1人旅でも楽しい関東の観光地20選

Pocket はてブ

ふらりと一人で旅行したい時はありませんか。今回は関東にある1人旅におすすめの観光スポットをあらゆる角度から紹介します。次の休日は旅に出てみませんか。

*編集部追記
2017年3月公開の記事に新たに追記しました。(2018/03/21)
2018年3月公開の記事に新たに追記しました。(2018/08/09)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

東京のグルメ

Photo by:新田浩之

東京は世界を代表するエスニック料理が楽しめる都市です。東京を訪れたら、レアな国の料理を食べてみましょう。ただし、注意しておきたいのは多くのエスニック料理は日曜日が定休日になっていること。また、週末は混雑しますので、予約することをおすすめします。

 

東京の観光スポット

Photo by:新田浩之

個人的におすすめしたい観光スポットは葛西にある地下鉄博物館です。地下鉄博物館に行くと、東京を網の目に走る東京メトロのことがよくわかります。また、かつて銀座線と丸ノ内線を走っていた懐かしの車両の姿も!とても充実した施設にも関わらず、入場料が210円というリーズナブルな価格設定も嬉しいポイントです。

■詳細情報
・名称:地下鉄博物館
・住所:東京都江戸川区東葛西6-3-1 東京メトロ東西線葛西駅高架下
・アクセス:東京メトロ東西線「葛西駅」下車、徒歩すぐ。
・営業時間:10:00~17:00
・定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、夏休みの8月第1・3週目の月曜日は開館、年末年始
・電話番号:03-3878-5011
・料金:大人210円
・所要時間:60分~90分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.chikahaku.jp

 

上野

上野

photo by shutterstock

上野は昔から北へ向かう列車が発着するターミナルとして知られています。上野を訪れたら、上野公園やその周辺にある美術館を訪ねてみましょう。動物好きな方は日本最古の動物園、上野動物園に寄るのもいいでしょう。都心でありながら、ちょっとした観光気分が楽しめます。

■詳細情報
・名称:上野(上野公園)
・住所:東京都台東区上野公園5-20
・アクセス:JR上野駅、京成上野駅下車
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.ueno.or.jp/index3.htm

 

丸の内

丸の内

photo by shutterstock

丸の内はご存知、東京都心のど真ん中です。丸の内では昭和初期に建てられたモダンなビルディングが見学できます。昔の写真と見比べながら歩くと意外な東京の姿を発見できるかもしれません。

■詳細情報
・名称:丸の内
・住所:東京都千代田区
・アクセス:JR東京駅下車
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.marunouchi.com/top

 

都電荒川線沿線

🐾yuko🐾さん(@junibasi)がシェアした投稿


都心で唯一生き残った路面電車が都電荒川線(早稲田~三ノ輪橋)です。都電荒川線には巣鴨の商店街や荒川遊園など、昭和を彷彿させる観光スポットがあります。一日かけてのんびりと乗り歩いてみましょう。

 

東武博物館

Makoto Kawasakiさん(@kwsk_mk2)がシェアした投稿 – 2月 23, 2018 at 4:46午後 PST


浅草から日光、鬼怒川温泉へと走る東武鉄道。東武鉄道の秘密がわかる博物館となっています。東武博物館には昔、東武線を走っていた車両がたくさんあります。また、東武線のシミュレーターもあるので、運転手にチャレンジしてみましょう。大人の方でも十分に楽しめます。

■詳細情報
・名称:東武博物館
・住所:東京都墨田区東向島4-28-16
・アクセス:東武鉄道「東向島駅:から徒歩すぐ
・営業時間:10:00~16:30
・定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
・電話番号:03-3614-8811
・料金:大人200円
・所要時間:60分~90分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.tobu.co.jp/museum

 

東京駅

Nitta Hiroshiさん(@nitta_h)がシェアした投稿 – 10月 16, 2017 at 11:57午後 PDT


「えっ、東京駅が観光スポット?」と思う方が多いでしょう。実は東京駅には楽しくて興味深い施設・スポットがたくさんあります。たとえば、「東京ステーションギャラリー」という美術館があります。電車を待っている間に絵画を鑑賞するのも悪くはありませんよ。

