フィリピンで買うべきお土産31選

Pocket はてブ

海外旅行の際にお土産の買い物をするのも一つの楽しみですよね!

日本からもほど近い白い砂浜の美しいビーチを持つフィリピンでは、南国ならではのフルーツを生かしたお土産や、チョコレート、スナック菓子や薬草を使ったお茶、お酒、雑貨が豊富に揃っていて、とてもリーズナブルにお買い物をすることができます。

そこで今回は、みんなにお裾分けしたくなるフィリピンのお土産をご紹介します。

 

1.Chocnut(チョクナッツ)


フィリピンには、日本ではお目にかかれないスナックが多くあります。仕事の会議中でも、テーブルの上にはスナックやキャンデーが振る舞われる事も多いです。

その中でも大人気なのがChocnutです。Hanyというほぼ同じ商品よりもこちらのほうが人気があります。価格は約100円未満です(24p入り)。

 

2.Theo Philo Artisan Chocolates(テオフィリオアーティサンチョコレート)

Tin Tuguiguiさん(@tin2gg)がシェアした投稿 – 2012 10月 21 5:38午前 PDT

フィリピンでも有名な、高級チョコの部類に入るものです。工場生産といえどカカオ豆の選定から、最後のラッピングまで丁寧に管理するため、少量ずつしか製造されていないそうです。ギフトボックスもあるのでお土産に最適です。200円前後で買うことができます。

 

3.Dried Mangos(ドライマンゴー)

日本のスーパーでも買える状況なので、お土産にするか迷いますが、日本ではあまり見ないサイズもあり、値段も150円〜(100g)と安いです。セブの工場直売所に行けば、現地のスーパーなどで買うより安く買うことができます。

 

4.JOVY’S BANANA CHIPS(Jovy’sバナナチップ)


こちらも果物ですが、当然生ものは持ち出し厳禁です。ドライフルーツやチップスとしてお土産にできるのですが、袋状のものだと割れてしまうため、こちらのボトルタイプがお勧めです。値段は200円前後(400g)です。

 

5.Polvoron(ポルボロン)

スペインの植民地であったフィリピンには様々なところでその面影を見ることができますが、このポルボロンもその一つ。ホームメードで作る家庭も多く、値段も買う場所によってバラバラですが、口全体に広がるパサパサとした食感が、きな粉菓子のような懐かしさを漂わせるおいしいお菓子です。200円前後(10p)で購入できます。

 

6.Otap(オタップ)

こちらもローカルスナックのパイで、お土産にちょうど良い量と値段で買えるものです。フィリピンのスーパー等に行けばどこでも手に入る商品です。

 

7.Turrones de Kasoy(トゥロンデカソイ)

フィリピンの駄菓子の一つであるキャンディーは、スペインのトゥロン(ヌガー)をもとに誕生したそうです。はちみつ、砂糖、卵とナッツで作られており非常においしいと評判です。ライスペーパーで包んであるのでそのまま食べられます。

 

8.Peanut Kisses(ピーナッツキシィーズ)


Hershey’sのチョコ、 kissesにインスパイアされて作られたというピーナッツ風味のクッキー菓子。ボホールのお土産として有名で、価格は約150円(200g)です。

 

9.Barako Coffee Beans(バラココーヒー)


フィリピン産のコーヒーになります。現地のタガログ語で強い男を意味する「バラコ」という名前の通り、ストロングな味わいで癖になると評判です。まとめ買いをして帰ってくる人も多いお土産です。約1000円前後〜(250g)売られています。

 

10.Coffee Alamid(アラミドコーヒー)

インドネシア産がとても有名ですが、ジャコウネコが生息していれば味わうことができる、世界で一番高いコーヒー豆が、フィリピンにもあります!

ジャコウネコの体内を通して発酵させたコーヒー豆からは、独特の香りがするアロマを感じることができるそうです。ラッピングの違いなのかもしれませんが、値段も色々あるようで3000円〜5500円前後(100g)となっています。

 

11.Lagundi Tea(ラグンディティー)

フィリピンでは薬草を使う風習がまだまだ残っており、10の植物については国の保健省が公式に承認しているほどです。こちらは和名「ニンジンボク」です。健康派の人にオススメです!

 

12.Sambong tea(サンボンティー)


フィリピンの伝統的なお茶です。国営の工場でハーブティーなどとして生産されています。こちらは和名「タカサゴギク」。ヨーロッパでも研究が盛んな植物で、様々な効能があるそうです。

 

13.Malunggay tea(マルンガティー)

日本でもモリンガとして知られている、世界で大注目中の植物です。とても栄養価が高く、ティーバッグだけでなくボトルのドリンクとしても出回るほどの人気を誇っています。

 

14.Lambanog(ランバノグ)

CAKEBOZさん(@cakeboz)がシェアした投稿 – 2017 2月 8 10:20午後 PST

ここからはアルコール関係のお土産を紹介します。ランバノグは伝統的な蒸留酒で、ココナッツのウォッカとも言われています。アルコール度数も高めで30度〜50度になります。蒸留酒になる前のお酒tubaも販売されています。

 

15.Vin de coco(ココナッツワイン)

フィリピンのココナッツはワインにもなりました。オシャレなデザインのボトルもあるので、お土産にしたい方はぜひ探してみてくださいね!

