アイスランドの治安は?物価は?アイスランド旅行の基本情報まとめ

Pocket はてブ

今回はヨーロッパ極北の国、アイスランドの旅行情報をお伝えします。そもそも、アイスランドには何があるのでしょうか。アイスランドにはどのようにアクセスすればいいのでしょうか。そのような素朴な疑問から見ていきたいと思います。

*編集部追記
2016年10月の記事に新たに3つの情報を追記しました。
2016年10月の記事に新たに情報を追記しました。 (2017/09/16)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

アイスランドに行ってみての感想

photo by pixta

私がアイスランドを訪れたのは夏頃で、暑すぎず寒すぎず、とても過ごしやすい気候でした。アイスランドは北極圏に近いため、夏は夜の間もずっと日が沈まない白夜が続きます。初めての体験だったので、深夜になっても外が明るいことに驚きを隠せませんでした。

アイスランドは人も優しく、自然が美しいとても魅力的な国ですが、物価が非常に高いのが難点!ちょっと油断すると、レストランで食事をして5,000円が飛んで行った…なんてこともしばしばです。外食は非常に高く付くので、民泊などを利用して自炊を心がけるようにすると、まだ安く抑えられるはずです。

アイスランドは見所満載の国なので、ツアーやレンタカーなども利用して、節約しながら賢く旅行しましょう。

 

旅行のルート

photo by pixta

まずは首都レイキャビックにあるハットルグリムス教会へ行き、塔の上に登って、カラフルなレイキャビクの写真を撮影し市内散策しました。

次の日は、世界でも屈指の大きさを誇る温泉・ブルーラグーンを訪れました。インターネットで予約していたので、待つことなくスムーズに入れました。予約していないと入れないことが多いので、注意が必要です。

 

そしてその翌日、火山の国として知られるアイスランドを印象付ける象徴的な観光ポイント・間欠泉ストロックルを訪れました 。間欠泉はアイスランド国内の所々にありますが、このストロックルは地上30mまで熱水を4~5分おきに噴き上げます。その頻度の高さと迫力は圧巻で、観光客も多かったです。

 

おすすめの都市

photo by pixta

地球最北・アイスランドの首都レイキャビク。アイスランドの人口の多くが集中し、他のヨーロッパ諸国とはまた違った雰囲気の町です。都市と自然が共存するような環境になっており、そそり立つハットルグリムス教会などの文化遺産もあれば、ノイトホゥルスヴィークビーチをはじめとする公共プールの温泉も魅力の1つです。

 

 

物価

「アイスランド」と聞くと「物価が高い」とイメージされる方も多いでしょう。アイスランドの特徴は安いお店が無いことです。そのため、アイスランドに訪れる際は、きちんと予算を組んだ方がいいでしょう。

ピザでも約400円くらいになります。ドーナッツでも300円前後。首都レイキャビックにあるホステルでも3000円以上はします。旅人にとっては少々、財布に厳しい国と言えるでしょう。

 

治安

アイスランドにおいて、治安の心配は不要です。あるとすれば、外国人による軽犯罪が見られる程度です。治安よりも心配すべきことは事故。アイスランドには自然が楽しめるスポットがたくさんありますが、決して立ち入り禁止エリアに入ってはいけません。

アイスランドでドライブを楽しむ方も多いでしょう。ただし、運転に慣れていない方は冬にアイスランドでドライブするのは避けた方がいいでしょう。

 

気候・服装・旅行シーズン

9997907096_e9d9483f69_k

Photo by:Moyan Brenn

アイスランドで一番気になるのは気候・服装ではないでしょうか。ベストシーズンは夏の6月~8月。ただし「夏」と言っても、日本の春~初夏くらいの気温になります。朝晩は肌寒くなりますので、カーディガンは必須です。

一方、冬は暖流が流れていると言っても、かなり冷え込みます。防寒対策はしっかりと! 特に耳あて、帽子、手袋などのアイテムと下半身対策はしっかりと行ってください。

 

通貨

意外に思われるかもしれませんが、アイスランドはEUに加盟していません。通貨はアイスランドクローナ(1クローナ=0.9円)です。国際空港やレイキャビックで両替ができます。

なお、アイスランドではクレジットカードが広く通用します。クローナよりもクレジットカードを多用した方がお得に旅行ができます。

 

チップ

基本的にアイスランドではチップの習慣はありません。サービス料は料金に含まれています。アメリカのように気を使うことはなく、日本と同じ対応をすれば問題はないでしょう。ただ、個人的にお世話になったガイドさんやドライバーさんにはお金を少々払ってもいいかもしれません。日本のお土産を渡すのもいいのではないでしょうか。

 

宿泊施設


アイスランドにはレイキャヴィーク、アークレイリなど各主要都市に宿泊施設があります。アイスランド独自のシステムとして、学校の寄宿舎を利用した夏だけの宿泊施設があります。期間は6月~8月末まで、基本的にシャワーやトイレは共同になります。なお、新しい寄宿舎になると、シャワーやトイレが付いてある場合もあります。

 

ビザ

他のヨーロッパ諸国と同様、90日以内の滞在であればビザはいりません。

 

コンセント

アイスランドのコンセントはCタイプです。電圧は220V、周波数は50Hzになるので、日本の機械をアイスランドで使用する際は変圧器が必要です。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

新田浩之
国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

アイスランドのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