■詳細情報
・名称:東京駅
・住所:東京都千代田区丸の内1
・アクセス:JR・東京メトロ丸ノ内線「東京駅」下車。
・営業時間:10:00~18:00、金曜日は20:00まで(東京ステーションギャラリー)
・定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)、年末年始、展示替期間
・電話番号: 03-3212-2485
・料金:展覧会により入館料は異なります(東京ステーションギャラリー)
・所要時間:60分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.tokyoinfo.com

 

江戸東京博物館


東京、江戸の歴史を学ぶなら江戸東京博物館がおすすめ。展示物だけでなく、本当に昔の東京にいるような気分にさせてくれます。なお、江戸東京博物館では2017年10月1日からリニューアル工事が行われており、完成は2018年3月31日です。リニューアルにより、より魅力的な博物館に生まれ変わるでしょう。

■詳細情報
・名称:江戸東京博物館
・住所:9:30~17:30(2018年4月1日から)
・アクセス:JR総武線「両国駅」から徒歩3分、都営地下鉄大江戸線「両国駅」から徒歩1分
・営業時間:ホームページをご覧下さい
・定休日:ホームページをご覧下さい
・電話番号:03-3626-9974
・料金:ホームページをご覧下さい
・所要時間:2時間
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:https://www.edo-tokyo-museum.or.jp

 

羽田空港(JAL工場見学)

miiiiさん(@miiii_26)がシェアした投稿 – 2017 1月 4 9:52午後 PST


「空港」は飛行機に乗るスポットですが、観光目的でも十分に楽しめます。飛行機に興味がある方はJALの工場見学に参加してみましょう。工場見学では航空教室、展示エリア、格納庫見学が含まれています。普段、立ち入ることができないエリアなので、ドキドキの連続ですよ。なお、工場見学はホームページから予約する必要があります。

■詳細情報
・名称:JAL工場見学
・住所:東京都大田区羽田空港3-5-1 JALメインテナンスセンター1
・アクセス:東京モノレール、新整備場駅下車
・営業時間:10:00~11:40、11:30~13:10、13:00~14:40、14:30~16:10
・定休日:年末年始
・電話番号:03-5460-3755
・料金:無料
・所要時間:100分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:https://www.jal.co.jp/kengaku

 

千葉県の特産物やグルメ

photo by shutterstock

東京から手軽に行くことのできるお出かけ先として人気な千葉県。せっかく行くなら、千葉の特産品、名物は外したくないでよね。千葉県は、房総半島の採れたての海の幸を使ったなめろうやはかりめ、県の特産品でもある落花生を使ったお菓子などが有名です。また自然環境にも恵まれているため、マンゴー、イワシ、うなぎ、アナゴも人気で、またラーメンといったB級グルメも要チェックです。

 

東京ディズニーリゾート

東京ディズニーリゾートは、千葉県を代表する一大観光スポットです。老若男女誰も彼も夢中にさせる世界観、演出、ホスピタリティは、まさに夢の国というイメージにぴったり!東京からのアクセスも良いので、週末を使って気軽に行きやすいのも嬉しいですね♪

■詳細情報
・名称:東京ディズニーリゾート
・住所:千葉県浦安市舞浜1−1
・公式サイトURL:http://www.tokyodisneyresort.jp/top.html

 

亀岩の洞窟

フォトジェニックなSNSスポットとして人気を集める亀岩の洞窟。洞窟の中に差し込む日の光が非常に幻想的で、削られた岩肌が亀のように見えることから、亀岩の洞窟と呼ばれるようになりました。周辺の公園も整備されており、自然を満喫しながら観光するのにぴったりの場所です。

■詳細情報
・名称:亀岩の洞窟
・住所:千葉県君津市笹1954
・公式サイトURL:http://www.kiminavi.jp/detail/index_38.html

 

鴨川シーワールド

シャチ、イルカ、アシカのショーなど、様々な水生生物たちの迫力ある姿が鑑賞できる鴨川シーワールド。自然環境を再現した生活環境の中で展示しているので、彼らが普段どんな場所で生活しているのか、じっくり見ながら鑑賞するのも良さそうですね。

■詳細情報
・名称:鴨川シーワールド
・住所:千葉県鴨川市東町1464−18
・公式サイトURL:http://www.kamogawa-seaworld.jp

 

