バックパッカーの聖地タイを最高に楽しむ10つの観光スポット

バックパッカーの聖地タイを楽しむ34の観光スポット

バックパッカーの聖地タイを最高に楽しむ10つの観光スポット
Pocket はてブ

バン・パイン宮殿(アユタヤ)

16240746560_fc11d0a372_b

photo by  Thanate Tan

敷地がかなり広く、イメージとしては宮殿というよりも庭園に近いかもしれません。希望であれば観光客用のカートも借りることができるので、足腰の弱い人でも安心して見学できます。タイ風の建物ばかりではなく、中国風の赤と黄色の建物があったりと結構何でもありな感じです。

歴代タイ王朝の避暑地として建てられており、今では多くの観光客でにぎわいますが、現在でも別荘として機能しているところもあります。

■詳細情報
・名称: バンパイン宮殿
・住所: Phra Nakhon Si Ayutthaya
・アクセス: バンコク市内より、車で約1時間15分
・営業時間: 8:00〜17:00(チケット購入8:00〜15:45)
・定休日: なし
・料金: 100バーツ(※カートでの見学は400バーツ/台)
・所要時間: 3時間

 

ワット・チャロン(プーケット)

6322195936_720577bde5_b

photo by Nicolas Lannuzel

プーケットといえば海を思い浮かべる人が多いですが、海以外の観光地もあります。ここはプーケットで一番信仰が厚いといわれる寺院です。格式高い建造物は見る者を圧倒させる力があります。さらに、高僧の像には寄進された金箔が張り巡らされており、非常に神々しいです。

■詳細情報
・名称: ワット・チャロン
・住所: Chao Fah Tawan Tok Wichit Mueang Phuket
・アクセス: プーケット国際空港からタクシーで40分
・営業時間: なし
・定休日: なし
・電話番号: (076)381-226
・所要時間: 1時間
・オススメの時期:通年

 

タオ島

ダイビングするならタオ島も忘れてはなりません!離島の海も綺麗で、なんとダイビング中にマンタに出会えることもあるとか!治安もとってもいいのが魅力です。

長期滞在者も多いようなので、いろいろな情報を教えてもらえるかもしれませんね。

 

サメット島

22272625574_4c83791afb_b

photo by Thanate Tan

バンコクに一番近いリゾート地として知られており、昔はタイ人の庶民層のリゾート地ではありましたが、最近では高級ホテルも増えてきており、外国人環境客の利用が増えてきています。

バンコクから3時間以内で行けるうえに白い砂浜と青い海、そして素朴な島内の自然というリゾート地の条件を兼ね備えていることが人気の理由です。ビーチも遠浅の海なので子供さんでも安心して泳ぐことができますよ。

■詳細情報
・名称: サメット島
・住所: 12/49 Moo 4 Tumbon Phe Aumpur Meung Rayong 21160 Thailand
・アクセス: バンペーからボートで約30分

 

ドイインタノン国立公園(チェンマイ)

3584730957_984f9a2870_b

photo by avlxyz

南国のイメージが強いタイですが、こちらは海抜2,565mの場所に位置しており、タイの中では一番高いところのにある公園です。やはり高いところですので平均気温は12度程となっており、非常に涼しいです。

タイでも有名なメーヤ滝を始めとする多くの滝や様々な種類の鳥などを見ることができます。

■詳細情報
・名称: ドイインタノン国立公園
・住所: 119 Ban Luang, Chiang Mai Amphur Chom Thong 50160
・アクセス: チェンマイ郊外から車で1時間
・営業時間: 8:00~17:00
・定休日: なし
・料金: 外国人(大人200バーツ/子供100バーツ)
・所要時間: 3時間~1泊

 

スコータイ歴史公園(スコータイ)

11901234533_3b963a10df_b

photo by Andrea Schaffer

かつてスコータイ王朝として栄えた都であるスコータイ市の旧市街地です。ここは、世界遺産に登録されており200以上の遺跡があるといわれております。公園の面積も約70平方kmと広大であり、1日では回り切れないので、事前に行きたいところをチェックして回ることをお勧めします。

■詳細情報
・名称:スコータイ歴史公園
・住所:Muangkao, Amphur Muang, Sukhothai 64210
・営業時間:毎日6:30~18:00、土曜のみ6:30~21:00(ライトアップは土曜のみ18:00~21:00)
・定休日:年中無休
・電話番号:055-697-310

 

パタヤビーチ(パタヤ)

16985693386_62f6c63462_b

photo by Thanate Tan

バンコクから1時間半と気軽に行けるビーチであり、現地人や観光客に人気のビーチです。食べ物がおいしいレストランも多く、おいしい食事やおいしいお酒、そしてそれらを食べながらの豪華なショーなどがありますので、最高に贅沢な日を過ごすことができるでしょう。

「パタヤビーチへ、ようこそー」のフレーズを知ってる人は知っている。

■詳細情報
・名称: パタヤビーチ
・住所: Saen Suk, Muang, Cholburi, Thailand
・アクセス:バンコク市内から車で1時間半
・営業時間: なし
・定休日: なし
・電話番号: 0-3819-3500~2 (バンセン市役所)

 

アート・イン・パラダイス・パタヤ(パタヤ)

パタヤにある人気のアートギャラリーです。なんと3Dアートが多くあり、その数100点以上です。タイ人は写真を撮るのが大好きですので、皆ここへ来て思い思いの写真を撮って楽しんいます。大人も子供に戻った気分で遊ぶことができるギャラリーです。

■詳細情報
・名称: アート・イン・パラダイス・パタヤ (パタヤ)
・住所: 78/34 Moo9, 2nd Pattaya Road, Nongprue Bang Lamung, Chonburi, Thailand, 20150
・アクセス:パタヤバスターミナルよりタクシーで5分少々。パタヤ中心街よりタクシーで15分程
・営業時間: 9:00 – 21:00 (最終入館20:00)
・定休日:年中無休
・電話番号: 038-424-500
・公式サイトURL:http://www.artinparadise.co.th

 

サンクチュアリー・オブ・トゥルース(パタヤ)

こちらはタイのサグラダファミリアとよばれる建造物です。1981年に着工してから現在においても工事が続いている建物なんです。この建物は、タイの大富豪がタイにおける建築様式を後世に残すために建設しているようです。いつ完成するんでしょうね!

まだ工事中ということで、この中に入るときにはヘルメットを渡されるのが非常に可笑しいですね。

■詳細情報
・名称: サンクチュアリー・オブ・トゥルース
・住所: 206/2 Moo 5, Soi Naklua 12 , Naklua, Banglamung, Chonburi 20150
・アクセス:市内中心地からソンテウタクシーなどでおよそ15分〜20分程度です。料金は運転手によって差がありますが、概ね150バーツです。
・営業時間: 08:00 – 17:00
・電話番号: 038-36-7229
・料金: 大人500バーツ 子供250バーツ
・公式サイトURL: http://www.sanctuaryoftruth.com/
1 2 3 4
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

タイのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品