フィンランド

フィンランドの観光スポット34選

フィンランド
Pocket はてブ

フィンランドといえば、生誕100周年を迎えた日本でも人気のキャラクタームーミンの生まれた国として知られています。北欧デザインなどおしゃれなイメージも強く、いつか北欧に行ってみたいと夢見ている人は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ムーミンだけじゃない!フィンランドの観光スポットをご紹介いたします!

*編集部追記
2016年9月の記事に新たに4選追記しました。(2017/12/4)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

フィンランドに行ってみての感想

Photo by:新田浩之

フィンランドを訪れたのは今から9年前、2008年のことです。首都ヘルシンキのみの訪問でしたが、とても有意義な旅でした。フィンランドの治安はまったく問題はありませんでした。

海外旅行ビギナーの方でも安心して旅ができます。敢えて注意点を書くと物価の高さには気をつけたいところ。スーパーの惣菜を利用しながら、賢く旅行したいですね。

 

観光する際のアドバイス

Photo by:新田浩之

私は9月にヘルシンキを訪れましたが、とても寒かったことを覚えています。9月に訪れる時でも冬の装備で行きましょう。もちろん、冬に訪れる場合は日本の冬以上に装備が必要です。

物価が安い国ですと現地で調達することもできますが、フィンランドをはじめとする北欧諸国は物価が高いのでおすすめしません。

 

ベストスポット

Photo by:新田浩之

個人的におすすめしたいスポットは、ヘルシンキにあるテンッペリアウキオ教会です。この教会の建物は本当にユニーク。日本ではまず見られない岩の教会です。

そのため、音響効果は抜群。オルガンの美しい音色が反響します。なお、岩の教会なので外よりも寒い場合があります。

 

*編集部追記(2017/12/4)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

ヘルシンキ

ヘルシンキ大聖堂


まるで天空に浮いているような神秘的な白亜の大聖堂です。目の前の元老院広場はフィンランド最大の広場で、広場の中央にはロシア皇帝アレクサンダー2世の像がそびえ立っています。

■詳細情報
・名称:Helsingin tuomiokirkko
・住所:Unioninkatu 29, 00170 Helsinki
・アクセス:ヘルシンキ中央駅徒歩約5分。トラム1、1A、7A線の「Hallituskatu」駅すぐ
・営業時間:9時~18時 夏季(6~9月)は24:00まで
・定休日:無休(特別イベント開催中は立ち入り不可)
・電話番号:+358 9 2340 6120
・公式サイトURL:http://www.helsinginseurakunnat.fi/

 

スオメンリンナの要塞

#sightseeing #royallinehelsinki #fortressofsuomenlinna #suomenlinnaisland #helsinki #finland #nofilter

kayleigh rayeさん(@kayleighraye)が投稿した写真 – 2016 7月 18 4:34午前 PDT


ヘルシンキから2.6km沖合にあるスオメンリンナの要塞群は、ヨーロッパの軍事建造物の一つとしてユネスコの世界遺産にも登録されて今さう。往復5ユーロのフェリーに乗ってヘルシンキから15分で到着します。

島自体に入るのは無料ですが、フェリーでしかいけないためフェリーの運賃が必要になります。ヘルシンキカードをお持ちの場合にはそこにフェリーの代金も含まれていますよ。

■詳細情報
・名称:Fortress of Suomenlinna
・住所:Suomenlinna C1, Helsinki 00190, Finland
・アクセス:ヘルシンキよりフェリーで15分
・営業時間:島自体はフェリーの運行時間に準じ6時〜26時
・定休日:無休(島内の博物館は各々の休館日による)
・電話番号:+358 (0)295 338 410
・料金:無料。(島内の博物館に入る場合は各々の料金がかかります)
・公式サイトURL:http://www.suomenlinna.fi/ja/

 

セウラサーリ野外博物館

#seurasaari #heksinki

lady_darkness_6さん(@lady_darkness_6)が投稿した写真 – 2016 8月 5 7:53午前 PDT


セウラサーリ屋外博物館の敷地内には気持ちのいい森林が広がり、その中に、17世紀~20世紀初頭にかけてフィンランド各地で造られた民家や教会が移転され点在しています。

