【動物好き必見】ケニアのマサイマラでライオンキングの世界を体感しよう

Pocket はてブ

アフリカと言えば、あのライオンキングの世界をイメージする人が多いかもしれません。地平線に広がるサバンナをジープで駆け巡り、野生のライオンやキリンを追ってみませんか?中でもケニアのマサイ・マラ国立保護区は多種の動物が高確率で見られることで有名です。ここには、動物園では味わえない爽快感と感動が待っています!

 

ケニア・マサイマラ国立保護区の行き方

ケニア・マサイマラ国立保護区の行き方

Photo by 宇多将太郎

日本からケニアへの直行便は無いため、主に中東での乗り継ぎで首都ナイロビへ向かいます。ナイロビからマサイ・マラ国立保護区へは車で5時間、もしくは飛行機で1時間で行くことが出来ます。
なお、サファリにおいては何かしらのツアー参加が必要となり、保護区内においては自分で車を運転することが出来ません。サファリツアーは日本もしくは現地の旅行会社経由で参加申し込みが可能です。

 

サファリツアーの内容は?

本場のサファリツアーを楽しみましょう

Photo by 宇多将太郎

私は現地会社の2泊3日のツアーに参加しました(価格:300米ドル)。計6名のグループに参加し、専属のドライバーとコックがつきます。

1日目はナイロビからグループの車に乗り、午後にマサイ・マラ国立保護区に到着。そのまま夕方に2時間ほどのサファリへ。宿泊は保護区付近のキャンプ場で、ベッド・トイレ・シャワーがついている大型テントの中で過ごします。夜はアフリカならではの満点の星空も見どころです!

2日目は朝から出発、夕方まで一日中サファリに出かけます。ここで一通り動物を見ることが出来ました。お昼もカバが住む川の真上でお弁当を食べ、スリル満点でした。

3日目は朝から出発し、2時間ほどの最後のサファリへ!終了後はナイロビのホテルまで送ってくれました。

その他のツアーについては、他の国立公園も訪れる長いものや、マサイ族の村訪問等の追加オプションもあり、とにかく種類が豊富です。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

宇多 将太郎
宇多将太郎
欧米育ちで顔がアラブな日本人大学生
早稲田大学4年生。冒険と野生動物と海外ドラマが大好き!大学卒業までに30か国制覇目指してます。アマゾン川でイルカと一緒に泳ぎたい!

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

ケニアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