【世界一周インタビュー/vol.15】垂直に広がる視野と水平に広がる視野、両方を経験できてよかった| 前田塁さん

Pocket はてブ

今回は、TABIPPO立ち上げに関わった前田塁さんにインタビューしてきました。
留学、世界一周、就活を同時に行い、留年せずに卒業した前田さん。自らを割と心配性と語るにも関わらず、留学、世界一周、そしてTABIPPO立ち上げへと突き動かした原動力はどこから来ているのか。お話をうかがってきました。
028

興味はずっと留学に向いていた

 

ニューヨーク留学、世界一周に行ったきっかけ

まず先に、ニューヨーク留学が決まっていたんです。大学2年生の夏に、大学の交換留学プログラムの試験を受けて、秋には結果が出て、留学が決まりました。その後、準備期間が一年あり、その間に留学が終わる大学4年生の5月から、日本の大学が始まる9月まで何をしようかなと考えていました。
大学4年生の5月ともなれば、同学年は就活が一段落している時期ですよね。自分はどうしようと考えたときに、就活のために日本に帰るとなると、時間的にも金銭的にもすごく勿体ない。留年したとしても、次年度の就活までは相当時間があいてしまう。それなら、海外で就活をして、留年せずに卒業しようと決めました。
そして、日本の大学が始まる9月までに、ニューヨークから東回りでぐるりと世界一周しながら帰国することにしたわけです。

世界一周の本

中学三年生の頃、ちょうど進路に悩んでいた時に、たまたま本屋に行くと、世界一周の本が置いてありました。当時の僕にとってはものすごく高い買い物でしたが、どうしようもなく惹かれて買いました。それからそれをずっと家に置いておきました。
その後、高校、大学と国内の学校に進みましたが、それでもずっと世界一周のことが気になっていて、機会があれば行きたいと思っていました。
ただ、興味は留学に向いていたんです。留学が大学2年の頃に実現すると決まったところで、もう一歩先があるのではないかと思うようになりました。それが世界一周につながりました。
006

やりたいことやらないと損するな、と思った

 

留学という夢

みなさん、留学ってどのようなイメージですか?英語ができないといけないのではないかと、少しハードルが高いイメージがあるのではないでしょうか。
僕も大学1,2年生の頃は留学の夢を諦めかけていました。それは、海外の大学はとにかく厳しいということを聞いていたし、帰国子女の方が改めて行くものというイメージがあったからです。
それが変化したのは、大学1年生の春にオーストラリアへ短期留学した時でした。これは半分留学半分遊び、というプランで、朝から昼過ぎまでは授業に行き、放課後はスキューバやバーベキューをしていました。そこには自分よりも英語を話せない人もたくさんいて、良い意味で「なんとかなるな」と思えるようになったんです。夢が復活した瞬間です。

決断を後押しした本

留学、世界一周を決断した理由の1つに、ある本との出逢いがありました。それは、「はあちゅう」こと、伊藤春香さんの本です。
大学の生協にたくさん並んでいたその本を見つけて、いったい誰なんだろうと手に取りました。そこで、著者がホリエモンや孫正義さんのような遠い存在の人ではなくて、1つ上の大学の先輩だということを知りました。
当時テニサーかバイトしかしていなかった自分。その一方で、はあちゅうさんは本を出し、こんなにやりたいことをやっているんだと感動したんです。たった1つ上の先輩なのに、こんなにも違うのかと衝撃でしたね。そして、「自分もやりたいことをやらないと損するな」と思いました。

 

クレイジーな街、ニューヨーク

 

なぜニューヨークだったのか

僕は三重、大阪、北海道に住んだことがあって、どこも地方でした。地方にも中心都市はありますが、東京とは比にならないんです。人の多さを見ても、地方都市とは段違いです。だからこそ、僕は東京が大好きなのですが。
最初は刺激的だった大学生活も、授業、バイト、サークルをぐるぐる回っているうちに先が見えてきてしまったんですね。授業に行って、試験が近くなったら、試験問題を集めて、みんなでテスト勉強して、このまま4年間終わってしまっていいのかと疑問に思い始めました。でも、環境を変えることもできなくて、どうしようかとオロオロしていました。そこで、「東京よりも大きい世界都市に行けば、今の状況を変えられるのではないか」と思ったんです。
東京よりも大きい世界都市の候補として、ニューヨーク、ロンドン、シンガポールがありました。ほぼノリで、ニューヨークならよそ者を受け入れてくれる感じがあるのかなと思い、ニューヨークに決めましたね。

ryugaku001 2

よそ者を受け入れてくれる街

ニューヨークはやはりよそ者を受け入れてくれるような印象がありますね。
観光地としては他の都市よりは目立たないかもしれませんが、現地の人からしてみれば、ニューヨークはアメリカの中でも異常な街、段違いな街なのだと聞きました。160カ国以上の人が暮らしています。本当に聞いたことのない国から来ている人もいるんです。ニューヨークに来ているのは、相当な上流階級か、成功者、もしくはものすごく野望を持った人のどれかだと思います。それぞれの地元で負け知らずの人が、わざわざニューヨークに集まって戦っている。だから、誰と何を話しても話が大きくて、「俺が!俺が!」って人が多い。とてもエキサイティングでした。

