観光もグルメも最高に楽しめる!「美食の国」ベルギー旅のススメ

提供 : Belgium. Uniquely Phenomenal
Pocket はてブ

こんにちは!TABIPPOのManami(@mkimnm)です。旅が大好きで、マーケティングや記事執筆の仕事をしながら世界中を飛び回っています。

Manami

大阪出身のミーハートラベラー。新しいもの、楽しいことがスキ。広告コンサルタントからフリーランスに転身し、旅関連のマーケティング、編集、執筆などやっております。旅とマンガをこよなく愛してます。

 
自己紹介はこのへんにして。

突然ですが、みなさんはベルギーという国に行ったことがありますか?大国であるフランスやドイツに挟まれた小さな国です。

ワッフルやチョコレート、ビールが有名なことは知っているけれど行ったことはない…という人が多いのではないでしょうか。

旅好きなわたしもヨーロッパ周遊時にベルギーには行きませんでした。今思えばそれはとても(本当にとても)もったいない!

今回はわたしが実際に行って感じたベルギーの魅力をたっぷりお伝えしたいと思います。この記事を読めば、あなたもきっとベルギーに行きたくなるはず。

 

ベルギーはとにもかくにも「美食の国」

冒頭にも書きましたが、チョコレートやワッフル、ビールにムール貝などベルギーは食べ物のイメージが強いのではないかなと思います。

そしてそのイメージは、まさにその通り。大正解!です。ベルギーはとにもかくにも美食の国。毎日毎日美味しいものが食べられる、ステキな国なんです。

そんなベルギーの美味しいグルメ情報を最初にご紹介します。

 

世界中で大人気の「ベルギーチョコレート」

まずは、チョコレート。かの有名な『ゴディバ』、おしゃれな『ピエール・マルコリーニ』、王室御用達の『ヴィタメール』など数々の素晴らしいチョコレートブランドがベルギー発なんです。

本店や1号店がブリュッセルにあることも多いので、好きなブランドのお店をチェックしてみてくださいね。

そんな中、わたしが今回気になったのは日本未上陸の『ローラン・ジェルボー』というチョコレート屋さん!地元でも大人気なんだとか。

フルーツやスパイスと組み合わせたものなど、様々な種類のチョコレートが売られています。

そしてここでは毎週土曜日にワークショップが開かれており、なんと『ローラン・ジェルボー』のチョコレートを自分好みの味や見た目にアレンジして作ることができるんです。

もちろんわたしも参加してみましたが、これがめちゃくちゃ楽しかったです。トッピングがナッツやフルーツなど様々な種類から選べるので、好きな味や食感のチョコレートを作ることができます。

個人的にはピスタチオがお気に入り。「ピスタチオのしょっぱい×チョコの甘い」という最高の組み合わせ!

作ったチョコレートはお土産に持ち帰ることができます。我ながらカラフルでかわいい!

 

街を歩くと必ず食べたくなる「ワッフル」

スイーツ好きの人にとってベルギーが天国なのは間違いないと思います。その理由は先程のチョコレートに加えてワッフルがとても美味しいから。

市街地にはワッフルのお店がたくさんあります。

ベルギーには「リエージュ風ワッフル」と「ブリュッセル風ワッフル」という2種類のワッフルがあるそう。日本でよくベルギーワッフルと呼ばれているのは前者の方。もちもち、食べ応え満点のリエージュ風ワッフルです。

わたしがブリュッセル滞在中に食べたのは「ブリュッセルワッフル」でした。このワッフル、日本では食べたことのないサクサク感!軽くていくらでも食べられそうです。

お店では、ワッフルにたっぷりのチョコレートやクリーム、フルーツをのせているものがよく売られていました。食べ歩きをしている人もたくさんいましたよ。

 

どれも美味しい「ベルギー料理」

「甘いものはそんなに…」という方、お待たせしました!ベルギーが美食の国とされている理由はもちろんスイーツだけではありません。

ワーテルゾーイやブラウンシチューといった郷土料理やベルギー名物ムール貝など美味しいお料理がたくさん。小さな国の中にミシュラン獲得店が多いことでも有名です。

特におすすめなのが、鍋いっぱいに蒸されたムール貝。ベルギービールで蒸されたものや白ワイン蒸しなど様々ですが、ひとつ言えるのはどれも美味しい!

ちなみに、ベルギーではムール貝と一緒にフリッツ(フライドポテト)を食べるのが主流です。

もう1つおすすめしたいのが、「ミートボール」。ベルギーのミートボールは大きくてボリューム満点。クリームや野菜など中に具が入っているものも。

家庭的なミートボールからアレンジされたものまで色々あるので、食べ比べてみるのも面白いかもしれません。

こちらは「BALLS&GLORY」(@ballsnglory)というお店。

新しい文化と伝統をミックスしたメニューで、こだわりの野菜をはじめ、できる限り自然でヘルシーな食材を使っているそう。バリエーション豊かなミートボールをシェアして食べるのがおすすめです。

 

