日の沈まぬ国「リビア」の世界遺産まとめ

Pocket はてブ

北アフリカのリビアと言えば、カダフィ政権をイメージする人が多いでしょうか。日本ではマイナーですが、チュニジア、アルジェリア、モロッコと並び、日の沈まぬ国(マグレブ諸国)に数えられ数多くの神話が眠る国です。

外務省の発表する危険情報は2015年7月31日現在、最大のレベル4(退避勧告)となっており、すぐに旅行することはできません。いつか安全に旅行できる日が来ることを願って、この記事ではリビアにある世界遺産を全て紹介します。

 

レプティス・マグナの古代遺跡

レプティス・マグナの古代遺跡

photo by DAVID HOLT

レプティス・マグナの古代遺跡

photo by Ben Sutherland

アル・クムス市にある北アフリカ屈指の古代ローマ都市遺跡です。トリポリタニアの三都のひとつで、アフリカ初のローマ皇帝セプティミウス・セウェルスの出身地でもあります。

遺跡には、円形演技場、公共広場、市場跡、古代ローマ劇場、セウェルス朝のバシリカなどが残っています。1982年に世界文化遺産に登録されました。

 

タドラット・アカクスのロック-アート遺跡群

タドラット・アカクスのロック-アート遺跡群

photo by Jim Trodel

紀元前1万2000年頃から西暦100年頃までに描かれたとされる岩絵が数多く発見されている地域で、山を意味するタドラットの名の通り、岩山、砂丘、渓谷など変化に富んだ自然景観を有しています。

先史時代に描かれた岩絵にはゾウ、キリン、ラクダなどの動物や、楽器を弾く人間や踊る人間なども描かれています。1985年に世界文化遺産に登録されました。

 

サブラータの古代遺跡

サブラータの古代遺跡

photo by Artur Bergman

サブラータの古代遺跡

photo by Artur Bergman

紀元前9世紀から紀元前8世紀に、フェニキア人によって建設された都市です。しかし2世紀以降、ローマの植民地となり古代ローマ都市の一つとなりました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ルイス
前田塁
TABIPPO.NET編集長
慶應義塾大学商学部卒。大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズまでを担当するフルスタック編集長です。ツイートは旅行とテクノロジーと宇宙が多め。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

アフリカのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