静岡県の魅力・特産物・グルメ

photo by Pixta

世界遺産に登録された富士山や、浜松城、伊豆や熱海などの温泉地など、魅力的な観光スポットが数多くある静岡。気候も温暖で過ごしやすく、太平洋に面しているためサーファーからも人気が高いです。近年は日本国内だけでなく海外からも観光客が訪れるほど活気のある場所で、また関東・関西どちらからもアクセスしやすいです。

静岡の特産物といえば、やはりお茶が有名ですよね。静岡県内には西部から東部まで多くの有名産地があり、様々なブランド茶が生産されています。また気候が温暖なためみかんの栽培も盛んで、そのほかにも、わさび、しらす、さくらえびなど豊かな自然を生かしたおいしい食べ物がたくさん!

浜松の餃子や静岡おでんなどB級グルメも豊富なので、静岡を訪れたならぜひ色々な食べ物に挑戦してみてください。

 

ベスト観光スポット

富士サファリパーク

その名の通り、富士山を背景にした標高850メートルの位置にある、富士サファリパーク。世界中から集められた動物たちがのびのびと暮らしており、泳ぐゾウ、肉に食らいつくライオンなど、動物たちの野性味あふれる姿が鑑賞できます。園内を走る専用のジャングルバスは動物の形にデコレーションされているので、子供受けすること間違いなしです!

 

三保の松原

清水港から駿河湾に突き出した三保半島東岸に広がる三保の松原は、万葉の昔から知られた景勝地です。右手には青い海、左手には緑の松原、そして正面に雄大な富士山を臨む景観は、古来から文学や芸術の題材としても有名です。

■詳細情報
・名称:三保の松原
・住所:静岡県静岡市清水区三保
・公式サイトURL:https://www.visit-shizuoka.com/spots/detail.php?kanko=336

 

富士サファリパーク

子連れ家族やカップルに人気のスポットといえば、富士サファリパーク。富士サファリパークには、車で周遊するサファリゾーンと、実際に動物と触れ合えるふれあいゾーンがあります。サファリゾーンでは、ジャングルバスに乗ってのエサやり体験ができます。至近距離でライオンがエサを食べる姿は迫力満点ですよ♪

■詳細情報
・名称:富士サファリパーク
・住所:静岡県裾野市須山字藤原2255−27
・公式サイトURL:http://www.fujisafari.co.jp

 

修善寺

minminさん(@min4491you)がシェアした投稿 – 2017 2月 17 5:05午後 PST


修善寺は伊豆を代表する観光スポットのひとつです。修善寺は9世紀に建てられた曹洞宗の寺です。夏目漱石の小説にも登場し、重要文化財に指定されている像もあります。また、修善寺温泉も有名です。落ち着いた雰囲気で温泉をお楽しみください。

■詳細情報
・名称:修善寺
・住所:静岡県伊豆市修善寺838-1
・アクセス:伊豆箱根鉄道、修善寺駅下車
・営業時間:8:30~16:30(4月~9月)、8:30~16:00(10月~3月)
・電話番号:0558-72-0271
・料金:無料
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://shuzenji-temple.com/index.html

 

鎌倉

鎌倉

photo by shutterstock

日本初の本格的な武家政権が登場した地、鎌倉。鎌倉には当時の雰囲気を伝える観光スポットが多数存在します。また、映画にも登場した江ノ島電鉄をのんびり乗り歩くのも楽しいでしょう。

■詳細情報
・名称:鎌倉
・住所:神奈川県鎌倉市
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.kamakura-info.jp

 

海芝浦駅


「海芝浦駅」と聞いてピンと来る方は少ないでしょう。海芝浦駅はJR鶴見線の終点駅です。ホームに降り立つと、海と工場が前面に現れます。夜になると、工場がライトアップされ、写真撮影にも最適なスポットです。都心から気軽に訪れることができるのもうれしいですね。

■詳細情報
・名称:JR海芝浦駅
・住所:神奈川県横浜市鶴見区末広町2丁目
・アクセス:JR鶴見線、海芝浦駅下車
・公式サイトURL:http://www.jreast.co.jp/estation/station/info.aspx?StationCd=253
1 2
Pocket はてブ

WRITER

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

関東観光のおすすめスポット一覧

FEATURED特集

特集一覧へ