「国宝五城」あなたは言える?姫路城とあとの4つは?知らなきゃ日本人として恥ずかしい!

Pocket はてブ

日本には現存している天守閣は12城ありますが、そのうち国宝に認定されている「国宝五城」をご存知でしょうか? 姫路城がすぐに浮かんだ人は多いと思いますが、あとの4つは彦根城、犬山城、松江城、松本城になります。

その地ならではの景観とともに、城は1つ1つ違った表情を見せてくれます。今回は絶景とともに国宝級の城を紹介していきます!

 

姫路城【兵庫県】

pixta_23193062_M

photo by pixta

世界遺産に登録されているただ1つのお城であり、日本一の名城とも呼び声が高いのが姫路城です。シラサギが羽を広げたような姿から別名「白鷺城(しらさぎじょう)」と言われ、その白とシルエットの美しさは芸術作品のようです。

また豊臣秀吉が城に住み、その後の出世の拠点となったため「出世城」ともよばれます。

 

s_pixta_25829382_M

photo by pixta

姫路城は春の季節が見ごろで、桜の淡いピンクと、姫路城の白の組み合わせは息の呑む美しさがあります。

 

彦根城【滋賀県】

s_pixta_24083356_M

photo by pixta

ゆるキャラのひこにゃんでも馴染みがある彦根城ですが、そのイメージとは対照的に、彦根城は戦のための城でした。壁の鉄砲穴は、外から見えない様に作られており、敵が中に入ってきたとしても、上から突き落せるように階段は62度と急な角度になっています。

 

s_pixta_13233968_M

photo by pixta

全国的に見ても保存状態の良い城であり、天守や下屋敷の庭園などが当時の姿のままみることができます。明治期には解体の危機にありましたが、明治天皇が彦根を通った時にその美しさに魅了され、保存するように命令を下したとされます。

 

犬山城【愛知県】

s_pixta_26165662_M

photo by pixta

犬山城は室町時代に建てられ、現存する日本最古の天守です。木曽川のほとりの小山の上に建てられた天守閣からの眺めは絶景です。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

田中一成
田中一成
大学4年のTABIPPO専属ライター。 古武道とかダッシュとか体動かすことが趣味。一時は往復42㎞かけ大学にチャリ通し、1限でハアハアする生活をしていた。 星が好きなため阿智村とテカポ湖に…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

歴史

FEATURED特集

特集一覧へ