日本の日常とは全く別世界の風景が広がり、気持ちいい北欧の自然と文化を合わせて感じられますよ。

■詳細情報
・名称:Seurasaari Open-Air Museum
・住所: Seurasaari, Helsinki 00250, Finland
・アクセス:24番バスの「セウラサーリ」停留所徒歩1分
・営業時間:5月15日~5月31、9月1~9月15は9~15時(土・日曜11~17時) 6~8月は11~17時
・定休日:5月15日〜9月15日以外
・電話番号:358 9 4050 9660 (夏期)/ 358 9 4050 9574 (冬季)
・料金:8ユーロ
・所要時間:1〜6時間
・公式サイトURL:http://www.kansallismuseo.fi/fi/seurasaari

 

エテラ港のマーケット広場


エテラ港からはロシア行きやスウェーデン行きの船も出ており、大変賑わいのある港です。日曜日を除く毎日開催されているマーケットでは海の幸山の幸だけでなく、民芸品や日用品まで様々なものが売られています。

夏期は日曜日も開かれ、いつも以上の賑わいです。歩いているだけでも楽しいですよ。

■詳細情報
・名称:Eteläsataman kauppatori
・住所:Eteläsatama, 00170 Helsinki
・アクセス:ヘルシンキ中央駅徒歩13分¥。トラム1A、2番「Kauppatori」駅すぐ
・営業時間:月~土曜8時~16時
・定休日:日(夏期は日曜日の営業もあり)
・料金:無料

 

ウスペンスキー大聖堂


こちらの大聖堂は北欧最大のロシア正教の教会です。赤レンガ造りの外装が特徴的で、ヨーロッパの大聖堂はもう見飽きたという方でもその雰囲気の違いに気づくはずですよ。

■詳細情報
・名称:Uspenskin Cathedral (Uspenskin Katedraali)
・住所:Kanavakatu 1, 00160 Helsinki
・アクセス:ヘルシンキ中央駅から東方向に徒歩約12分、トラム4番「Tove Janssonin puisto」下車徒歩約3分
・営業時間:火~金 9時30分~16時(夏季は19時まで) 土曜10時~15時 日曜12時~15時
・定休日:月曜日(その他、イベント開催中は立ち入り不可)
・電話番号:+358 9 85 646 200
・公式サイトURL:http://hos.fi/fi/uspenskin-katedraali#_=_

 

カンピ礼拝堂

#kissed by the #sun #kamppi #chapel of #silence #architecture #helsinki #finland

Carloさん(@carlitos4679)が投稿した写真 – 2016 8月 28 3:53午前 PDT


丸い木の船のような個性的な外観のカンピ礼拝堂は、シンプルで木のぬくもりが感じられる素敵な礼拝堂です。入場も無料のため、多くの観光客が訪れます。

■詳細情報
・名称:Kamppi Chapel of Silence
・住所:Simonkatu 7, Helsinki 00100, Finland
・アクセス:地下鉄「カンピ」駅よりすぐ
・営業時間: 月〜金 7時〜20時 土・日 10時〜18時
・定休日:無休
・電話番号:3580923402018
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.helsinginseurakunnat.fi/yhteinentoiminta/yhteinenseurakuntatyo/kampinkappeli_1.html

 

テンッペリアウキオ教会

Visiting the Rock Church #helsinki

@sarahclassenyegが投稿した写真 – 2015 9月 21 4:52午前 PDT


テンッペリアウキオ教会は岩(石)の教会とも呼ばれ、自然の岩で作られています。目線上側に大きく切り取られた窓から自然光が差し込み、ゴツゴツした岩を柔らかく照らす様子はなんとも美しく、他の教会にはない魅力が満載です。

■詳細情報
・名称:Temppeliaukion kirkko(Temppeliaukio Church / Church of the Rock)
・住所:Lutherinkatu 3, Helsinki 00100, Finland
・営業時間:月~土 10時〜17時 日 11時45分〜17時 (夏季は17時45分まで)
・定休日:無休
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.helsinginkirkot.fi/en/churches/rock-church-temppeliaukio#_=_

 

シベリウス公園


海岸沿いに広がる気持ちの良い公園。海を望む園内の丘の上には、フィンランドの国民的作曲家ジャン・シベリウスの顔面彫刻とパイプのモニュメントがあり多くの観光客のフォトスポットとして人気です。