ベルギー人も大好きな「ビールとワイン」

最後にご紹介するのはビールとワイン。お酒大好きな大人のみなさまにもベルギーは最高の国なんです。

言わずと知れたベルギービール『ヒューガルデン』や『デュヴェル』など、とても美味しいですよね。ベルギー料理はお酒に合うものが多いような気もします。

実際レストランに行けばビールやワイン、シャンパン片手に談笑しながら食事を楽しむ方が多いのが印象的でした。

今回一緒に旅をしてくれたベルギー在住の方々いわく、ベルギー人は美味しく楽しく食事を楽しむためにお酒をたしなむとのこと。お酒は美味しい食事のためというわけです。

ベルギーはビールのイメージが強いかと思いますが、実は現地では食事にワインを合わせることが多いです。コース料理を頼むとワインのペアリングをしてくれるお店も。

ベルギー産のワインだけでなく、フランス、ルクセンブルク、イタリアやスペインなどヨーロッパ各地のワインを置いているお店が多いです。

 

首都ブリュッセルは伝統とトレンドが入り混じる美しい街

ベルギーが美味しいものでいっぱいなのは伝わったかと思いますが、もちろんベルギーの魅力はそれだけではありません。続いて観光地としての魅力を首都ブリュッセルからお伝えします!

 

世界遺産「グラン・プラス」

ブリュッセルに来たら必ず訪れたいのが、世界遺産にも登録されている「グラン・プラス」。

一歩足を踏み入れると、そこは美しい歴史的建造物に囲まれた大きな広場。

どこを見てもきれいで、クルクルまわりを見渡して何度も感動できます。

夜はライトアップされて、また異なった雰囲気を楽しめます。

グラン・プラス周辺には飲食店やお土産店も多いので、ブリュッセル観光の中心地にもなっています。

 

触れると幸せになる像と小便小僧

グラン・プラスに来たら、「セルクラースの像」が近くにあるのでぜひ寄ってみてください。

写真で撮るとちょっと見た目が怖いですが、セルクラースという英雄のブロンズ像です。

この像に触れると幸せになれるとのこと。もちろんわたしも触れておきました。


幸せになれますように…!

さて、ベルギーといえば「小便小僧」も非常に有名ですよね。こちらもグラン・プラスの近くにあるので、お忘れなく。

一説によると、反政府軍の爆弾におしっこをかけて火を消し街を救った「ジュリアン」という少年を称えてこの像が作られ、そこからこの小便小僧もジュリアンと呼ばれるようになったのだとか。

多くは語りませんが、実物を見た!と言いたいので見に行っておきました。小さくてかわいかったです。

各国から衣類が贈呈されるらしく、時と場合によってはその服を着ていることも。そのコレクションはすでに1,000着以上になっています。わたしが見たときは裸でしたが、ステキな装いのジュリアンくんを見られるときがあるかも…?

 

グラン・プラス周辺を散策

ブリュッセルは街歩きも楽しいです。ヨーロッパらしい街並みの中でお気に入りの場所を探してみましょう。

遠くからも見えるグラン・プラス内にあるブリュッセル市庁舎。

かわいいカラフルな横断歩道を発見。

おしゃれなアーケード。

わたしが行ったのは夜だったのでお店は閉まっていました。ベルギーではほとんどのお店が日本より閉店時間が早く、日曜日は終日お休みのところも多いです。

今回わたしはグラン・プラスのまわりを散策しました。まだまだおしゃれな場所やフォトスポットがブリュッセルにはありそうです。建築やデザインも趣向を凝らしたものが多いのでぜひ注目してみてください。

 

ヨーロッパらしい庭園や邸宅

ブリュッセルにはアール・ヌーヴォーやアール・デコといった当時の建築様式で建てられた邸宅や庭園が多く残存しています。

それらを鑑賞すると、ブリュッセルでの当時の人々の過ごし方が見えてくるかもしれません。

今回は、アール・デコ調の「ヴァン・ビューレン(Van Buuren)博物館と庭園」をご紹介します。

ここの庭園の目玉は、リアル迷路の庭(ラビリンス)。本や映画の中でしか見たことのないような、迷路になったお庭を実際に散歩することができます。

子どもの背丈だと俯瞰できないようになっていて、見えている大人でも行き止まりに突き当たってしまうほどよくできた迷路なんです。

よくプロポーズに使われるというハート型のお庭もありました。ロマンチック!

邸宅の中は、希少な家具やステンドグラス、カーペットなどが当時のままの状態で展示されています。

館内で見られる、ここのオーナーの生涯を映像化したショートームービーはコミカルでかわいく分かりやすいので必見。

 
さて、ブリュッセルの見どころだけでも盛りだくさんなのですが、ベルギーの魅力は首都以外にも。続いては、特にわたしがベルギーで一番好きだと感じたフランダース地方のゲントという都市についてご紹介します。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

Manami
大阪出身のミーハートラベラー。新しいもの、楽しいことがスキ。広告コンサルタントからフリーランスに転身し、旅関連のマーケティング、編集、執筆などやっております。旅とマンガをこよなく愛してます。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

世界・日本国内の旅行先・観光スポット

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品