ワディ・ラム保護区

新・世界七不思議「ペトラ遺跡」を含む、「ヨルダン」の世界遺産まとめ

ワディ・ラム保護区
Pocket はてブ

北海道ほどの国土に、驚くほど豊かな自然と歴史を持つヨルダン。世界一周の際に、エジプトを経由して訪れました。あえて言うなら、「インディージョーンズのモデルになった遺跡のある国」というイメージぐらいしかなかったのですが、行ってみてびっくり。

首都アンマンを起点に、死海、ペトラ、ワディ・ラムと旅行した中で、たくさんの出会いがありました。慣れているのか、旅行者を見つけると積極的に話しかける一方で、客引きや押し売りは少なく話しやすかったです。今回は、ペトラ遺跡やワディ・ラムをはじめとした、ヨルダンの世界遺産を紹介します。

 

ペトラ

新・世界七不思議の一つでもあるぺトラは渓谷に広がる古代都市です。立地の良さから、古来より交易の要衝の地であり、砂漠を移動するキャラバン隊の中継基地でもありました。

紀元前1200年頃よりエドム人が住んでいたと考えられているこの地は、後に古代ナバテア人の有力都市として栄え、ローマに支配された頃にローマ風の建築物が建築されたと考えられています。

ペトラ

photo by Seetheholyland.net

ペトラ

photo by Dennis Jarvis

 

ワディ・ラム保護区

狭く入り組んだ渓谷や岩石でできたアーチ、大きな洞窟や崖など、砂漠の中に様々な景観を見ることができるこの一帯には、1万2000年にも及ぶ人類の生活の歴史を知る手がかりになる考古学的遺産群があります。

およそ2万5000にも及ぶ彫刻と2万もの碑文が組み合わされて描かれた壁画などがあり、自然と遺跡両方の価値が評価され、2011年に複合遺産として世界遺産に登録されました。

ワディ・ラム保護区

photo by Jurgen

ワディ・ラム保護区

photo by Lawrence Murray

 

アムラ城

8世紀初めに、ウマイヤ朝の離宮としてキャラバンサライの跡に建築されたものです。その後増改築が重ねられ、現在の外観はドーム型の屋根があり、中には4人の支配者とも思われるフレスコ画が描かれた謁見の間や、サウナなどを備えた浴場施設などがあります。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ルイス
前田塁
TABIPPO.NET編集長
慶應義塾大学商学部卒。大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズまでを担当するフルスタック編集長です。ツイートは旅行とテクノロジーと宇宙が多め。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

ヨルダンのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