まだ見ぬフィンランド: 大自然が育んだ、ぜいたくな伝統料理に舌鼓

Pocket はてブ

こんにちは。写真家の上田優紀です。6月中旬にフィンランド西海岸への取材を行ってきました。

フィンランド西海岸を1週間周って、たくさんのおいしい食事を食べてお酒を飲んできました。フィンランドといえばサーモンが有名ですが、それだけではありません。

今回は旅の大きな楽しみでもあるフィンランドのおいしいごはんとお酒についてご紹介したいと思います。

本特集「まだ見ぬフィンランド」のコンテンツまとめ
第1話:国の玄関口「ヘルシンキ」は夏でも楽しめる街だった
第2話:年に一度のお祭り騒ぎ!「ヘルシンキデー」は街中に食と音楽が溢れてた
第3話:唯一の世界自然遺産クヴァルケン群島に言葉を失う
第4話:静かに広がる絵本の世界。世界遺産「ラウマの旧市街」を歩く
第5話:大自然が育んだ、ぜいたくな伝統料理に舌鼓
第6話:人に優しくなれる国。西海岸で過ごした、癒しの6日間

 

みんな大好きなのはやっぱりサーモン

001A1776

photo by yukiueda

001A2945

photo by yukiueda

やはりフィンランド料理と言えば外せないのが、サーモンです。

フィンランド人も大好きなサーモンはランチでもディナーでも大活躍!食べ方も色々でマリネやソテーしたもの、また、サンドイッチやスープの具にも使われえています。

頭で出汁をとったり、サーモンには捨てるところがないとフィンランド人は口を揃えて言っていました。

 

お肉も食べたい!おすすめは鹿肉

001A3631

photo by yukiueda

サーモンやクハと呼ばれる白身魚など本当に多くの魚料理を目にすることが多いのですが、おいしいお肉もたくさんあります。

現地のブランド豚で作ったソーセージもおいしかったけど、一番のおすすめはフィンランドの森で捕れたジビエ料理。

 

今回の取材中に鹿を食べる機会があったのですが、臭みも全くなく肉厚で柔らかく今思い出してもよだれが止まらない一品です。

 

付け合せに欠かせないジャガイモ

001A3387

photo by yukiueda

フィンランド国民が1人あたり年間62.5キロも消費するジャガイモも、フィンランド料理から切っても切り離せない一品です。

前菜や付け合せに欠かせないもので1日も食べない日はありませんでした。

 

18世紀頃からよく食べられるようになったのですが、開拓当初の痩せた土地でも作りやすいジャガイモが広く普及するようになったという歴史があるそうです。

 

デザートに欠かせない色とりどりのベリー

001A2977

photo by yukiueda

001A4852

photo by yukiueda

おいしい食事の後の楽しみといえばデザートですよね!そしてフィンランドといえばベリーを使ったデザートが欠かせません。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

上田優紀
上田優紀
絶景大好き!旅大好き!!なフォトグラファー。1年以上をかけて世界一周し、約40カ国を訪問。フリーフォトグラファーとして皆さんが旅したい!という気持ちになるような写真と記事をお届けできるよう頑張りま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

ご当地グルメ