バックパッカーの聖地タイを最高に楽しむ10つの観光スポット

バックパッカーの聖地タイを楽しむ34の観光スポット

バックパッカーの聖地タイを最高に楽しむ10つの観光スポット
Pocket はてブ

サムプラン・リバーサイド(旧ローズガーデン)(ナコンパトム)

5813416924_11a6b87e6f_b

photo by  GiuseppePortale_CartOrange

日本から行くツアーの定番スポットの一つです。タイの文化や伝統を知ることのできる施設が多くあるので、気軽にタイを知ることができます。また、ここでは象に乗ることができます。見ただけでも非常に大きいですが、乗るとさらに大きさを実感するので一度乗ってみてください!

■詳細情報
・名称: サムプランリバーサイド(旧ローズガーデン)
・住所: Km.32 Pet Kasem Rd., Sampran, Nakorn Pathom 73110
・アクセス:バンコク新南ターミナルからナコンパトム行き旧道経由のバスで約55分
・電話番号:0-3432-2588-93
・営業時間:8:00〜18:00
・定休日:なし
・料金: 大人400バーツ(120㎝以下は無料)
・所要時間: 3時間
・公式サイトURL:www.rose_garden.com

 

サイアムスクエア(バンコク)

4375725255_5da1e49ee6_b

photo by  ruben i

自然や歴史建造物もいいですが、都会もどうですか?ここサイアムスクエアは流行の発信地としても知られており、日本でもあまりないくらいの大きなデパートがあります。タイの最先端アイテムをチェックしてみませんか?

■詳細情報
・名称: サイアムスクエア
・住所: 991 Rama 1 Road, Pathumwan, Bangkok
・アクセス:BTSサイアム駅直結
・営業時間: 10:00~22:00
・定休日: なし
・電話番号: 02-610-8000
・料金: 無料
・所要時間: 2時間
・公式サイトURL: http://www.siam-square.com/

 

スーブ・サンパンタウォン教会(バンコク)


バンコクには白亜の美しい教会があります。それがスーブ・サンパンタウォン教会です。この教会ができたのは1904年のこと。高級官僚だったプラヤー・サラシン氏が息子、スーブ・サンパンタウォンを偲んで宣教師に土地を譲渡したのです。教会のある場所は低地にあるため、地上に杭が打たれていないのが特徴です。

■詳細情報
・名称:スーブ・サンパンタウォン教会(Sueb samphantawong Church)
・住所:5 Siviang Rd, Silom, Bangrak, Bangkok 10500
・アクセス:BTSスラサック駅から徒歩約10分
・ミサの時間:毎週日曜日(9:00~10:15、10:45~12:00)
・電話番号:02-235-1240, 02-236-7044
・料金:無料
・オススメの時期:いつでも

 

ネルソン・ヘイズ・ライブラリー(バンコク)


ネルソン・ヘイズ・ライブラリーはバンコクにあるクラシックな図書館です。この図書館は19世紀に英語圏の住人のために建てられました。図書館としての機能だけでなく、社交場としても活用されたのが特徴です。現在の建物は1922年のものです。現在は会員制の図書館になっており、蔵書数は20,000冊にもなります。

■詳細情報
・名称:ネルソン・ヘイズ・ライブラリー(Neilson Hays Library)
・住所:195 Surawong Road, Bangkok 10500, Thailand
・アクセス:BTSチョンノンシ駅から徒歩20分
・営業時間:9:30~17:00
・定休日:月曜日
・電話番号:02-233-1731
・料金:入場は無料
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://neilsonhayslibrary.com

 

武廟(関帝廟)(チェンマイ)

チェンマイのワロロット市場のすぐ隣にあります。中国の三国時代の名将関羽を祭っている霊廟であり、タイでは財の神とされております。商売繁盛の神として、中国系の商人たちがお参りする霊廟です。

のどかな場所ですので、のんびり中国様式の建物を見学することができますよ。

■詳細情報
・名称: 武廟
・住所: 95 Kuang Men Road, Chang Moi Road, Chiang Mai
・アクセス:ワロロット市場の側
・営業時間:8:00~18:00
・電話番号:053-87-4274
・定休日: なし

 

ワット ローカヤースター(アユタヤ)

アユタヤは歴史を感じる遺跡の街!バンコクから電車で行けます。世界の車窓からみたいな雰囲気を感じつつ2時間ほどで到着です。電車はよく遅れますので余裕を持ってくださいね。

3等列車だと安い!ただ、椅子の座席と背もたれがほぼ直角で、しかも木製で、すっごくお尻が痛かった・・全然バスのがたがたとか気にならない人間ですが、なかなか辛かったです。

アユタヤの遺跡には、首が切り取られた仏像がとってもたくさんあります。これは、ミャンマーとの戦争のときに破壊されたそうです。そんな歴史に思いを馳せながら過ごす時間も、とっても貴重なものだと思います。

1 2 3 4
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

タイのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品