズまでを担当するフルスタック編集長です。ツイートは旅行とテクノロジーと宇宙が多め。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

世界遺産

FEATURED特集

特集一覧へ