 

16.mango wine(マンゴーワイン)

フルーツのマンゴーもワインにしない訳にはいきませんよね!かなりの甘さなので、ジュースのようにガブガブ飲まないように気を付けましょう。

 

17.Strawberry Wine(ストロベリーワイン)

フィリピンでも町興しのようなOne Town One Projectを行っています。そして、その中で生まれたのがこの苺のお酒です。女の子にもオススメの可愛いワインです。

 

18.Calamansi Wine(カラマンシーワイン)

J.さん(@_annestein_)がシェアした投稿 – 2015 5月 10 6:11午後 PDT

フィリピンでは重要な主要柑橘系果物のカラマンシーです!ジュースやお酒・お酢にもなっており、フィリピンではレモンと変わらない使い方をしている果物の一つです。

 

19.Cashew wine(カシューワイン)

カシューナッツを取るためのいらないところではなく、ちゃんとこういったワインにもなっています。カシューナッツはカシューアップルの外の殻に包まれて育っていきます。

 

20.Tanduay Rhum(タンデュアイ ラム)

こちらは世界的に見ても大きなラム酒の会社が作っています。バカルディーというラム酒が人気なのですが、このTanduayが世界2位の販売量を誇っています。街中でもいろんなところで売っていますので、お酒好きへのお土産にいかがですか。

 

21.フィリピンTシャツ

フィリピンの雑貨お土産として TOP3に入るTシャツです。多種多様なデザインのTシャツを見ることができますよ。オシャレなものを見つけて自分への思い出の服にするのもオススメ!

 

22.ココナッツリップクリーム

リップスティックや、リップのバームはお土産でもらってもほとんど困る人はいないはずです。女性にも渡しやすいお土産として人気の部類に入りそうですね。200円未満(1本、1個)と、お手頃価格なのも嬉しいですね。

 

23.オーガニックソープ

こちらのThe tropical shopからは主にオーガニックの商品が出ています。こちらで紹介するのは石鹸ですが、先ほどのリップやオイルなど様々なものが日本で買うより安く買えるので、テスターで試して良かったら、手に入れるのもいいですね。

 

24.ココナッツオイル

日本でも大人気のココナッツオイル。日本で買うと結構高いオーガニックのココナッツオイルが、1000円以内で買えるとなれば、ついつい女子ならば手が出てしまいます。お料理に取り入れたり、肌や髪に使ったりと様々な使い方ができますよ。

 

25.borloloy(ボロロイ)

フィリピンにはとても手の込んだアクセサリーが、安く売ってあります。気に入ったのがあればたくさん買い込んでみんなにお土産として渡しましょう。値段も100円未満でコスパ抜群です!

 

26.Caviar Dish(キャビアディッシュ)

名前の通りキャビア用のお皿です。貝のお皿に乗せることで味を変えずにいただくことができるそうです。キャビア入れだけに使わず、ピアスやネックレスなど、アクセサリーのトレイ代わりに使うとキュートですよね。

 

27.Capiz Items(カピス雑貨)

hanさん(@hanwriting)がシェアした投稿 – 2017 2月 8 8:24午前 PST

カピス州は西ビサヤに属する州です。その地域を代表するのがこれらのインテリアデコレーションの数々です。シェル素材を散りばめた特徴的なデザインは、アクセントとなって旅を思い起こさせてくれる一品となることでしょう。

 

28.Philippine Pearls(フィリピンパール)

こちらも自分や家族へのお土産になる人のほうが多いのかもしれませんが、世界で一番パールの安く買える場所と言われています。偽物を見分ける方法として、噛めという話があるのをご存知でしょうか。

噛み心地が砂のようで、ふき取ってみてそれが消えたら本物だという見分け方があるようです。

 

29.Sungka(スンカ)

Kampeonさん(@kampeonco)がシェアした投稿 – 2016 11月 23 6:58午前 PST

頭を使う面白い遊びで、紀元前から同じようなゲームが楽しまれてきたようです。起源ははっきりとせず、アフリカや中東などから文明の交流に従って広められたようです。

ルールは土地様々で総称としてマンカラと呼ばれることもあるようです。

 

30.Banig(バニング)


フィリピンの伝統的な織物のマットで、寝たり座ったりするために作られてきました。デザインやモチーフのもととなっているのはそれぞれの民族によって変わり、原材料も同じく違ってくるそうです。

バックや財布など様々なものに形を変えて手に入れることができます。

 

31.Philippine Jeepney(ジプニートイ)

こちらはフィリピンの郷愁を誘う乗り物。国内を走るデコトラバスともいうべきジプニー。子供用のお土産にオススメです。サイズとクオリティーには気を付けましょう。

 

いかがでしたか?

近年急激な成長を遂げているフィリピン。最近は語学留学で渡る人も増え、注目が集まっているようです。フィリピンを訪れるなら、思いっきり楽しんで、その国の文化をお土産に込めて持ち帰ってくださいね!

Pocket はてブ

WRITER

cafe-lounge
cafe-lounge
旅行と世界遺産、そしてコーヒーや空港のラウンジが大好きです!これまでにドバイ、オマーン、ヨルダン、トルコ、ドイツ、スイス、オーストリア、インドネシア(バリ島)、香港、サイパン、シンガポールなど様々…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

フィリピンのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