2月末までの超大特価!都心から1時間半の無人島が「1日7万円」で貸切できる

Pocket はてブ

「無人島に流されたとして、たった一つしか物を持っていけないとしたら何にする?」こんな質問を、友人と一度は話した経験ある人は少なくないはず。

個人的には、根拠もなしになんとなくサバイバルナイフっていつも答えているのですが、この答えの真偽を試す日がとうとうやってまいりました。

なんと!今、12月〜2月の期間限定で、横須賀沖に浮かぶ無人島「猿島」を1日7万円で貸切できるのです!

 

猿島について

猿島とは、神奈川県横須賀市に位置し、東京湾にある唯一の無人島。

京急線「横須賀中央」駅からは徒歩と船で30分と、都心からだと約1時間半ほど。離島にしては、かなり気軽に行ける場所にあります。

そのため、夏は無人島という超非日常な空間でバーベキューや海水浴を楽しむころでひとで溢れている、神奈川では屈指の観光スポットなのです。

 

なぜ貸切できるのか

s_pixta_17319322_M (1)s_pixta_2679285_M

photo by pixta

猿島の観光シーズンは夏がメインのため、例年12~2月のあいだは島に向かう船も土日のみの運行。

つまり、平日は本当に「無人」の島になっているのです。ということは、期間限定で貸切できることは、本当にいまだけ!

この機会を逃したら、「無人島でリアルサバイバルゲーム」っていう夢、もう叶わないかもしれないですよ。

 

猿島の魅力

s_pixta_18877671_M

photo by pixta

6200152679_666bd5a517_b

photo by sabamiso

猿島は、かつて要塞の島として役割を果たしていました。その当時、一般人の立ち入りは一切禁止。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ミカエル
戸口実花
ビールは主食
立教4年。海が見える教室で高校生活を送った湘南育ち。TABIPPOのメディアでライター/編集者として働き、現在はプロダクトでPRを担当しています。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

南の島特集