徳成祐衣

女子大生の世界一周!ウニのせいで緊急帰国しかけた

徳成祐衣
Pocket はてブ

世界一周経験者インタビュー。今回は、なんと8月から9月末までの夏休み期間だけで世界を周ってしまった、明治学院大学3年の徳成祐衣さん。帰国後の今は高校生に夢を与える講演を続けている彼女。一見、バックパックとはほど遠い感じの女子大生の彼女に世界一周話を伺いました。

 

さっそくですが、どういう旅をしました?

今年の8月1日から9月の25日まで、27か国を周りました。期間が短くて国一つあたり3日ぐらいの滞在もありましたけど、弾丸で頑張って回りました!

 

なぜ世界一周という大変な世界に足を踏み入れたんですか?

子供のごろから大学まで、ずっとチアリーディングを続けてて、高校では全国大会にも出場していたのですが、朝から晩まで練習漬けだったんです。

ある日、自分が「何のために大学に行っているのか」ってふと考えてしまったんです。その時、高校の時から海外に憧れていたし、大学でも国際学部で海外に興味があったので、外に出たい!と思いました。

そして、「世界青年の船」に乗ったのがきっかけとなりました。

 

世界青年の船っていうのは?

内閣府が国際交流事業として進めてて、世界中14か国から200人ぐらいの青年が船に乗って、航海するんですよ。運よく日本代表に選ばれて2か月間乗船することができましたね。その中で、世界中の人と触れ合ったり、お互いのことを理解し合いながら「もっと世界を知りたい」とか「この人たちが住む現地に行ってみたい」と思うのが具体的なきっかけでした。

あと、ちょうどその時、民主党政権の事業仕分けの時期で世界中周れなかったんですよ(笑)。でも、そのおかげで逆に世界を周りたいと思いましたね。

 

その青年の船についてもう少し聞かせてください。

特に何かハプニングがあった訳ではないですが、イスラム教徒についての私の勝手なネガティブな固定概念は、船で出会った仲間たちによって払拭されました。彼らの心はとてもきれいで、素敵でした。また人をもてなす文化、アッラーへの思いなど、考え方がガラリと変わりました。

この出会いがきっかけで、彼らの生活や宗教、文化についても興味が湧いてきて、彼らに会いに世界一周する前にバーレーンとUAEに行ってきました!

 

そして世界一周が始まった訳ですね。最初はどこへ?

シンガポールです!東南アジアを楽しんでトルコに行きましたね。トルコは幸せでしたね。料理もおいしいし、トルコのエフィスビールがすごくおいしくて(笑)。

イスタンブールの街並みのきれいさは本当に…みんな親日で優しかったし。イスタンブール着いた瞬間から「大きい荷物持ってるね」と話しかけられて、一緒にバーベキューしたり、旅館紹介してくれたり。いい人ばかりでした!

 

DSC_0429 복사

 

ほかに印象に残る国はありましたか?

いい経験だと、カナダのイエローナイフですね。オーロラを見に行ってきました。3泊の予定が金欠で2泊になってしまったんですけど、ちゃんとオーロラも見られて、写真も撮れました。「宇宙との境界線」のようで、感動でした!

 

いい経験がカナダで、よくない印象は…

ヨルダンです。私、ヨルダンでウニ踏んじゃったんですよ(笑)。

 

ウニ!

ウニって危ないんですよ!アカバっていう港湾でスキューバーしようとしてて、海に見とれていたら急に波が来て靴が脱げたんですよ。

実は泳げなくて、結構焦ってたら両足にウニが…30本ぐらい針が刺さって、痺れるし血だらけだし。岸にあげてもらったけど、熱を加えろと言われてお湯かけたり熱したコンクリートに立たされたり。

痛いわ熱いわ最悪でしたね。幸い、現地のJAICAの方に助けてもらって、注射打ってもらったり薬飲んだり。未だに足に針が残ってますね(笑)。

 

でも、よく緊急帰国しなかったですね。

なんか嫌だったんですよ、ウニ踏んで緊急帰国って。旅行は続けたかったし、行きたい!っていう気持ちがもっと強かったですね。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

世界一周インタビュー

FEATURED特集

特集一覧へ