「『牛久大仏』のカウントダウンがこれに近い雰囲気かも。」

編集部員

11/21は「クアラルンプール」です!マレーシアといったらここを思いつく人は多いと思います。有名な都市なので、ご存知なのではないでしょうか?

知ってる〜!よくテレビでも見るよ。めっちゃ高いビルがあるって聞いて「作った人すごいな!」と思ってたんだよね。ちなみに、ここって何階建てなの?

ともちんぱ

編集部員

88階建てだそうです!この間取り上げた台北101よりも大きいそうですよ。クアラルンプールで有名なのは、年末のカウントダウンの時に上がる花火ですね!
うわー、それはめちゃくちゃ良い!行きたい!私の地元が茨城なんだけど、家の近くにある『牛久大仏』のカウントダウンがこれに近いかも。ライトアップした大仏の横で花火をあげるんだけど、ものすごい迫力だし、サイケ(サイケデリック)なんだよね(笑)。

ともちんぱ

編集部員

そんなカウントダウンが日本にもあるんですか!?初めて知りました。ぜひ行ってみたいです。マレーシアに限らず、アジアは料理も美味しいですし物価も安いのでとてもおすすめです。
えー、そうなの!?それは引っ越すしかないよね。そんなところに住んだら人生イージーモードに突入できるもん(笑)。

ともちんぱ

◆◆◆

 

今日のギャルからの学び

年末のカウントダウンでは、大量の花火が上がるというクアラルンプール。日本ではあまりイメージのないカウントダウン花火ですが、どうやら茨城県の牛久大仏では海外並みに派手な花火が毎年上がっているとのこと。この企画がはじまって以来、一番の「ギャルからの学び」でした。

クアラルンプールって?

マレーシアの首都クアラルンプールはアジア有数の世界都市。たくさんの民族が互いの文化を理解し合いながら生きている。旅人にとっては、食事もマレー料理から中華、インドなど隣国の本格的な料理が味わえる楽しい街。東南アジア諸国のなかでも目覚ましい発展を遂げているこの街は、イギリス植民地時代のコロニアル建築がありながらも、現代的なペトロナス・ツインタワーがランドマークとなっている。

『365日 世界一周 絶景の旅』とは

「いつか旅に出てみたい」「世界中の美しい景色を見てみたい」という夢を現実にするために生まれた一冊。TABIPPOが編集を担当し、一年をかけて本当に行くことができる世界一周ルートと共に、途中で見ることができる365カ所の絶景が紹介されている。
(https://pas-pol.jp/product/365book/)
***
photo by model:Shigeki Naganuma 絶景:阿部裕磨
他のギャル旅365記事を見る

ライター

埼玉県生まれ。あまいものと音楽を愛でるヲタク気質な19歳。高校を卒業し、自分の「好き」と向き合うためにギャップイヤーを謳歌中。一日をちょっとだけ豊かにするアイデアブログ「PEACHY mode」の管理人。夢は 「自由でご機嫌な人生を送ること」。来年からはマレーシア国内の大学に留学予定。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング