バックパッカーの聖地タイを最高に楽しむ10つの観光スポット

バックパッカーの聖地タイを楽しむ36の観光スポット

バックパッカーの聖地タイを最高に楽しむ10つの観光スポット
Pocket はてブ

みなさん、夏休みの旅の計画はお進みですか?これからバックパッカーデビューしようとお考えの方も多いのではないでしょうか。今回は、世界中から多くのバックパッカーが集まるタイのオススメスポット、楽しみ方をご紹介しようと思います!是非旅の参考にしてみてください。

 

*編集部追記
2016年9月公開の記事に、新たに情報を追加しました(2018/3/30)
2018年3月更新の記事に、新たに情報を追加しました(2018/5/12)
2018年5月更新の記事に、新たに情報を追加しました(2018/8/23)
2018年8月更新の記事に、新たに情報を追加しました(2018/10/14)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

タイに行ってみての感想

photo by shutterstock

私がタイを訪れたのは夏の季節で、想像通り非常に蒸し暑かったです。観光大国として有名なタイらしく、街を歩いていると西洋人、東洋人、黒人、中東系などなど、とにかく色々な人種とすれ違いました。

タイ人は評判通り穏やかな人が多く、特に嫌な経験をした覚えはありません。バンコクは大都会ですが、その分交通渋滞もひどく、タクシーに乗っていても全く進まず、結局降りて歩いたこともありました。

 

ご飯はおいしくリーズナブルで、しかもバラエティーに富んでいます。パッタイ、グリーンカレー、ソムタムなど、とにかく色々なタイ料理に挑戦できて楽しかったです。

 

観光する際のアドバイス

photo by shutterstock

タイの物価はリーズナブルで、およそ日本の3分の1程度です。衛生面ですが、屋台でタイ人が食事前に手を洗っているということはあまりなく、飲食店でもおしぼりがでてくるところは少ないです。

 

おすすめのベストスポット

photo by shutterstock

バックパッカーの聖地と呼ばれる、バンコクにある「カオサン通り」は300mほどの通りに、たくさんのお店や屋台、安宿、お土産屋、マッサ-ジ店などがあり、様々な国からの旅行者で賑わいます。また、タイ料理や欧米食のレストランも多く、夜はナイトライフを満喫するのにはおすすめのスポットです!

 

イーペン・サンサーイ

photo by 苧側 徹/フォトリッパー

毎年11月の満月の夜にタイの北部チェンマイで行われる、仏教のお祭り。天の仏陀に感謝の気持ちを捧げ、日々の生活が幸福であるように願いを込めて何万ものコムローイが(熱気球)一斉に夜空へ放たれる。

無数の灯りがゆっくりと夜空へ昇っていく姿は幻想的で、その美しさからディズニー映画のモデルになったとされる。

 

ワットアルン

photo by SasinT/Shutterstock.com

首都バンコクにある寺院。塔の表面が陶器のかけらで覆われた塔の表面は太陽を反射し、美しい光を放つ。夜は黄金色にライトアップされ、彫刻一つひとつに光が当てられることで、まるで寺院全体が夜空に浮かび上がっているかのように錯覚させる。

三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台ともなっていることでも知られている。

■詳細情報
・名称:ワット・アルンラーチャワラーラーム
・住所:158 Thanon Wang Doem, Khwaeng Wat Arun, Khet Bangkok Yai, Krung Thep Maha Nakhon 10600 タイ
・電話番号:+66-2-891-2185
・公式サイトURL:http://www.watarun.net/

 

クーハーカルハート宮殿

photo by Bule Sky Studio/Shutterstock.com

洞窟に空いた天井の穴から差し込む光の束に包まれたクーハーカルハット宮殿は見るものを虜にする。黄金の社を神秘的に照らすその光景はまさに絶景。

この神秘の宮殿は、カオ・サームローイ・ヨード海洋国立公園内のジャングルを30分ほど歩いたところにひっそりとその姿を隠している。光が差し込む時間は午前中だけなので訪れる際は注意して。

■詳細情報
・名称:カオ・サムローイ・ヨード国立公園
・住所:Moo 2, Ban Khao Deang, Khao Deang Sub District, Amphoe Kui Buri,Prachuap Kri Khan 77150
・電話番号:(+66)32-459-293

 

プーケット

photo by photofriday/Shutterstock.com

南部のアンダマン海に面するタイ最大の島で、世界有数のリゾート地として知られる。美しく澄んだ海ではマリンスポーツが盛んだが、陸に上がっても見どころはたくさん。

タイでいちばん美しい夕日が眺められるプロンテープ岬やパワースポットとしても有名なシャロン寺院、タイの大仏プラ・プッタミングモンコンなどにはぜひ足を延ばしたいところ。

 

クラビ島

photo by 曽山護(mamoru)/フォトリッパー

プーケット島からパンガー湾を挟んですぐ東にあるクラビ島は、緑生い茂るジャングルと切り立った石灰岩の岩山に囲まれた秘境地。複雑な地形により、多くのビーチは陸路から離れ海からのアクセスのみとなっており、そのおかげで神秘的な自然と静寂が手つかずのまま残されている。

深いエメラルドグリーンの海と真っ白い砂浜が広がり、タイの楽園として注目されている。

*編集部追記(2018/08/23)
以下、本書籍に掲載されていない観光スポットの一覧となります。

 

バンコク

首都バンコクは古さと新しさが同居する街。絶対に行ってほしい場所の1つです!

カオサンロードでバックパッカーと交流

th_Khaosan_road

photo by Wikipedia

言わずと知れた、バックパッカーの聖地!安宿や飲食店が多く、楽しい夜を過ごせるはず!

 

タラートロットファイ・ラチャダー

photo by Ayuka Miyamoto

2015年にオープンしたナイトマーケット。ここはマーケットともう一つ楽しみ方がある。まずは市場は素通りし、隣接するショッピングモール「エスプラネード」の駐車場4階へ上がってみよう。すると眼下に現れるのがこの絶景。ひしめき合うカラフルな屋根が夜市の光に照らされて、四角い宝石が並んでいるかのような景色をつくり上げている。絶景を堪能したあとは、夜市のバー通りで雰囲気たっぷりのお酒を楽しんで。

■詳細情報
・名称:Taradrodfi Ratchada(Train Night Market Ratchada)
・住所:322/289 Soi Yu Charoen | Din Daeng, Din Daeng, Bangkok
・アクセス:(MRT)Thailand Cultural Centre Stationから徒歩約3分
・営業時間: 火曜日〜日曜日 17:00〜25:00
・定休日:月曜日

 

ショッピングモールを散策

中心部は最先端感満載のデパートやショッピングモールがあります。見るだけでもよし、ショッピングするもよし!行く予定のある方は綺麗な服を持っていくことをお勧めします。さすがにTシャツ、タイパン、クロックスだと相当恥ずかしかったです。笑

 

寺院巡りでタイを満喫-ワット・アルン

ワット・アルン

photo by shutterstock

バンコク市内には沢山の寺院があり、メジャーな観光スポットとなっています。現地の人々も多く訪れ、お祈りをしているようです。日本ではあまり見る機会の無い、宗教的な側面を見ることができるのではないでしょうか。

 

水上マーケットでアジアの雰囲気を感じる

th_shutterstock_75807049

photo by shutterstock

一番有名なのはダムヌン・サドゥアック水上マーケットです。バンコクからはバスで2時間半近くかかりますが、この風情ある場所に足を運ぶ価値はあるかと思います。マーケットを回るには、船のチャーターが必要となります。ツアーなどを利用するのが安心です。

 

ワット・プラケオ

4570951724_b55b9b710d_b

photo by  yeowatzup

エメラルド寺院の総称である、ワット・プラケオは現地タイ人にも人気のスポットです。タイの最高寺院の一つであり、王室行事も多く行われております。きらびやかな建物や歴史深い建物が多く、これぞタイ寺院といってもいいのではないでしょうか?

■詳細情報
・名称: ワット・プラケオ
・住所: Thanon Naa Phalaan khween Pra-Barom Mahaa-Rachawang, Khet Phranakhorn
・アクセス:MRTフアランポーン駅からタクシーで12分
・電話番号:0-2221-5315
・拝観時間:8:30 ~15:30(最終入場)
・休業日:基本的に無し。ただし国家行事、王室行事がある場合、一般参観は停止されます。
・料金:500バーツ(身長120cm以下は無料)

 

ワット・ポー

2243334152_5363941310_b

photo by  jurvetson

バンコク最古の歴史を持っているともいわれる寺院の一つです。ここでは、日本では珍しい横になった大仏を見ることができます。大きさは、横約46m、縦約15mと巨大な涅槃仏は、非常に神々しい雰囲気を醸し出しております。

■詳細情報
・名称:ワット・ポー
・住所:329/25-28 Maharaj Rd., Prabarommaharajchawang Pranakorn Bangkok 10210
・営業時間:08:00-17:00
・定休日:年中無休
・電話番号:0-2226-0369
・料金:入場料:100バーツ

 

ジムトンプソンの家

7053143165_24b231c827_b

photo by David McKelvey

かつてアメリカの実業家でありタイのシルク王であった事務・トンプソンがマレーシアで謎の失踪をするまでにすんでいた家です。東南アジアの芸術作品や仏教作品などを収集していたので、それらを見ることができます。

また、建物自体も、通常とは異なるタイ中の様々な建築様式を取り入れているので見ていて飽きることはないでしょう。

■詳細情報
・名称: ジム・トンプソンの家
・住所: 6 Kaseman Soi 2, Rama 1 Road Bangkok 10330
・アクセス: BTSナショナル・スタジアム駅W1から徒歩約10分
・営業時間: 9時00分~17時00分
・定休日: なし
・電話番号:2-216-7368
・料金: 大人100バーツ、子供50バーツ
・所要時間: 1時間
・公式サイトURL:www.jimthompsonhouse.com

 

ウィマンメーク宮殿

364494010_88e29f4f20_b

photo by Akarat

かつて、ラーマ5世が住まわれた非常に美しい宮殿です。そのことからも雲の上の家と比喩されてる建物であります。ここの建物は、すべてチーク材で作られている世界的にも有名な建物です。さらに建物以外にも中のインテリアが非常に美しく、女性ではあこがれてしまうような宮殿ではないでしょうか。

■詳細情報
・名称: ウィマンメーク宮殿
・住所: Vimanmek Mansion Ratchawithi Road, Dusit, Bangkok 10300
・アクセス:パヤタイ駅からタクシーで13分
・電話番号:02-628-6300
・営業時間:09:30-16:00
・休業日:タイの祝祭日
・入場料:100バーツ

 

スネークファーム

9269666744_cc25430e0d_c

photo by Madeleine Deaton

こちらは、世界で2番目に大きいスネークファームです。ここではいたるところに蛇がいるのでおっかなびっくり中をめぐることができます。でも安心してください。ここの蛇は毒をもっているものでも牙を抜いてるので毒に侵される心配はないのです。

また、ここでは蛇の曲芸や大きなニシキヘビを機首に巻くことができるので、ある意味一生の思い出になるのではないでしょうか?

■詳細情報
・名称: スネークファーム
・住所: 1871 Rama Ⅳ Road, Bangkok 10330 Thailand
・営業時間:平日 8:30 〜 16:30 土日/祝日 8:30 〜 12:00
・電話番号:0-2252-0161-4
・料金: 大人70バーツ 10歳以下は無料
・所要時間: 2時間

 

ヤワラート(チャイナタウン)

4245968169_8a97c81e67_b

photo by  yeowatzup

タイ版横浜中華街のようなスポットです。ですが、非常に多くの料理店が並んでいるうえにふかひれなどの高級食材を日本よりも安く食べることができます。タイ料理をずっと食べていたら飽きてしまうという方には、非常に良いスポットではないでしょうか?

■詳細情報
・名称: ヤワラート(チャイナタウン)
・住所: Yaowarat Road ,Samphanthawong,Samphanthawong,Bangkok
・アクセス:フワランポーン駅から徒歩10分
・営業時間:店による
・休業日:店による
・電話番号:02-2333591
・料金:無料
・所要時間:1時間
1 2 3 4
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

タイのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品