■詳細情報
・名称:Sibeliuksenpuisto
・住所:Sibeliuksenpuisto, Mechelininkatu, 00530 Helsinki
・アクセス:ヘルシンキ中央駅徒歩25分。トラム2、4、7A、10番「Töölön halli」駅徒歩10分
・営業時間:常時
・定休日:無休
・料金:無料
・所要時間:1〜2時間
・公式サイトURL:http://www.visithelsinki.fi/sv/se-och-upplev/sevardheter/sibeliusmonumentet#_=_

 

アテネウム美術館


ヘルシンキ中央駅からすぐのところにあるためアクセスもしやすく、多くのフィンランド芸術家の作品が収められているのでフィンランドのアートの歴史に触れられます。その他にもゴッホやシャガールなどの作品もあり見所満載の美術館です。

■詳細情報
・名称:Ateneum Art Museum
・住所:Kaivokatu 2, Helsinki 00100, Finland
・アクセス:ヘルシンキ中央駅よりすぐ
・営業時間: 火金 10時〜18時 水木 10時〜20時 土日 10時〜17時
・定休日:月
・電話番号:0294 500 401
・料金:13ユーロ
・公式サイトURL:http://www.ateneum.fi/?lang=en

 

ヘルシンキ現代美術館 (キアズマ)

– – No. 100* – “Spark” by me, 🇫🇮🇺🇸 – They wear you down, I know they do Old narratives so dark and light So deconstruct those structures Make them a pyre to bright the night ~ Your senses strain under shifting weights Of burdens light and dark My son, I love you – rest where you are Draw your breath. Make your peace. Find your spark. – – *Tribute to 🇫🇮 for my 100th post. This shot is my favorite. It was also originally one of my first 10, but I always thought the processing needed some work. Full disclosure: I’ve deleted some pics, so “100” is a bit arbitrary!🙂 – – #kiasma #visitfinland #visithelsinki #thisisfinland #igershelsinki #helsinkiofficial #coloryourhelsinki #ig_helsinki #myhelsinki #arkiromantix #ourfinland #bnw_europe #rustlord_bnw #ig_contrast_bnw #pocket_bnw #world_bnw #creative_architecture #noirelovers #bnw_life #bw_lover #bnw_mood #cityexplore #minimal_perfection #minimalhunter #tv_simplicity #unlimitedcities #unlimitedminimal #minimalexperience k#poetryisnotdead #highcontrast

@finnmericanが投稿した写真 – 2016 8月 27 7:04午前 PDT


ヘルシンキ現代美術館はキアズマという名称で呼ばれ、こちらはギリシャ語で交差を意味しています。アメリカ人建築家スティーブン・ホールが設計した斬新な建物の中には、前衛的な作品が多く展示されています。

あなたの芸術作品の概念に影響を与えてくれる作品に出会えるかもしれません。

■詳細情報
・名称:Museum of Contemporary Art Kiasma (Nykytaiteen Museo)
・住所:Mannerheimplatsen 2, 00100 Helsingfors
・営業時間:日・火10時〜17時 水木金 10時〜20時30分 土 10時〜18時
・定休日:月曜日
・電話番号:+358 29 4500501
・料金:12ユーロ
・公式サイトURL:http://www.kiasma.fi/

 

自然史博物館

s a a n aさん(@saanakuu)がシェアした投稿


世界の自然史がわかりやすくまとめられた博物館です。大きすぎずほどよい広さの敷地内に本物と見間違うかのような生き生きとした剥製が多くみられ、十分な見ごたえで楽しめます。

■詳細情報
・名称:Natural History Museum (Luonnontieteellinen Museo)
・住所:Pohjoinen Rautatiekatu 13, Helsinki 00100, Finland
・アクセス:24番バス「Pohjoinen Rautatiekatu」よりすぐ
・営業時間:夏季・火水金9時〜16時 木9時〜18時 土日10時〜16時 冬季・10時〜17時
・定休日:月曜日
・電話番号:+358 294 1911
・料金:13ユーロ
・公式サイトURL:http://www.luomus.fi/en/natural-history-museum#_=_

 

マンネルヘイム博物館

#mannerheim #mannerheim #mannerheim

Emma Tauloさん(@emmataulo)が投稿した写真 – 2016 2月 19 10:31午後 PST


フィンランドの近代史・現代史を語る上で欠かせない人物であるマンネルヘイム。フィンランドの人々から尊敬され愛された軍人の当時の住居が博物館になっています。

■詳細情報
・名称:Mannerheim Museum
・住所:Kalliolinnantie 14, Helsinki 00140, Finland
・営業時間:金土日11時〜16時
・定休日:金土日11時〜16時以外
・電話番号:+358 (0)9 635 443
・料金:10ユーロ
・所要時間:ガイドツアー1〜2時間
・公式サイトURL:http://www.mannerheim-museo.fi/the-mannerheim-museum/#_=_

