スロバキア旅行で訪れるべき観光スポット35選

Pocket はてブ

スロバキアは中欧にある小さな国ですが、様々な魅力があります。しかし、日本では首都ブラチスラバを除いて、ほとんど知られていません。

そこで、今回はスロバキアの魅力を35箇所選んでみました。ぜひ、スロバキアにも足を運んでください。

*編集部追記
2016年8月に公開した記事に新たに加筆しました。(2017/9/4)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

スロバキアに行ってみての感想

Photo by 新田浩之

スロバキアには今まで3回訪れています。スロバキアを一言で表すなら「素朴な国」です。派手さはありませんが、温かさを感じる国。それは、スロバキア人にも当てはまります。私にはスロバキアに住んでいるスロバキアの友人がいます。いつ訪れても、家族みんなで温かく歓迎してくれます。

多くの旅行者はスロバキアの首都、ブラチスラバしか訪れませんが、それはあまりにもったいない!色々な場所を訪れて、スロバキアの魅力に触れてみてください。

 

スロバキアを観光する際のアドバイス

Photo by 新田浩之

スロバキアではテロや犯罪の心配はいりません。基本的なことを守れば、安心して旅行できる国です。あえて注意点を書くなら、ダニに注意したいところ。特に、タトラ山近くはダニがよく出ます。

ダニが気になる方はベッドの上に敷物を敷くといいでしょう。スロバキアの通貨はユーロです。そのため、オーストリア・ウィーンからでも両替なしで観光できます。

 

スロバキアのおすすめスポット

Photo by 新田浩之

個人的におすすめしたいスポットはチェルヴェニー・カメン城です。このお城はスロバキアとチェコの国境近くにあるのですが、とにかく内装が豪華!

また、映画のロケにも使われた地下倉庫は一見の価値があります。基本的にチェルヴェニー・カメン城はツアーでの見学となります。

 

*編集部追記(2017/9/4)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

1. ブラチスラヴァ城

P9240510

Photo by:新田浩之

最初に訪れたいのが、首都ブラチスラバにある「ブラチスラヴァ城」です。ちょうど、テーブルを逆さまにしたような形をしています。「ブラチスラヴァ城」はハンガリーの首都になったこともある由緒正しき城です。近年、リニューアルされ、より一層美しくなりました。

■詳細情報
・名称:ブラチスラヴァ城(Bratislavsky hrad)
・住所:811 06 Bratislava
・アクセス:ブラチスラヴァ中央駅から徒歩30分
・営業時間:8:00~24:00
・定休日:日曜日
・電話番号:+421 2/544 114 44
・所要時間:1時間
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.bratislava-hrad.sk

 

2. 国立歴史博物館

P9240508

Photo by:新田浩之(国立歴史博物館は城の中にあります)

ブラチスラヴァ城の内部には「国立歴史博物館」があります。ここには様々な宝物があり、スロバキアの歴史を学ぶことができます。特に豪華な王冠は見ものですよ。ぜひ、城の外部だけでなく「国立歴史博物館」も忘れずに!

■詳細情報
・名称:国立歴史博物館(Historicke muzeum)
・住所:811 06 Bratislava
・アクセス:ブラチスラヴァ中央駅から徒歩30分
・営業時間:10:00~18:00(4月~11月中旬)、9:00~17:00(11月中旬~3月)
・定休日:月曜日
・電話番号:(02)2048-3110
・料金:大人7ユーロ、小人4ユーロ
・所要時間:1時間
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.snm.sk/?historicke-muzeum-uvodna-stranka

 

3. 聖マルティン大聖堂

P9240489

Photo by:新田浩之

ブラチスラヴァ城へ行くまでに必ず見かけるのが「聖マルティン大聖堂」です。「聖マルティン大聖堂」は14世紀に建てられたブラチスラヴァで最も古い教会です。

ハンガリーがオスマン帝国に占領されていた時代は「聖マルティン大聖堂」で戴冠式が行われていました。教会に入ると、厳粛な雰囲気が漂います。

■詳細情報
・名称:聖マルティン大聖堂(Dom sv.Martina)
・住所:Rudnayovo námestie 1, 811 01 Bratislava
・アクセス:ブラチスラヴァ駅から徒歩20分
・営業時間:9:00~11:30、13:00~18:30(月曜日~土曜日)、13:30~16:00(日曜日)
・定休日:無休
・料金:2ユーロ
・所要時間:30分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://dom.fara.sk/index.php/sk

