ライター

大学卒業後、世界一周の旅に出発し、1年半かけて45カ国を周る。帰国後、株式会社アマナに入社。2016年よりフリーランスとなり、想像もできない風景を多くの人に届けるために世界中の極地、僻地を旅しながら撮影を行なっている。 近年はヒマラヤの8000m峰から水中、南極まで活動範囲を広めており、2021年にはエベレスト(8848m)を登頂した。 受賞歴 2017年 Canon "SHINES" 2017 品川一治選 書籍 2018年 写真集「Ama Dablam」 2022年 写真集「空と大地の間、夢と現の境界線 -Everest- 」 2022年 新書「エベレストの空」 写真展 2019年 キヤノンギャラリー銀座、名古屋、大阪 「Ama Dablam」 2020年 キヤノンギャラリー品川、大阪  「Manaslu」 2022年 代官山蔦屋書店「空と大地の間、夢と現の境界線 -EVEREST-」

こんにちは。写真家の上田優紀です。旅をきっかけにカメラを始める人って多いですよね。けど、カメラってなんだか難しそうなイメージを持っている人が多いようで、カメラ初心者の方たちから色々な質問を受けます。

そこで今回は、よく質問を受けるカメラ初心者がつまずきやすいポイントをまとめました。

まず何を買ったらいいの?

photo by shutterstock

カメラを始めるなら最初に悩むのが何を買えばいいのか、という点。カメラはミラーレス?それとも思い切って一眼レフに挑戦してみようか?レンズは何がいるの?などなど分からないことだらけですよね。

一番いいのは自分にあったものを買う、ということです。できるだけ綺麗な写真を撮りたいならやっぱりデジタル一眼レフカメラがおすすめですし、日常的に持ち運びやすいカメラが良ければミラーレスカメラやコンデジの方が便利かもしれません。

 

レンズを買うなら、まずは標準ズームレンズをおすすめします。いきなり単焦点レンズなどを買うより、幅広く様々なものを撮影できる標準ズームレンズから始める方が写真の楽しさが分かりやすいと思います。

少しずつカメラが好きになってきたら広角レンズや単焦点、マクロレンズなど次のレンズを考えてもいいかもしれません。
参考記事:現役写真家がおすすめ!初心者が本当に買うべき一眼レフ入門3機種

何を撮ったらいいの?

photo by pixta

自分にあったカメラを買って、あとは撮るだけ!という時に何を撮ればいいのか分からない人って意外と多いようです。この答えはすごく簡単。

何でも好きなもの!

 

家族でも友達でも、ご飯でも花でも空でも自分の住む町でも、好きなものをどんどん撮ってください。自分の好きなものだからこそより綺麗に撮りたいと思うもので、その気持ちがもっと写真がうまくなる最大のコツにもなります。
参考記事:劇的に綺麗な写真を撮影できる3つのコツ

ボケの効いた写真を撮りたい!

photo by pixta

慣れてくると、もっと綺麗な写真を撮りたくなってくるものです。少しカメラに慣れてきた人からどうすればもっとボケた写真を撮れるか聞かれることがよくあります。背景のボケた写真は主題がはっきりするし、柔らかい雰囲気が出やすいのでぜひマスターしたいですよね。

 

ボケた写真を簡単に撮るためにまず、カメラの設定でF値を最小にします。レンズによって最小F値が異なってくるので、レンズを買うときはこれを目安にしてみてもいいかもしれません。

また撮影する時に被写体に近づいたり、背景と被写体の距離を離すとさらに背景のボケた写真を撮りやすくなります。

手ぶれを防ぎたい

撮った写真を後から見直すと、ブレてしまっていてガッカリ、なんて経験ありませんか?室内など、ちょっと暗い場所で撮影する時にシャッタースピードを下げてしまうと手ぶれの原因になったりします。

 

一般的にAPS-Cのカメラでは1/(焦点距離×1.5)秒が手ぶれしないシャッタースピードだと言われています。

例えば焦点距離が50mmなら、1/75秒が目安になります。この数字をなんとなく意識するだけでグッと手ぶれが少なくなると思います。
参考記事:カメラマン直伝!手ぶれを防ぐ5つのコツ

適正露出がとれない

photo by pixta

露出とはカメラのセンサーに光をあてることで、光の量が多すぎると白とびしてしまうし、少なすぎると黒つぶれの原因になります。

ちょうど良い光の量にするためにISO、F値、シャッタースピードを調整できるようになれば色々な撮影で役に立つのでぜひマスターしてください。

加工ってどこまでしていいの?

無料の加工アプリやサイトもあって、撮った写真をより美しく残すためにレタッチも必要なのかもしれません。もちろん僕もPhoto Shopなどを使い、撮影したデータは加工しています。

便利なレタッチですが、あまりやりすぎると現実感のない仕上がりになってしまうので注意が必要です。

特に空の色など、彩度を上げすぎている写真をよく見ることがありますが、適切な色を考えながら上げすぎには気をつけましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。カメラ初心者の方がつまずくポイントの多くは意外と簡単に解決してしまいます。簡単なカメラの知識を頭に入れているだけで写真がよりステップアップしますよ。

そして、写真で最も重要なことは楽しむことです。あまり難しいことを考えずに自由に好きなように撮影を楽しんでくださいね。

ライター

大学卒業後、世界一周の旅に出発し、1年半かけて45カ国を周る。帰国後、株式会社アマナに入社。2016年よりフリーランスとなり、想像もできない風景を多くの人に届けるために世界中の極地、僻地を旅しながら撮影を行なっている。 近年はヒマラヤの8000m峰から水中、南極まで活動範囲を広めており、2021年にはエベレスト(8848m)を登頂した。 受賞歴 2017年 Canon "SHINES" 2017 品川一治選 書籍 2018年 写真集「Ama Dablam」 2022年 写真集「空と大地の間、夢と現の境界線 -Everest- 」 2022年 新書「エベレストの空」 写真展 2019年 キヤノンギャラリー銀座、名古屋、大阪 「Ama Dablam」 2020年 キヤノンギャラリー品川、大阪  「Manaslu」 2022年 代官山蔦屋書店「空と大地の間、夢と現の境界線 -EVEREST-」

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