東京の大自然溢れる絶景スポット20選

Pocket はてブ

東京都は実は南に長~く伸びています。亜熱帯の島々には手付かずの自然と深い藍色の海が広がっています。ビルの林立する都心と同じ東京都とはとても思えない絶景の数々、また実は都心にもあった絶景など、一度は見ておきたい景色をご紹介します。

 

*編集部追記
2015年11月の記事に新たに3選追記しました。(2017/11/3)
「365日 日本一周 絶景の旅」掲載の絶景を追記しました。(2018/07/07)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

東京の絶景スポットに行ってみての感想

photo by pixta

世界的な大都市として知られる東京ですが、秘境と呼ばれる青ヶ島や奥多摩湖など、実はたくさんの絶景スポットがあります。東京での街遊びに飽きたという方にこそ、是非とも絶景スポット巡りがおすすめ!都市とは違った新たな東京の側面に触れることで、ますますその魅力にハマっていきます。

 

東京の絶景スポットは比較的簡単に行ける場所もあれば、飛行機や船などを使わなければ行くのが難しい場所もあります。とりあえず週末を利用して行きたいなら、等々力渓谷や奥多摩湖などがおすすめ!美しい自然と触れ合うことで、日々の疲れを大きく軽減できますよ♪

 

おすすめのベストスポット

photo by pixta

私がおすすめするのは、奥多摩山域でも有名な滝の一つ・百尋ノ滝です。新緑や紅葉の隠れスポットでもあるので、季節の変わり目に行くのが良いでしょう。私は紅葉の季節に行ったので、木々の葉のきれいな色の移り変わりを楽しめました。

 

落差約40m、水量豊かで迫力のある滝は、マイナスイオンたっぷりであなたを癒してくれるはず。トレッキングがてら行けば、週末のリフレッシュになり、ストレスフリーになること間違い無しです!

 

*編集部追記
以下は、東京の絶景スポットの紹介です。(前半はPAS-POLの書籍「365日 日本一周 絶景の旅」の掲載部分になります。掲載内容は書籍とは多少異なります)

 

新宿副都心

photo by 7maru/PIXTA

日本一の大都会。

日本きっての大都会、その景色を眺めるには、東京都庁や文教シビックセンターの展望室に足を運んでみて。晴れた日には西の彼方に富士山を見ることもできる。

 

東京駅

photo by Morio Masuda

風格漂う東京の玄関口。

100年前の姿を取り戻した東京駅の丸の内駅舎。天然スレート屋根のドームが美しい3階建てに復活を果たした。その姿は威風堂々。近代日本の発展そのものといえるだろう。

 

伊豆大島の裏砂漠

photo by irisillusion/PIXTA

日本唯一の砂漠。

伊豆大島には火山噴火でできた日本唯一の砂漠がある。保水性のない地面や火山ガスの影響で、背の低い植物しか育たない。そこはどこか違う星に辿り着いてしまったかのよう。

 

小笠原諸島

photo by daiki/PIXTA

豪快なクジラの遊泳。

ボニンブルーと呼ばれる明るい海に囲まれた小笠原諸島では、ホエールウォッチングに出かけよう。春には出産や子育てをしにやってくるザトウクジラの姿を見ることができる。

■詳細情報
・名称:小笠原諸島
・住所:東京都小笠原村父島
・アクセス:東京港竹芝桟橋から定期船「おがさわら丸」(25時間30分)で父島二見港。就航はほぼ1週間に1便、ピークシーズンには3日に1便。東京港竹芝客船ターミナル午前10時出港、父島の二見港に翌日午前11時30分到着。詳しくは小笠原海運ホームページ(http://www.ogasawarakaiun.co.jp
・電話番号:04998-2-2587(小笠原村観光協会)
・公式サイトURL:http://www.ogasawaramura.com/

 

青ヶ島

photo by Makoto Harada

選ばれし者だけが上陸できる島。

波が荒く、上陸はヘリコプターか就航率50%の船のみ。二重カルデラの山間築かれた集落、地熱サウナや地熱釜、満天の星空など、ここでの一日は記憶に残る旅になるはず。

■詳細情報
・名称:青ヶ島
・住所:東京都青ヶ島村無番地
・アクセス:八丈島までは、ANAの定期便が1日3往復、所要時間は片道約55分。/東海汽船の定期便が1日1往復、所要時間は片道約10時間。八丈島から青ヶ島へは、船の場合は伊豆諸島開発の連絡船「あおがしま丸」 月曜から土曜の週4日運行※天候不良等による欠航もあり、就航率は50~60%/ヘリコプターの場合は「東京愛らんどシャトル」365日運航、乗客定員9名、八丈島-青ヶ島間約20分。
・電話番号:04996-9-0111(青ヶ島村役場代表)
・公式サイトURL:http://www.vill.aogashima.tokyo.jp/

 

東京ゲートブリッジ

photo by kazukiatuko/PIXTA

新しいTOKYO。

2012年に開通した長さ2,618mの東京ゲートブリッジ。ゆっくりと橋の上の散歩すれば、東京タワーやスカイツリーが一望でき、新しいTOKYOの景色を楽しめる。

 

白ママ断層

島を覆い尽くす白い壁。

伊豆諸島の新島にある海岸、羽伏浦海岸にある真っ白な断崖絶壁。白い断層が7kmも続き、高さは最高250m。船から眺めれば、雪で覆い尽くされた氷壁のようにも見える。

 

国営昭和記念公園

photo by Takuya Sagai

黄色に包まれる秋。

見どころの多い場所だが、秋にここを訪れたなら外せないのは、300mのイチョウ並木。緑から黄色へと移りゆく様、落葉が進みあたりが黄色い絨毯になる様、どちらも美しい。

 

丸の内イルミネーション

photo by masami/PIXTA

輝くシャンパンゴールドの街へ。

東京の玄関口では毎年11月中旬から2月中旬までイルミネーションが行われる。有楽町と大手町を繋ぐ通りの街路樹がシャンパンゴールドに輝き、洗練された都会の夜を彩る。

 

東京スカイツリー

photo by Morio Masuda

新しい東京のシンボル。

電波塔として世界一の高さを誇る東京スカイツリー。耐久性のある五重塔の構造や、粋と雅を表す青と江戸紫のライトアップなど、日本の伝統を随所に見ることができる。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

ビーチ・海・海水浴

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品