 

4. 青の教会

5334470650_8996e61588_b

Photo by:Peter Collins

ブラチスラヴァにあるユニークな教会が「青の教会」です。正式名称は「アルジュベタ教会」ですが、地元では「ブルーチャーチ」という愛称で親しまれています。外観も青色ですが、内装も青色です。少しメルヘンチックな教会ですね。

■詳細情報
・名称:青の教会(Blue Church)
・住所:Bezrucova 2, Bratislava
・アクセス:旧市街から徒歩20分
・営業時間:6:30~8:00、17:30~19:30(月曜日~土曜日)、7:30~12:00、17:30~19:30(日曜日)
・定休日:無休
・電話番号:(02-5273-3572
・料金:無料
・所要時間:30分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.welcometobratislava.eu/the-blue-church

 

5. UFOの塔

4393800981_0aa7c5360b_b

Photo by:Drunk Photographer

 ブラチスラバ城からドナウ河方向を見ていますと、不思議な橋に目がいくはずです。この奇妙な橋は「UFOの塔」と呼ばれています。
「UFOの塔」は展望タワーとなっており、ブラチスラヴァを一望することができます。共産主義時代に作られた奇妙な塔に行ってみましょう。
■詳細情報
・名称:Vyhliadka UFO
・住所:most SNP
・アクセス:ブラチスラヴァ城から徒歩10分~20分
・営業時間:10:00~23:00
・定休日:無休
・電話番号:(02)6252-0300
・料金:大人6.5ユーロ、学生4.35ユーロ、小人3.25ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.redmonkeygroup.com/sk/ufo-vyhliadka.html

 

6. ミハエル門

P9240516

Photo by:新田浩之

ブラチスラヴァ中央駅を降り、15分ほど歩くと旧市街に着きます。旧市街にはいくつかも門がありますが、唯一現存している門が「ミハエル門」になります。

「ミハエル門」は14世紀にゴシック様式で建てられましたが、16世紀にルネサンス様式に建て替えられました。塔の中には「武器博物館」があります。

■詳細情報
・名称:ミハエル門(Michalska brana)
・住所:Michalska22
・アクセス:ブラチスラヴァ中央駅から徒歩15分
・所要時間:30分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:https://www.visitbratislava.com/sk/miesta/michalska-brana

 

7.スロバキア国立ギャラリー

#tbt to last week in Bratislava. #sng #slovenskanarodnagaleria #slovaknationalgallery #architecture #fuckofflamp

Michal Kozákさん(@wokoman)が投稿した写真 – 2016 7月 14 6:35午前 PDT


美術に興味がある方は「スロバキア国立ギャラリー」に行ってみましょう。ギャラリーは18世紀に建てられた宮殿と共産主義時代に建てられた兵舎で成り立っています。

様々な展示品がありますが、ゴシックの作品はスロバキアで一番の規模を誇ります。もちろん、現代の作品も展示されています。

■詳細情報
・名称:スロバキア国立ギャラリー(Slovenska narodna galeria)
・住所:Nam Ludovita,Stura 4
・アクセス:ブラチスラヴァ中央駅から徒歩30分
・営業時間:10:00~18:00(火曜日、水曜日、金曜日~日曜日)、12:00~20:00(木曜日)
・定休日:月曜日
・電話番号:(02)2047-6111
・料金:無料
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.sng.sk/sk

 

8. ユダヤ文化博物館

Их нравы – 2.