勝負する者が集まる場

僕が通っていた大学は、2000人くらいのカレッジと呼ばれる小さい大学でした。それでも、外部講師として起業家の方が来たり、企業やNPOと連動したサークルも多くありました。企業とのカンファレンスや、ボランティアなどが人気でした。学生も躊躇なく学外の活動に飛びこんでいました。

019 2

Mr.タイムズスクエア

 

ニューヨークで頑張る日本人

当時、僕は英語を全然話せなかったので、周りからもケチをつけられ、ニューヨークの起業家に会いに行くレベルではないと思っていました。
そんな中、ニューヨークで頑張っている日本の起業家チームがあることを知りました。そして、そこのボスの人と連絡を取ってみたんです。そのボスがMr.タイムズスクエア(以下Mr.)という名前で、変わった人がいるなあと思いましたね(笑)。
後に知ったのですが、彼はADKという有名な広告会社のアメリカ支社の副社長で、めちゃくちゃ偉い人だったんです。でも、ニューヨークが「偉い、偉くない」を全く気にしない文化のある街だったので、Mr.にはとてもお世話になったし、自分の価値観について考える機会をたくさんいただきました。

007 2

ニューヨークに住む野心溢れる学生達のメンター

Mr.からは、色んなことを教わりました。日本に帰ってからの原動力になっていますね。ニューヨークの学生にとってはメンター、師匠のような人でした。
一度100ドル札を持ってこいと言われたことがありました。お札を持って行くと、Mr.がろうそくに火を付けて持ってきたんです。「この先の話を聞きたい人だけ、お札を燃やしてください」とMr.が全員に向かって言いました。そこで「塁どうする」、と聞かれるも、「絶対いやです」と答えました。しばらくすると、「燃やす奴は並べ」とMr.が言って、何人かの人が並び始めました。それでも、僕は「絶対燃やさない」と言い続けました。初めの人がお札を燃やそうと火を付けた瞬間に、Mr.が即座に火を消しました。
僕なりの解釈ですが、「最初に燃やした人はあなたの基準の中では正しい、燃やさないと言った僕も僕の基準の中では正しい、しかし、その2人以外の周りの空気を見て決めた奴は、この先も出遅れることが多い。そのままでいいの?」ということだったのだと思います。そして彼は続けて「僕が言うことは正しくないし、君たちが言うことも正しくないのだから、圧がかかっても途中で意見を変えずに、自分で決めろ」と言いました。
これはMr.が伝えたいことの1つだったと思いますが、あくまでも僕たちに考えさせることを重視していて、すごく楽しかったですね。

20代のうちにあと3年はニューヨークに住みたい

Mr.も現在ではアメリカ人に帰化していて、留学中に知り会った人もみなNYで頑張っています。だから、ニューヨークへの思い入れは強いですね。ニューヨークなら、骨をうずめていたいと思っています。今度またニューヨークに行けるとしたら、まずはMr.にお礼を言いに行きたいですね。あとは、現在、今後の得意にしていく領域を決めているところなので、その領域に関連する人たちに会ってきたいですね。今得意とする領域は旅行とウェブですが、もう1つ自分なりの得意な領域が欲しいですね。今はまだ探しているところです。

010 (3)2

留学、世界一周、2種類の視野の広がり

 

垂直に広がる

海外に出ると視野が広がるとか、経験が広がるという話をよく聞きますよね。ただ、広がるというのにも、色々あるということが分かりました。
留学では、ずっと同じ人に会って、同じ授業に行って、同じ家に帰ります。だから、人との関係において、相手の話していることやコミュニケーションが、だんだん深くなっていきますよね。お互いの気持ち、経験を深く積み重ねていくことで、発見があり、視野がどんどん深くなっていきました。

053

水平に広がる

逆に世界一周だと、未知の場所に行くので、毎日が新しい発見ですよね。トルコからギリシャに船で行く時は、文化や食べ物が徐々に変わっていくというのが見えます。世界一周では、視野が横に広がっていきました。
同じ視野が広がる経験でも、垂直な体験と水平な体験をする感覚が全く違っていました。その両方を経験できたことが良かったですね。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

世界一周インタビュー