【ソーセージだけじゃない】ドイツの新トレンド?ベジタリアン料理

Pocket はてブ

ドイツの食事といえば大きいソーセージにポテト、アイスバインなどの豚肉料理と思っている方も多いのではないでしょうか。伝統的にはもちろんそうですが、近年の食肉スキャンダルや健康志向などのトレンドの影響で、”ベジタリアン”や、更には卵や乳製品、蜂蜜も全く口にしないという”ビーガン”と呼ばれる人も増えているのです。
今回はそんなドイツのベジタリアン事情をご紹介します。

 

多くの民族が集まるベルリンでイスラエル料理

スペインやイタリアなど、南欧諸国が経済危機に陥る中、ヨーロッパで一人勝ちとも言われるドイツには周辺国から職を求めて移住する移民がたくさんいます。 もちろん、レストランも多国籍。

こちらはイスラエルビーガンレストランでのフムスランチです。クリーミーなひよこ豆ペースト、フムスがおいしくて腹持ちもいいんです。

 

お菓子も卵、乳製品なし。

ヨーロッパのお菓子は卵、乳製品たっぷりなイメージですが、最近はビーガンデザート専門のカフェもあります。オーガニック専門食料品店にはビーガンデザートも置かれています。こちらはルバーブのケーキ。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ご当地グルメ

FEATURED特集

特集一覧へ