Alex Zheさん(@zhe13)が投稿した写真 – 2014 5月 1 11:22午前 PDT


スロバキアをはじめとする中欧諸国にはかつて、多くのユダヤ人が住んでいました。しかし、第二次世界大戦、ナチスドイツによって多くのユダヤ人が殺されたのです。

スロバキアにおけるユダヤ人の歴史を学べるのが「ユダヤ文化博物館」です。展示物は年代順でわかりやすく解説されています。なお、ブラチスラヴァ城の近くにはユダヤ人のお墓があります。

■詳細情報
・名称:ユダヤ文化博物館(Muzeum Zidovskej Kultury)
・住所:Zidovska Ulica 17
・アクセス:ブラチスラヴァ中央駅から徒歩20分~30分
・営業時間:11:00~17:00
・定休日:土曜日
・電話番号:(02)2049-0101
・料金:大人7ユーロ、小人、学生2ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.snm.sk/?muzeum-zidovskej-kultury-uvodna-stranka

 

9. ブラチスラヴァ交通博物館

P9240526

Photo by:新田浩之

鉄道や自動車が好きな方でしたら、ぜひ「ブラチスラヴァ交通博物館」に行ってみましょう。この博物館にはレトロな車や迫力満点の蒸気機関車が多数展示されています。

戦後、スロバキアは共産主義国でしたので、日本とは大きく異なるデザインに注目してください。ブラチスラヴァ中央駅からもアクセスしやすいです。

■詳細情報
・名称:ブラチスラヴァ交通博物館(Železničné múzeum)
・住所:Bratislavský kraj, Bratislava
・アクセス:ブラチスラヴァ中央駅から徒歩10分
・営業時間:10:00~17:00
・定休日:月曜日
・電話番号:+421 (0)2/5244 41 63
・料金:大人3.3ユーロ、小人1.5ユーロ
・所要時間:1時間程度
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://slovakia.travel/en/transport-museum-bratislava

 

10. デヴィーン城

168120_187192344635629_814649_n

Photo by:新田浩之

スロバキアは本当に城が多い国です。ブラチスラヴァ城のように城の体裁を保っているものもありますが、多くの城が破壊されたまま残っています。

また、そのような姿が趣き深くていいのですが。「デヴィーン城」もそんな城のひとつです。19世紀にナポレオンに攻め落とされた後、そのままの姿になっています。

■詳細情報
・名称:デヴィーン城(Devinsky hrad)
・住所:Muranska Ulica
・アクセス:SNP橋の下にあるバスターミナルから29系統に乗車
・営業時間:10:00~17:00(4月と10月)、10:00~18:00(5月~9月 火曜日~金曜日)、10:00~19:00(5月~9月 土曜日、日曜日)
・定休日:月曜日
・電話番号:(02)6573-0105
・料金:大人4ユーロ、小人2ユーロ
・所要時間:1時間程度
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.muzeum.bratislava.sk/vismo/dokumenty2.asp?id_org=700015&id=1018

 

11. チェルヴェニー・カメン城

P9260574

Photo by:新田浩之

ブラチスラヴァから北へ30キロの場所にモドラという小さな町があります。そこから、タクシーに乗ると、ブラチスラヴァ城に引けを取らない立派な城「チェルヴェニー・カメン城」見えてきます。

この城の注目すべきところは城内の豪華な調度品と地下倉庫です。映画のセットにも使われていた地下倉庫には多くのワインが保存されていたのです。知られざる豪華な城へ、足を運んでみましょう。

■詳細情報
・名称:チェルヴェニー・カメン城(Cerveny Kamen Castle)
・住所:Bratislavský kraj, okres Pezinok, Častá
・アクセス:ブラチスラヴァからバスで「Častá」下車。詳しくはバスホームページを参照
・営業時間:9:30~15:30(火曜日~日曜日 10月~4月)、9:00~17:00(5月~9月
・定休日:月曜日(10月~4月)
・電話番号:+421 (0) 33/245 51 03
・料金:大人7ユーロ
・所要時間:2時間程度
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.hradcervenykamen.sk

 

12. トレンチーン城

P9250554

Photo by:新田浩之

ブラチスラヴァから列車で90分ほど乗ると、トレンチーンに着きます。トレンチーンには「トレンチーン城」という立派なお城があります。

この城もなかなかの規模で、城からはトレンチーンの町並みが一望できますよ。ガイドツアーになっており、英語のテキストを渡されますので、スロバキア語がわからなくても、内容はなんとなく理解できます。

