欧米人で賑わうタイの秘境クラビ。ニューヨークタイムズにも掲載された美しさとは?

Pocket はてブ

切り立つ石灰岩の岩壁と熱帯のジャングルに抱かれた秘境のビーチリゾート地クラビ。美しい自然や海が手つかずで残されている貴重な場所です。タイ国政府観光庁によると、米紙ニューヨーク・タイムズの「2014年に行きたい場所52選」に選ばれており、ハリウッド俳優もお忍びで訪れるほど人気の場所です。

その魅力についてご紹介いたします。

 

クラビとは

タイバンコクの南西へ約800キロ、ピピ島の近くに位置しています。直行便はないので、バンコクかスワンナプームまたはドムアンで乗り継ぎが必要となります。意外と航空券が高いのですが、私は昨年12月にAirAsiaのセールで3万円代でゲットすることができました。

皆さんも、各航空会社のセール情報をチェックしてみてくださいね。

 

どんなビーチがあるの?

クラビ島自体の主なビーチは3つ。

「アーオ・ナン・ビーチ」


観光名所として有名なのがアーオナンビーチ。ここから様々な島に向けてボートが出発します。

「ライレー・ビーチ」

pixta_2517970_M (1)

photo by Pixta

ライレー・イーストとウエストでビーチが分かれており、イーストビーチではロッククライミングが楽しめ、海水浴にはあまり向いていないそう。一方ウエストビーチは、レストランやショップが並ぶリゾートエリアとなっています。

■詳細情報
・名称:ライレー ビーチ
・住所:194/5 Moo 5 | Tambol Saithai, Railay Beach,Krabi Town 81000, Thailand
・料金:往復約200バーツ
・所要時間:アオナンビーチ発着、ロングテールボートで15分程。

「プラナーンビーチ」

pixta_4068300_M

photo by Pixta

こちらはロッククライミングで有名な所。更に、プラナーン洞窟と呼ばれる所がありその中で泳ぐことができるので、水着をお忘れなく。これらの海は陸続きなのですが、このビーチはボートでないと行けないので注意してください。

■詳細情報
・名称:プラナーンビーチ
・住所:Ao Nang, Krabi
・料金:往復約200バーツ
・所要時間:所要時間はロングテールボートで約20分

 

日帰りで離島にも行ける!

クラビ島のビーチは、泳ぐというよりはゆっくりしたい人向け。泳ぎたい人は日帰りでも訪れることができる離島がオススメです。

 「チキン島」

pixta_4068328_M

photo by Pixta

鶏の頭の形に似ているということからチキン島と名付けられ、ここではシュノーケリングをして楽しむことができます。

「ポダ島」

pixta_627795_M (2)

photo by Pixta

このポダ島、メインビーチの裏に周ると岩で囲まれた素敵なビーチがあるので、見たい方は実際に訪れてチェック!

「タップ島」


引き潮の時、砂浜が現れて歩くことができ「海の中道」と言われています。島に行く手段はボート。

pixta_13454801_M

photo by Pixta

このようなロングテールボートと言われる物とスピードボードの2つあります。ただ、人数が揃わないと出発しないこと、ボート料金を人数で割り勘になるなどの注意点があります。

島をすべて巡るツアーなどもあるので、旅行前に調べていきましょう。

 

1 2
Pocket はてブ

WRITER

伊達瞳
伊達瞳
三度の飯より旅が好き
無類のコーラ好き!そして食べることが大好き。世界のディズニー制覇を目指し中、達成まであと2ヶ国!各国のオリジナルの洋服アクセサリーブランドを探すことが好きで、今一番行きたい国はケニア!リアルライオ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

アジアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