shutterstock_147670424

肥満大国アメリカで太らないための5つの方法

shutterstock_147670424
Pocket はてブ

こんにちは。世界を旅する栄養士たけひろです。

ロサンゼルスのハリウッド、ラスベガスのカジノ、そして世界一の都市ニューヨーク。旅行先にアメリカを選ぶ人も多いのではないでしょうか?

しかし、アメリカの肥満人口は31.8%。旅行中に体調を崩してしまった。帰国後、お腹周りに肉がついてしまった。なんて苦い思い出はいりませんよね。

そこで今回は、アメリカを旅した栄養士の僕がアメリカへ旅行に行った際に気をつける「食生活」をご紹介します。

 

普段の食生活より、脂質やカロリーが増えることを理解する

USA_00010

photo ishikawa takehiro

ハンバーガー、ステーキ、ピザ…誰だってアメリカの代表的な食べ物を食べたいでしょう。僕もたくさん食べました。もちろん、食べないでくださいとは言いません。

しかし、アメリカの食事は脂質やカロリーが日本のものより高いです。またサイズもアメリカンサイズで大きいものがたくさん。食べ過ぎてしまうこともあるかもしれません。

楽しい旅行ですから好きなだけ食べてもいいですが、「いつもより脂質やカロリーが高いものを食べているんだ」という意識は持ちましょう。

 

ジュースの飲み過ぎに注意する

USA_01439

photo ishikawa takehiro

アメリカは、地域によってはとても暑いです。夏のカリフォルニア州は、40度を超える日も。

当然喉が乾くわけですが、ここで注意したいのが、コーラなどのジュース類。せっかくアメリカに行ったら当然コーラを飲みたいですよね。しかし、すでに食事が高カロリーになっているのに、暑いからといってコーラなどのジュースをたくさん飲んではいけません。

アメリカの肥満人口が多いのはこのジュースの影響があるとも言われています。ジュース類を飲んでしまえば、糖質のとりすぎに。さらに血糖値も上がり、余計に喉が乾いてしまう悪循環になります。

喉を潤す目的であれば、ミネラルウォーターや炭酸水を選びましょう。

1 2
Pocket はてブ

Writer

世界を旅する栄養士/1991年生まれ/東京農業大学卒/栄養士    タニタ食堂で勤務経験を持ち、食べることが大好き。 大学時代に初海外をオーストラリアでワーキングホリデーをする。 地獄のような農業バイト、西オーストラリアのヒッチハイクの旅、カナダ人との車旅などを通して旅にハマり、世界一周へと旅立つ。 世界中の市場やスーパーマーケットを周り、現地の屋台を食べ歩く。 栄養士から見た世界の食習慣や伝統的な食べ物、お酒、旅のお役立ち情報などを紹介していきます。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

トラブル