■詳細情報
・名称:トレンチーン城(Trenciansky hrad)
・住所:Matušova 19, 912 50 Trenčín
・アクセス:トレンチーン駅から徒歩30分
・営業時間:9:00~16:30(4月、10月)、9:00~17:30(5月~9月)、9:00~15:30(11月~3月)
・定休日:無休
・電話番号:(032)743-5657
・料金:グランドツアー 大人4.35ユーロ、小人、学生2.35ユーロ
・所要時間:90分程度
・オススメの時期:冬以外
・公式サイトURL:http://www.muzeumtn.sk/trenciansky-hrad.html?page_id=297

 

13. シェンクヴィツェ

P9260568

Photo by:新田浩之

「シェンクヴィツェ」はブラチスラヴァから列車で20分ほど行った小さい町です。この町は小さいですが、スロバキアの歴史を知る上では大変興味深いスポットなのです。

まずは、教会に行ってみましょう。「シェンクヴィツェ」にある教会はオスマン帝国からの襲来を防ぐために壁で防御しているのです。また、ワインの醸造所もちらほら見かけます。ノンビリとしたいい町です。

■詳細情報
・名称:シェンクヴィツェ(Senkvice)
・住所:Senkvice, Slovakia
・アクセス:ブラチスラヴァからトルナーバ行きの列車に乗り20分
・所要時間:1時間ほど
・オススメの時期:冬以外
・公式サイトURL:http://www.senkvice.org

 

14. 二トラ城


ブラチスラヴァからバスで東へ約1時間~2時間。スロヴァキアの主要都市のひとつ二トラに着きます。二トラは5世紀に現在のスロバキア人が住み着き、あらゆる王国の中心として栄えました。

二トラの象徴が11世紀に建てられた「二トラ城」です。一日かけて、ニトラじっくり回るのもいいでしょう。

■詳細情報
・名称:ニトラ城(Nitriansky hrad)
・住所:Stefanikova1
・アクセス:二トラへはブラチスラヴァからバスで約1時間~2時間
・営業時間:8:00~18:00(7月、8月の月曜日~金曜日)、9:00~18:00(7月、8月の土曜日)、14:00~18:00(7月、8月の日曜日)、8:00~18:00(9月~6月の月曜日~金曜日)、8:00~12:00(9月~6月の土曜日)
・定休日:日曜日(9月~6月)
・電話番号:(037)16186
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.nitrianskyhrad.sk

 

15.スロバキア民族蜂起博物館

#muzeumsnp #banskabystrica #slovakia #architecture #nofilter

Michaela Petrikさん(@michi_petrik)が投稿した写真 – 2015 11月 15 1:43午前 PST


第二次世界大戦、スロバキアはナチスドイツの傀儡国家「スロバキア独立国」の支配下にありました。ナチスドイツ側への抵抗を試みたのが「スロバキア民族蜂起」です。

「スロバキア民族蜂起」を学べる博物館がスロバキアのほぼ中央、バンスカー・ビストリツァにあります。第二次世界大戦に興味がある方は足を伸ばしてみましょう。

■詳細情報
・名称:スロバキア民族蜂起博物館(Muzeum Slovenskeho Narodneho Povstania)
・住所:kapitulska 23
・アクセス:ブラチスラヴァからバスで3時間~4時間
・営業時間:9:00~18:00(5月~9月)、9:00~16:00(10月~4月)
・定休日:月曜日
・電話番号:(048)412-3258
・料金:大人2ユーロ、小人1ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.muzeumsnp.sk

 

16.スロバキア村博物館


スロバキアの首都は名実ともにブラチスラヴァですが、20世紀初頭に首都が移転される話が持ち上がりました。その候補となった町がマルティンです。

マルティンは人口6万人以下ですが、19世紀にはスロバキア人の民族運動の中心地となったのです。マルティンにある「スロバキア村博物館」は屋外博物館になっており、19世紀後半から20世紀前半の人々の生活が学べるようになっています。

■詳細情報
・名称:スロバキア村博物館(Muzeum Slovenskej dediny)
・住所:Jahodnicke haje
・アクセス:ブラチスラヴァからバスで約4時間30分
・営業時間:9:00~18:00(5月~8月)、9:00~17:00(9月、10月)、10:00~14:00(11月~4月)
・定休日:月曜日(9月~6月)、土曜日(11月~4月)
・電話番号:(043)245-8111
・料金:大人2ユーロ、小人、学生1ユーロ
・オススメの時期:冬以外
・公式サイトURL:http://www.skanzenmartin.sk

