メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯

7000年の歴史!古代から続くエジプトの世界遺産まとめ

メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯
Pocket はてブ

古代から文明が栄え、7000年の歴史を持つエジプトではギザ、ルクソールにあるピラミッドや神殿の他、シナイ半島のビーチリゾート、バックパッカーに人気があるダイビングスポットのダハブなど様々な観光地があります。今回は、エジプトの世界遺産に絞って、全7ヶ所を紹介します。

 

メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯

世界的にも有名な世界遺産の一つ、未だにその建設方法が謎に包まれたままのピラミッド地帯です。ギザ高原に建つ有名なクフ王、カフラー王、メンカウラー王のピラミッドは、架空の彫像スフィンクスによって見守られています。

これら三大ピラミッド以外にも多数のピラミッドが世界遺産に登録されており、太古の謎と神秘を今に伝える文化財です。

メンフィスとその墓地遺跡-ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯

photo by Roderick Eime

 

古代都市テーベとその墓地遺跡

現在のルクソールにある古代都市遺跡テーベ。かつてはエジプトの都でしたが、デルタへの遷都後は、重要な宗教都市としての地位を保っていました。

旧約聖書にはアメン神の都市という意味のノ・アモンと呼ばれており、テーベにはアメン信仰の総本山であるカルナック神殿があります。1979年に世界文化遺産に登録されました。

古代都市テーベとその墓地遺跡

photo by Christopher Michel

古代都市テーベとその墓地遺跡

photo by Christopher Michel

 

アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群

1960年代、ナイル川沿いに残っていた多くの古代遺跡郡がアスワン・ハイ・ダムの建設計画による水没の危機にさらされ、救済活動が行われました。

岩窟神殿やアブ・シンベル大神殿は丘の上に、イシス神殿はアギルキア島に移築されるなど、数多くの遺跡が保護されました。これらの歴史的価値が評価され、1979年に世界文化遺産に登録されました。

アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群

photo by Dennis Jarvis

アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群

photo by Son of Groucho

アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群

photo by Dennis Jarvis

 

カイロ歴史地区

ナイル川流域で発展したアフリカ最大の都市カイロには古代エジプト文明からギリシャ・ローマ帝国、イスラム教やキリスト教など様々な文明が混在しています。

イスラム圏における最大の都市でもあり、街のいたるところにモスクが建てられており、優れたイスラム建築が立ち並ぶカイロ歴史地区は1979年に世界文化遺産に登録されました。

カイロ歴史地区

photo by Charlie Phillips

カイロ歴史地区

photo by Andrew A. Shenouda

 

聖カトリーナ修道院地域

聖書の伝説で、モーセが神より十戒を授かったといわれるシナイ山。シナイ山の麓にある聖カトリーナ修道院には、3世紀に聖カトリーナの遺体が天使によって運び込まれたという言い伝えもあります。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ルイス
前田塁
TABIPPO.NET編集長
慶應義塾大学商学部卒。大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズまでを担当するフルスタック編集長です。ツイートは旅行とテクノロジーと宇宙が多め。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

エジプトのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