 

アラビア工場

10 vuotta Arabiaa! #työpaikalla #arabia #arabiantehdas #arabiafactory

Päiviさん(@neilikki)が投稿した写真 – 2016 1月 29 1:50午前 PST


ARABIA(アラビア)の陶器やiittalaのガラス製品が豊富にそろいます。ブランドごとに分かれているので、予算に合わせてお買い物も楽しめます。食器を見るのが好きな人にオススメです。

2016年9月には歴代製品(アラビアのビンテージ物)が展示されたデザイン博物館がリニューアルオープンします。

■詳細情報
・名称:Arabia Factory
・住所:Arabiakeskus Hameentie 135, Helsinki 00560, Finland
・アクセス:トラム6、8番「Arabian katu」駅すぐ
・営業時間:月~金 10時〜20時(博物館は火~金 12時~18時) 土日 10時~16時
・電話番号:358 (0)204 39 3507
・料金:入場は無料
・公式サイトURL:http://www.arabia.fi/#_=_

 

ヘルシンキ中央駅


ヘルシンキ中央駅はフィンランドの玄関口。フィンランドの国内線はもちろん、ロシア方面の列車も発着します。ヘルシンキ中央駅で注目したいのがユニークな建物。花崗岩で作られており、時計塔は高さ48.5mにもなります。発車時間に気を付けながら、カメラにおさめたい名建築です。

■詳細情報
・名称:ヘルシンキ中央駅
・住所:Kaivokatu 1, 00100 Helsinki
・アクセス:ヴァンダー空港から列車で約30分
・電話番号:+358 600 41902
・所要時間:30分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:https://www.vr.fi/cs/vr/fi/etusivu

 

ヘルシンキの路面電車


ヘルシンキ市内を縦横無尽に走っているのが路面電車です。気軽に乗れるので、ヘルシンキの市内観光に重宝します。ヘルシンキの路面電車を乗り回すなら1日乗車券が8ユーロで購入できます。乗車の際はカードリーダーに通すことを忘れずに。

■詳細情報
・名称:ヘルシンキの路面電車
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:https://www.hsl.fi/en

 

かもめ食堂

Annieさん(@vish_annie)がシェアした投稿 – 2017 8月 21 11:52午後 PDT


「ヘルシンキ」の名がブレークしたきっかけは映画「かもめ食堂」のおかげではないでしょうか。かもめ食堂のロケに利用されたレストランが「Ravintola Kamome」という名で営業しています。ぜひ、かもめ食堂のシーンを思い出しながら、食事を楽しんでみましょう。

■詳細情報
・名称:Ravintola Kamome
・住所: Pursimiehenkatu 12, 00150 Helsinki
・アクセス:最寄りの電停は「Telakkakatu」
・営業時間:11:00~15:00/17:00~21:00(月曜日~木曜日)、11:00~15:00/17:00~22:00(金曜日)、17:00~22:00(土曜日)
・定休日:日曜日
・電話番号:+358 (0)9 657 422
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.kamome.fi

 

フィンランド鉄道博物館


フィンランドの鉄道に興味がある方はフィンランド鉄道博物館に行ってみましょう。館内には年代物の蒸気機関車やディーゼル機関車が展示されています。一部の車両では車内見学も可能です。

フィンランドの車両はとても大きく見えるはず。日本のJRの線路幅は1,067mmですが、フィンランドの線路幅は1,520mmです。

■詳細情報
・名称:フィンランド鉄道博物館
・住所:Hyvinkäänkatu 9, 05800 Hyvinkää
・アクセス:最寄りのバス停は「Martinkatu P」
・営業時間:10:00~17:00(6月1日~8月31日)、12:00~15:00(9月1日~5月31日の火曜日~金曜日)、12:00~17:00(9月1日~5月31日の土曜日、日曜日)
・定休日:月曜日(9月1日~5月31日)
・電話番号:+358 40 862 5241
・料金:9ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://rautatiemuseo.fi/en
1 2
Pocket はてブ

WRITER

新田浩之
国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

フィンランドのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