 

17. 鉱石博物館

167331_187193337968863_6020892_n

Photo by:新田浩之

スロバキアにはいくつか世界遺産がありますが、その中のひとつがバンスカー・シュチャヴニツァという元鉱山の町です。ここはスロバキアで最古の鉱山都市で金、銀を採掘していました。

最盛期の17世紀~18世紀にかけて、オーストリア・ハンガリー帝国の産業を下支えしていたのです。博物館はここで採れた様々な鉱石が展示されています。

■詳細情報
・名称:鉱石博物館(Banske museum)
・住所:Kammerhofská 2, Banská Štiavnica
・アクセス:ブラチスラヴァからバスで3時間30分
・電話番号:+421 45 692 05 35
・所要時間:1時間程度
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.muzeumbs.sk/kammerhof

 

18. ロムニツキー・シュティート

P9190405

Photo by:新田浩之

スロバキアのシンボルはタトラ山です。スロバキアの国旗や国歌にも登場します。そんな、スロバキアのシンボルに行きませんか?心配はいりません。

登山鉄道の駅からロープウェーを使えば、気軽にタトラ山にアクセスできます。ただし、天候が悪い場合は頂上には行けません。天候が悪くても、途中の乗り継ぎ場でこのような美しい風景を見ることができますよ。

■詳細情報
・名称:ロムニツキー・シュティート(Lomnický stit)
・住所:Lomnický štít, Slovakia
・アクセス:タトランスカー・ロムニツァ駅からロープウェー
・営業時間:ロープウェー 8:50~15:30(夏季)、8:50~14:20(冬季)
・定休日:悪天候の場合
・料金:タトランスカーロムニッツァから往復39ユーロ
・所要時間:2時間以上
・オススメの時期:晴れていたらいつでも
・公式サイトURL:http://www.vt.sk/zazitky/vylety-lanovkami/lomnicky-stit

 

19. ゲオルギウス教会

P9180382

Photo by:新田浩之

タトラ山の登山口になるポプラド・タトリも見ておきましょう。ポプラド・タトリは周辺の町を併合することで成長した町です。

15世紀から18世紀の間にはポーランドの支配を受けたこともあります。現在はタトラ山のゲートウェイとして、可愛らしいペンションが営業しています。

ポプラド・タトリの目玉が「ゲオルギウス教会」。現在の教会の姿は15世紀に建てられたものですが、保存状態がよく、往時を偲ばせます。

■詳細情報
・名称:ゲオルギウス教会(Church of St. George)
・住所:Spišská Sobota 058 01 Poprad
・アクセス:ポプラド駅から徒歩20分
・所要時間:30分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://tryslovakia.com/product/roman-catholic-church-of-st-george-poprad-spisska-sobota

 

20. スピシュ城

P9200415

Photo by:新田浩之

お待たせしました。スロバキアの最大の目玉といえば「スピシュ城」ではないでしょうか。アニメに出てきそうな独特の外観、迫力。

写真で見るのもいいですが、実際に見ると迫力満点ですよ。スピシュ城へのアクセスを少し解説しましょう。登山口はスピシュケー・ポドフラディエという小さな町です。

そこへは、レヴォチャ、ブレショフ、ポプラド・タトリ、コシツェからバスでアクセスできます。スピシュスケー・ポドフラディエからは徒歩1時間を見てください。

■詳細情報
・名称:スピシュ城(Spissky hrad)
・住所:Spissky hrad,Slovakia
・アクセス:スピシュスケー・ポドフラディエから徒歩1時間
・営業時間:9:00~17:00(4月、10月)、9:00~19:00(5月~9月)、10:00~16:00(11月)
・定休日:12月~3月
・電話番号:(053)451-2786
・料金:大人5ユーロ、学生4ユーロ、小人3ユーロ
・所要時間:1時間程度
・オススメの時期:冬以外
・公式サイトURL:http://www.spisskyhrad.sk
1 2
Pocket はてブ

WRITER

新田浩之
国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

スロバキアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